LG21菌について

この章では、LG21菌についても正しい認識を解説していきたいと思います。

LG21菌はピロリ菌を除去する強い働きが確認されています。

ピロリ菌というのは最近になって発見された腸内にいる細菌で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など消化器系の病気の原因であるといわれています。

ピロリ菌は実に日本人の半分が保菌者といわれており、経口感染、つまり口移しで広がっていきます。

すべての人がピロリ菌で病気になるわけではないですが、一度病気になると、そのせいで治りが遅くなるようです。

本来胃のなかは胃酸によって強酸性になっているため、細菌が住める環境ではないのですが、ピロリ菌はなんと自らが胃酸を中和する成分を分泌して、粘膜の中に隠れ住むことができるのです。

そしてピロリ菌自体が胃粘膜を破壊する活動をすることと、ピロリ菌を除去するために、白血球が大量の毒素を出すことで、胃腸が荒れるのです。

自分で出来るピロリ菌検査はコチラ

ピロリ菌の除去する方法は、もともと整腸が主な目的でつくられたLG21でしたが、ピロリ菌を退治できるという思わぬ副次効果があり、いまやほとんどそちらの理由で売れています。

プロバイオティクス

その他の腸内細菌の種類

善玉百科事典 悪玉百科事典

このページの先頭へ