カラダの中の腸内細菌(どのように人間の健康に影響を与えているのか)

腸内細菌とは?

乳酸菌とは
乳酸菌の種類
乳酸菌と食物
乳酸菌と健康
善玉菌とは
善玉菌の増やし方
善玉菌と食物
善玉菌の種類
悪玉菌
悪玉菌の減らし方
悪玉菌と食物
悪玉菌の種類

プロバイオティクスとは?

(腸内の不思議)腸内細菌はどこからくるのか?

動物の腸内が無菌状態という可能性は有り得ない事はご存知かと思います。

ただし、赤ちゃんは母胎内では無菌状態であるので人間を含む動物も無菌状態の時はあることになります。

無菌状態で生まれる赤ちゃんに腸内細菌はどのように棲み着くかを不思議に感じたことはありませんか?

胎児は子宮の中では羊水に浮かび、へその緒を通じて栄養をもらいますが、その際へその緒からは免役グロブリン(IgC抗体)なども入り込み胎児が無菌状態から外界に出ても病原細菌などに攻撃されないように準備がされています。

帝王切開でない限り、赤ちゃんは母体の産道を通って誕生しますが、子宮の中では無菌ですが、産道をには様々な菌が棲みついていて雑菌に対する抵抗力を備えているなど、基本的には腸内細菌と同じような役割をしていると言われています。

産道で感染する菌には、大腸菌やクロストリジウムといった有害菌もあれば有益菌と言われるラクトバチルス菌、ビフィズス菌もあり産道の環境は大腸の環境に似ています。

またその細菌を形成する菌の種類も非常に似ており、赤ちゃんはまずここで菌に感染して、腸内細菌が棲み着く契機となります。

また、空気中にはおびただしい種類と数の菌が漂っているので赤ちゃんの世話をする母親などの手にも菌が付着して赤ちゃんの体内に侵入をしてきます。

有益菌には嫌気性呼吸をする菌が多くそのことから空気に触れた有益菌は死んでしまいますが、産道や外部環境などからなんとか体内に侵入した有益菌が、うまく嫌気性環境の大腸にたどり着くと勢力を盛り返し、母乳のビフィズス菌増殖因子が補給され元気を取り戻し増殖するのではないかと考えられています。

このようにして、若くして人間と共存し腸管内に棲み着く腸内細菌の共生は始まるのです。

このページの先頭へ