腸内細菌の種類と働き

腸内細菌を検査中の女医

腸内細菌とは

細菌自体は、人間の体のいたるところに常在していますが数は腸内細菌が圧倒しています。

特に多いのは消化管で、中でも大腸が一番多く常在しています。

種類は、500種類は存在すると言われ100兆個ほどの菌が存在していると言われています。

腸内には免疫機能があり危険な病原細菌は排除されるが、安全な腸内細菌は排除されないという機能があります。

この、メカニズムによりチフスなどの病原菌が侵入すると人体の免疫が反応しますが、腸内細菌は人体と共生ができるのです。

つまり、腸内細菌とは、人間の免疫によって許容されている腸内で共生している細菌群と言うことができます。

人に有益な作用を与える腸内細菌、はプロバイオティクスとして人に有益な作用として認識されています。

プロバイオティクスとし作用するには、消化管内の酸や胆汁酸等に耐性を持ち、生きて腸管内に届き増殖できることが条件となります。

胆汁酸は十二指腸から分泌される胆汁に含まれる成分で、脂質を乳化し、その消化吸収を助けますが、腸内細菌に対しては毒性を持ちます。

つまり、腸内で棲息している腸内細菌はなんらかの方法で胆汁酸に耐えて棲息しているのです。

何故生きていけるかと言うと腸内細菌により胆汁酸は腸管内で二次胆汁酸と呼ばれる害をなさない物質に置き換えられることが知られています。

種類と役割

細菌

腸内細菌でも人体な有益な善玉菌もいれば人体に有害な悪玉菌も存在しどちらか優勢な方に加担する日和見菌もいます。

この悪玉菌が免疫によって排除されない理由は、一説によると、悪玉菌の一部には特別な物質を有しており免疫反応を抑える働きかけをしているのではないかとされています。

いずれにせよ、腸内細菌は、環境にお応じて相手を攻撃したり平和的に共存したりしていると考えられます。

それらの腸内細菌の内訳は、大腸菌等の病原性を示す人体に有害な作用を及ぼす悪玉菌と人体に有益な作用をもたらす乳酸菌に代表される善玉菌と状況によってどちらにも味方する日和見菌に大別されます。

腸内では、この日和見菌や悪玉菌もかなり優勢で腸内細菌のバランスは流動的で、この腸内細菌のバランスは様々な要因によって起こります。

代表的な要因は、老化で、老化は、老化に関連するテロメラーゼという酵素や活性酸素による影響など複合的な要因によって起こります。

加齢、免疫、生活習慣で生じる腸内細菌バランス

腸内環境のバランスは、加齢により変化することは様々な年代の人々の糞便を観察することで平均的な傾向が認められています。

しかし、ひとりひとりに腸内細菌のバランスに個性があり、同年代の人でも善玉菌の比率が多い人もいれば少ない人もいます。

生活習慣で変わるバランスが変わるケースもあり食事の内容、ストレスの多寡、健康状態、生活環境、味覚の嗜好が大きく関わっているのです。

食生活と腸内細菌バランス

肉類の過剰な摂取が有害菌を増やす原因になるケースが多いとされています。

事実、動物の腸内細菌を例に取ってみると肉食獣の腸内には悪玉菌であるウェルシュ菌が多いとされています。

これに対して、ひと、さる、豚、鳥、ねずみなどの雑食動物の腸内細菌のバランスは日和見菌と善玉菌が優勢なバランスを形成しているとされています。

肉食獣とは違う食性の人間の腸にとって、動物性食品の取りすぎが良くないことがわかります。

また、ストレスでも悪玉菌は増殖し、ストレスを多く受けるような職場に勤める腸内フローラを調べると悪玉菌優位の腸内環境を示すとされています。

また、がんや潰瘍性大腸炎などの患者の腸内細菌を調べても日和見菌が減少し、大腸菌が増加する傾向にあるようです。

腸内細菌のバランスは、私たちの健康に深く関わっていることがよくわかります。

加齢によって変化する腸内細菌バランス

腸内細菌(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)のバランスは加齢によって変化します。

具体的には、善玉菌のビフィズス菌は赤ちゃんの時が最も数が多く離乳を経て減少し、成年期以降は優勢を維持し横ばいが続き大抵のケースでは、中年期から老年期にかけて減少していく傾向があります。

一方、悪玉菌の一種の大腸菌は、出生直後に繁殖し、すぐに激減し離乳期以降は横ばい状態が続きます。

健康をくずしたりしていない限りは、その数は、善玉菌であるビフィズス菌を上回ることはありません。

悪玉菌つまり、大腸菌やウェルシュ菌の割合が多くなるのは中年期以降で、老年期に入るとビフィズス菌の総数を上回るケースも出てきます。

中年期以降に、腸内環境を整えなければいけない理由がここにあります。

若年期は、善玉菌の働きが活発であるため、多少腸内環境が悪化しても修復は容易ですが、加齢とともに善玉菌が減少する状況では難しいのです。

ストレス多くかかる生活の場合は若年期では、食生活の改善だけでは健康の管理も難しいケースもございます。

免疫と腸内細菌バランス

人間の免疫は、外から侵入する脅威には防衛機能を発揮しますが、腸内細菌にたいしては許容しています。

この許容している腸内細菌の種類は個人差が有り、腸内細菌のバランス、つまり善玉菌と悪玉菌のバランスは加齢によって悪玉菌が優勢な状況になりますが個人個人によってこのバランスは大きく異なります。

免疫は、人によって違います、例えば、有る人はアレルギーになりやすかったり病気にかかりやすかったり様々です。

もちろん環境要因もありますが、免疫にも特徴があるわけで、このような個人差が腸内の細菌バランスに関係が有る事が最近の研究で明らかになってきました。

腸内細菌と免疫の関係についての解説はコチラ

共存するかしないかは、人体の免疫が決めているわけで免疫の性質にも個人差がある以上腸内細菌のバランスにも個人差があると言うわけです。

つまり、腸内の細菌バランスは、免疫系のタイプなどの先天性なものに影響もされ食事内容や生活環境によって後天的に影響を受けると考えられるのです。

乳児と成人の腸内細菌バランスの違い

赤ちゃんがお腹の中で過ごしている時は外部から菌の侵入がないため母親の子宮内が無菌状態であるため赤ちゃんも無菌状態で保たれています。

生まれて初めての、排便が無菌状態なのはそのような理由がございます。

生まれてから3~4時間後には早くも腸内には大腸菌や腸球菌が現れ始めます。

赤ちゃんの授乳開始とともに一気に増加して24時間後には1gあたり1000億個以上までに増殖し、生まれて外部と接触をする過程で無数の菌と接触し腸内では共生がはじまるのです。

出生直後に増殖するのは好気性細菌である大腸菌や腸球菌で、これは、出生直後の腸内では酸素が多いためであると言われています。

菌の増殖とともに酸素が消費され始め、酸素が少なくなると嫌気性のビフィズス菌が現れ始めます。

好気性細菌と嫌気性細菌の違いはコチラ

ビフィズス菌は、生後3日を過ぎたあたりから徐々に増え始め1週間後には1グラム当たり1000億個に達します。

母乳栄養児では、腸内細菌の95パーセントがビフィズス菌で占められます。

同時に、大腸菌や腸球菌の数は減少してビフィズス菌の100分の1程度にまで抑えられます。

赤ちゃんの腸内でビフィズス菌が優勢になるもう一つの理由は母乳にはビフィズス菌の増殖を促す因子、ビフィズス因子が含まれているからです。

母乳以外の人工乳で育った乳児は、母乳で育った乳児よりもビフィズス菌がはるかに少なく大腸菌や腸球菌の数が10倍以上も検出されることもあるようです。

つまり、母乳で育った乳児の腸内は悪玉菌が繁殖しない傾向にあることが良く分かる証左と言えましょう。

ビフィズス菌優位の環境は、離乳期とともに終わり徐々にバクテロイデス、ユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌などの日和見菌が優勢になり、一時的に、95パーセント以上をほこっていたビフィズス菌の占有率は2割程度となりビフィズス菌の種類も別の種類に変わっていきます。

ただ大腸菌や腸球菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌に対して善玉菌が優勢であることは変わりません。

健康な人は、善玉菌・日和見菌のバランスで健康が維持されているのです。

健康状態がくずれると悪玉菌が増殖するという異常な事態になるのです。

つまり、腸内細菌のパターンは、老化により免疫機能の低下も伴って進むので、成人の方は善玉菌を摂取し健康を保つことに注意しなければなりません。

プロバイオティクス

このページの先頭へ