乳酸菌の種類と特徴

幼児と様々な細菌

種類

乳酸菌とは、乳酸や酢酸を大量に作る菌の総称であることは前述致しました。

腸内細菌の中でも人体に有益な作用をもたらす菌は善玉菌と呼ばれていてこの人間の健康に資する菌に分類される種類は現在300を超えています。

この乳酸菌と善玉菌の種類は、代表的なものに大別できます。

乳酸桿菌(ラクトバチルス)

特徴:棒状の形状をしており、主に小腸に住む乳酸菌です。

腸管免疫を高めたり、有害菌を減らすことされています。

代表的な種類:ラブレ菌種の乳酸菌

乳酸球菌(ラクトコッカス)

特徴:球状の乳酸菌で、コレステロールを下げたり免疫力を高めるとされています。

小さいので多くの量を摂取できます。

代表的な種類:ラクリス菌

ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)

特徴:増殖するとき、V字型やY字型に枝分かれした形状を示すのが特徴です。

主に大腸に住み着き、腸の働きを助けるとともに悪玉菌を追い出す役割を果たしているとされています。

代表的な種類:ビフィズス菌

乳酸菌の分類「動物由来」「植物由来」

乳酸菌と言うと乳製品に含まれているというイメージが定着していますが実際にはさまざまな発酵食品や自然環境の中に生息しています。

動物由来の乳酸菌と植物由来の乳酸菌に大別されます。

動物由来の乳酸菌は、

代表的な動物由来の乳酸菌はコチラ

ヨーグルトやチーズなどの乳発酵食品などの動物性の発酵食品を作り出す乳酸菌です。

哺乳類の腸に生息している乳酸菌もこの仲間で、これらをまとめて「動物乳酸菌」と呼ばれています。

動物由来の乳酸菌は、牛乳や動物の腸など栄養が豊富な場所に住んでいます。

植物由来の乳酸菌は、

代表的な植物由来の乳酸菌はコチラ

ぬか漬け、すぐき漬けなどの植物性の発酵食品に含まれる乳酸菌です。

植物由来の乳酸菌は、発酵食品以外にも植物の枝や茎など植物の分泌液を栄養素とする栄養の乏しい環境に生息をしています。

植物は、タンニンやアルカロイドなどの抗菌物質を生成しますので抗菌性の強い環境でも生きていけるとされています。

また、食品の中には乳酸菌を多く含む食品や乳酸菌の働きを助ける栄養素などがあり普段の生活で取り入れる工夫をすることが健康のためには必要です。

動物性と植物性の乳酸菌の使い分け

動物性も植物性も乳酸菌は腸の善玉菌であるビフィズス菌を増やして、大腸菌などの悪玉菌の働きを抑え腸内細菌のバランスを改善させ、腸の機能がを高め、消化吸収が促進され、お腹の調子が良くなります。

動物由来の乳酸菌を摂取するため乳製品などを摂ると、乳糖を分解する酵素が少ない場合、下痢などを起こす場合があるので乳不耐症の方や牛乳が苦手な方は植物性乳酸菌を摂ると良いでしょう。

また、植物由来の乳酸菌を摂取するため、お漬物を過量に摂ると塩分過多になりますので、塩分を控えたい方や控えなければいけない人は動物由来の乳酸菌を摂ると良いでしょう。

乳由来の製品が苦手で、塩分も控えたい方はサプリメントも豊富に販売されおりますので栄養補助食品を選択されると良いでしょう。

多くの種類やその特徴について解説いたしましたが、実際普段の食生活の中でどのような食べ物に何が含まれているのか解説していきましょう。

次は、食べ物との関係と歴史について解説を致します。

その他の腸内細菌の種類

以上の通り紹介した菌以外にも人体に有益でなおかつ、身近に存在して容易に摂取できる菌は、数多く存在します。

プロバイオティクス

善百科事典 悪百科事典

このページの先頭へ