ウィルスやブリオンは生物か?

ウィルス

・ウィルスとは?

ウィルスが生物に分類されていない理由は、細胞で出来ていないこと、酵素を持たず代謝を行わないこと刺激に対して反応をしないことです。

ただ無生物ではない特徴として、自己複製をできることから生物と無生物の中間的な存在として分類をされています。

代表的なウィルスとしてバクテリウォファージというものがあります。

このウィルスは、細菌などに感染するウィルスなのです。

頭部の部分にDNAが入り、後はたんぱく質で出来た殻だけであり細胞膜もミトコンドリアなどの細胞器官を持っていません。

大きさは約0.2μmという小ささです。

大腸菌は1個の細胞から出来ている単細胞生物で大きさは2μmの大きさです。

このウィルスがどのように子孫を残すかというと単体では子孫を残せないので他の生物を宿主として使います。

このウィルスは大腸菌を必要としていて、方法はウィルスの頭部に入っているDNAを大腸菌に注入します。

するとこのDNAが働いて大腸菌にこのDNAの複製をさせます。

つまり宿主のエネルギーを使い、菌のリボゾームを乗っ取り菌自体の子孫ではなくウィルスの子孫を作らせるのです。

そして、大量の子孫を作らせた後は宿主を破壊し生じたウィルスが拡散してそれぞれの宿主を探すのです。

つまり、ウィルスは自己複製に必要なDNAとそれを守るたんぱく質のみの構成で自己複製だけを目的にした自己複製たいとも言えます。

ウィルスには様々な種類がありますが、自己複製の方法は上記のように宿主を利用するのがほとんどです。

ブリオンとは?

狂牛病(ウシ海綿状)BSEという病気の原因は、ブリオンです。

ブリオンは、生物の定義である自己複製に必要なDNAを持たないたんぱく質です。

正常な動物にも人間にも正常な状態でもたんぱく質は体の構成要素として存在します。

ところが何かの原因でこのブリオンが突然変異を起こします。

この異常なブリオンが体内に入ると正常なブリオンに作用して正常なブリオンを変異させてしまいます。

この増殖方法は、ウィルスとも違う増え方です。

ブリオンは自己生成や分裂するわけではなく、このように正常なブリオンを変質させることで増殖します。

たんぱく質は熱に弱い物質なのですが、この変異をしたブリオンは少々の熱には強い構造をしています。

また、たんぱく質を分化するる酵素にも強く分解されません。

ですので、焼いたり煮たりしてもその有害性は保ちます。

通常の生物にはDNAを持っているため、DNAを破壊する紫外線や放射線には弱く、殺菌などには紫外線照射や放射線放射は有効なのですが、ブリオンはDNAを持たないためこのような対策は無効です。

このような異常ブリオンは主に脳や脊髄に集中するため食肉や牛乳に混ざることはないので普段の食事での心配は必要ありません。

現在このブリオンの増殖を抑える薬が研究中でマラリヤ治療薬の一種や向精神薬の一種で有効性が確認されているそうです。

このページの先頭へ