女性のカラダ

女性のカラダ 記事一覧

デリケートゾーンのお手入れ方法

i_rank_g1_10

デリケートゾーンのケアを怠ると、、、、 デリケートゾーンの付近には、性器、尿道口、肛門があるため性行為があれば相手の性器や精液、放尿すれば尿、便をすれば便の噴き残り等が付着し、おりものなどの分泌液が固形化した恥垢、雑菌や・・・

»デリケートゾーンのお手入れ方法 の続きを読む

むくみの原因と対策

むくみが気になる女性

朝、鏡を見ると顔がむくんでいる 足がむくんで靴がきつくなる 女性には、特にこのような悩みを持たれている方が多いのではないでしょうか? 顔や足のむくみなど「むくみ」は、体に余分な水分が溜まったことで起こる症状です。 私たち・・・

»むくみの原因と対策 の続きを読む

デリケートゾーン・女性器(あそこ・まんこ・膣と外陰部)の痛み・かゆみ・ただれ・腫れ

女性の背中

女性にとって大切なあそこ、女性器にいつもと違う症状があると心配になりますよね。 これらの症状は気にし過ぎで問題が無い場合もありますが、多くの場合は病気が原因の貴重なサインなのです。 女性器(あそこ・膣・外陰部)がかゆい ・・・

»デリケートゾーン・女性器(あそこ・まんこ・膣と外陰部)の痛み・かゆみ・ただれ・腫れ の続きを読む

おりもの(下り物)の色や臭い、量が多いと感じる

困る女性

下り物(おりもの)とは 女性の膣から月経期間中や性交中以外の時期に出てくる、子宮、膣、汗腺などの内部生殖器官からの分泌物が混じりあった粘液をおりものと言います。 具体的には、膣分泌液、子宮膣部からの分泌物、子宮頚管粘液な・・・

»おりもの(下り物)の色や臭い、量が多いと感じる の続きを読む

女性器への愛撫

女性のからだ

クリトリスへの愛撫 クリトリスは小陰唇の上端にある突起で、性的刺激により勃起します。 クリトリスはデリケートな部位で、愛撫の方法としてはスピードのあるソフトタッチが適しています。 反対の手でクリトリスの皮を剥いて、直接ク・・・

»女性器への愛撫 の続きを読む

乳房・乳輪・乳首への愛撫

女性の胸

乳房への愛撫 乳房を構成しているのはほとんど脂肪で神経が通っていないため揉むだけでは快感を感じるわけではありませんが、乳房の表面は敏感な性感帯ですのでタッチが有効です。 軽いタッチで渦を巻くように徐々に乳首へ近づきながら・・・

»乳房・乳輪・乳首への愛撫 の続きを読む

お尻と太ももから足への愛撫

女性の足

お尻への愛撫 お尻の性感帯は、側面、臀部、谷間に分かれます。 お尻の側面は骨盤のエッジから大腿骨が接合している部分をゆったりと円を描くようにタッチします。 臀部はお尻がでている部分で、この盛り上がっている部分を山をなぞる・・・

»お尻と太ももから足への愛撫 の続きを読む

顔と髪の毛への愛撫と首から鎖骨、腰と背中への愛撫

女性のうなじ

顔と髪の毛への愛撫 髪の毛には神経が通っていないため直接感じることはできませんが、髪の毛へのタッチが頭皮に伝わりそれが刺激となります。 髪の毛への愛撫は、つむじから毛先の方向へ優しく丁寧に撫でるような感じで行いましょう。・・・

»顔と髪の毛への愛撫と首から鎖骨、腰と背中への愛撫 の続きを読む

男性本能が選ぶ女性の好みとは?

案内する男性

男は何故毛深い女性を好まないのか? 進化論を提唱したダーウィンは、男性は毛深い女性を好まないので、体毛の薄い女性の方が多くの子孫を残し、体毛の薄い性質を子に伝えるために、人間全体が体毛を薄くしていったと著書の中で解説して・・・

»男性本能が選ぶ女性の好みとは? の続きを読む

女性がかかる性病(性感染症)の種類

女性の看護

クラミジア頸管炎 現在女性に最も増えている性感染症でクラミジアトラコマチスという細菌に感染し発症します。 感染したまま妊娠すると流産を起こしたり産道感染で新生児結膜炎や肺炎を起こす可能性が有ります。 放置すると卵管炎や骨・・・

»女性がかかる性病(性感染症)の種類 の続きを読む

避妊方法の種類と妊娠中絶について

散歩する男女 カップル

避妊方法の種類 望まない妊娠を避けるために正しい避妊の知識を身につけましょう! 低用量ピル(経口避妊薬):正しく服用する事が大切 黄体ホルモンに卵胞ホルモンを配合した薬によって排卵を起こさないようにする方法で、確実な方法・・・

»避妊方法の種類と妊娠中絶について の続きを読む

性行為(SEX)の悩み

男女のカップル

性欲は子孫を残すための人間の基本的な欲求です。 トラブルや悩みがある時、心の問題でもあり、体の問題でもあるのでしっかり原因は何かを把握する事が問題の鍵となります。 肯定すべき欲求ですが、性行為にはリスクが伴う事もあるので・・・

»性行為(SEX)の悩み の続きを読む

女性特有の(女性に多い)がんの種類

点滴 縦の写真

子宮がん 子宮頸部に発生した癌を子宮頚がん、子宮体部に発生した癌を子宮体がんと言います。 この2種類の癌を合わせて子宮ガンと呼び、日本では子宮頸がんが子宮がんの約8割を占めます。 子宮ガン(子宮頸がんと子宮体がん)の原因・・・

»女性特有の(女性に多い)がんの種類 の続きを読む

乳管内乳頭腫と出血乳房(乳がんの症状と同じ症状が出る)

笑顔で診察する医師

乳管内乳頭腫 乳頭下の太い乳管の中に腫瘍ができるもので、40~50歳代の出産経験の無い女性に多いとされます。 多くは良性ですが、癌と症状が似ているため検査で診断を受けると良いでしょう。 症状 乳頭から血性の分泌物があるの・・・

»乳管内乳頭腫と出血乳房(乳がんの症状と同じ症状が出る) の続きを読む

乳腺肥大症・乳腺葉状腫瘍・乳汁分泌不全症

医師と聴診器

乳腺肥大症 片側または両側の乳腺が異常に肥大した状態を指し、新生児、早熟性、思春期の三つの乳腺肥大があります。 新生児乳腺肥大は、妊娠中の母体のホルモンの影響によって起こります。 早熟性乳腺肥大は、幼少期に起こり、卵巣腫・・・

»乳腺肥大症・乳腺葉状腫瘍・乳汁分泌不全症 の続きを読む

乳腺症と乳腺線維腫瘍(乳腺にできる良性の腫瘍)

笑顔の看護師

乳腺症とは 乳腺症とは、乳房にしこりができ、鈍い痛みがあるので乳がんと間違えられる病気で、30代~40代の女性に多く月経前にあらわれます。 しこりは良性で乳がんに移行する可能性は低い一方で乳がんとの判別は専門医でないと難・・・

»乳腺症と乳腺線維腫瘍(乳腺にできる良性の腫瘍) の続きを読む

乳腺炎|産褥期に起こりやすい病気

授乳するお母さん

乳腺炎とは 乳腺炎には種類が様々あり多いのは、うっ滞性乳腺炎と急性化膿性乳腺炎です。 うっ滞性乳腺炎 初めて授乳すると起こりやすいので、乳汁の通りが悪く乳房内にうっ滞して起こります。 産後2~3日すると乳汁が分泌されるよ・・・

»乳腺炎|産褥期に起こりやすい病気 の続きを読む

乳房の仕組みと働き

乳房

乳房とは 乳房は乳酸と脂肪組織から成り、乳腺は左右15~20の乳腺葉から構成されています。 乳腺葉は、乳腺小葉が集まりぶどうの房のような形状をしており、乳腺小葉の先には、乳腺細胞の集まりから成る腺房があります。 乳腺葉は・・・

»乳房の仕組みと働き の続きを読む

性器の各部に起こる損傷・会陰裂傷・子宮破裂・子宮頚管裂傷

診断する女医

これらの性器の起こる損傷は、多くは出産時に起こる、会陰、子宮、子宮頚管に起こる損傷です。 会陰裂傷 分娩の時に、会陰の伸びが悪かったり、胎児の頭が大きかったり、陣痛が強かったりなどの原因で会陰が切れてしまい出血してしまう・・・

»性器の各部に起こる損傷・会陰裂傷・子宮破裂・子宮頚管裂傷 の続きを読む

小陰唇の長短について(外観の悩み)

考える女性

小陰唇とは 小陰唇(しょういんしん)は女性器の一部で、陰核包皮と連続するように始まり、尿道口と膣口の両脇にある襞状の薄い肉びらを指します。 触られると性的快感があり、女性が性的に興奮していない時は、左右の小陰唇が閉じて尿・・・

»小陰唇の長短について(外観の悩み) の続きを読む

妊婦の健康(妊娠中の身体の変化)

女性 妊娠中

妊娠に伴い女性の身体はお腹が出てくるなどの変化やホルモンバランスの変化が起こります。 女性ホルモンの詳しい解説はコチラ お腹の中の赤ちゃんが大きくなり腸も圧迫されます。 圧迫された腸は働きが鈍くなり、血流も悪くなり、水分・・・

»妊婦の健康(妊娠中の身体の変化) の続きを読む

女性の健康とホルモンの関係

弧を描く女性

ホルモンが体内の恒常性を保っている。 体内の状態を一定に保つことを恒常性と言いますが、ホルモンは体内の恒常性を保つ働きをしています。 ホルモンの基礎知識 この恒常性のメカニズムは、分泌器官からホルモンが分泌され血流に乗り・・・

»女性の健康とホルモンの関係 の続きを読む

女性のライフサイクル

ライフサイクル

妊娠と出産を経験する女性は男性に比べて非常にデリケートです。 女性は年齢経る度に体質やホルモンバランスも変化します。 胎児期、幼年期、思春期、成熟期、更年期、老年期と分類されます。 胎児期 精子が卵子に着床し、受精から誕・・・

»女性のライフサイクル の続きを読む

産後のダイエットTOPページ

Point1

  ・産後ダイエットの開始時期      ・ダイエット成功の条件 ・産後の食事 ・産後の運動 ・産後の健康法

»産後のダイエットTOPページ の続きを読む

産後のダイエット開始時期

TitleA

産後の体の回復について 産後1ヶ月は母体の回復期でゆっくり休みましょう! 妊娠・出産という大仕事を果たした体は、骨盤付近の筋肉も伸びきって想像以上に疲労しています。 体が元の状態にもどるまでは、約6~8週間くらいかかると・・・

»産後のダイエット開始時期 の続きを読む

産後ダイエット成功のコツ

TitleB

ダイエットの原則は 摂取カロリー - 消費カロリー = 0 となることが理想です。 一般的な人間の消費カロリーの内訳 約70%の基礎代謝量、 約20%の生活活動代謝量、 約10%の食事誘導体熱 基礎代謝量は、生きているだ・・・

»産後ダイエット成功のコツ の続きを読む

産後の食事(減量編)

TitleD

産後の最適な食事の摂り方 体重は、摂取と消費のバランスですので消費カロリーが摂取カロリーを上回れば体脂肪は減り、逆であれば増えていきます。 しかし、人間には本来備わった飢餓に対する防御本能があるので、ただ摂取カロリーを減・・・

»産後の食事(減量編) の続きを読む

産後運動法

TitleD

妊娠中に大きくなったお腹も、出産後はお腹が凹んでぺったんこになり 体重も元に戻ると思いきや、中々元に戻らない 出産後の体重をどうやって減らし、体型を元に戻したらいいか悩んでいませんか? 妊娠中にしっかり増えてしまった体重・・・

»産後運動法 の続きを読む

PFCバランスを考えた食事(タンパク質、脂質、炭水化物)

食事をする風景

産後の食事方法でダイエットをする場合、食事の質に注意しましょう! 栄養の中で今回注目するのはカロリーですが、ただ摂取カロリーを抑えても脂質や炭水化物が多すぎると効果が出ません。 食事を減らすのではなく正しい栄養バランスで・・・

»PFCバランスを考えた食事(タンパク質、脂質、炭水化物) の続きを読む

産後の理想のウエスト作り

腰 女性

人間の腹部は様々な筋肉から成っていますが、お腹の引き締まったウエストラインをつくるには部位別でトレーニングを行うことが効果的です。 体型は普通なのに、お腹だけポッコリとしている人は腹横筋が弱くなり内臓が垂れ下がっている可・・・

»産後の理想のウエスト作り の続きを読む

産後で効果を上げる有酸素運動

運動をする女性

有酸素運動を行う場合、運動時間、心拍数(運動強度)、運動頻度の3要素が効果を上げるポイントになります。 有酸素運動を20分以上行うと体脂肪が燃焼さレ始めますが、それは20分までは主に食べた物がエネルギーとして使われ、20・・・

»産後で効果を上げる有酸素運動 の続きを読む

産後のヨガでダイエット

ヨガ 女性

ヨガの動きの基本は、独特の呼吸法と共にゆっくりと行うことです。 産後ダイエットに効果のあるヨガですが、皆さんダイエットといえば、激しい運動で汗を沢山かいて運動するというイメージを持たれているかと思います。 しかし、ダイエ・・・

»産後のヨガでダイエット の続きを読む

正常な骨盤とは?|骨盤を歪める6つの原因

ストレッチをする女性

骨盤は、人間の骨格のちょうど中心にあり、上半身と両足の結合部に位置します。 複雑な骨が組み合わさって、S字形に湾曲した上半身の重さとバランスをとり股関節と連動して足を前後左右に動かすという動作や内臓や生殖器を守るという役・・・

»正常な骨盤とは?|骨盤を歪める6つの原因 の続きを読む

30代からの妊娠・出産と生殖器の老化や体力の低下が妊娠と出産に与える影響

30代 妊婦

30代、40代の女性の人でも大部分の人は20代の人と同様に無事に妊娠・出産をしています。 しかし、一般的に女性は加齢とともに変化をしていくことを覚えておきましょう。 女性の卵巣は、数百万個もの原始卵胞が詰まっており、これ・・・

»30代からの妊娠・出産と生殖器の老化や体力の低下が妊娠と出産に与える影響 の続きを読む

妊娠前の健康チェックの必要性

チェックする女性

生理不順やひどい生理痛など、気になる症状がある場合は迷わず産婦人科を受診するようにしましょう。 自覚症状がある場合は必ずですが特に無い場合でも30歳を過ぎたら婦人科の受診をされることが大切です。 人間ドックの婦人科検診を・・・

»妊娠前の健康チェックの必要性 の続きを読む

妊娠がわかってからのスケジュール

スケジュールを考える女性

妊娠初期 1ヶ月~4ヶ月 2ヶ月:生理が遅れて妊娠に気づく妊娠反応検査で妊娠判明つわりが始まる。 3ヶ月:胎児と呼ばれるようになる心臓の鼓動をドップラーで聞ける。 4ヶ月:つわりがおさまってくる胎盤が完成する。 妊娠初期・・・

»妊娠がわかってからのスケジュール の続きを読む

妊娠初期1,2,3,4ヶ月の経過とアドバイス

妊娠初期

妊娠1ヶ月 小さな命の始まり ・子宮の大きさは卵大 最後の月経が始まった日がO週です。 約2週間後、排卵が起こり卵管で卵子と精子が出会い受精します。 受精卵は、約1週間かけて卵管から子宮へと移動して子宮内膜に到着して根を・・・

»妊娠初期1,2,3,4ヶ月の経過とアドバイス の続きを読む

妊娠中期5,6,7ヶ月の経過とアドバイス

妊娠中期

妊娠中期のすごし方 母体の心と身体の安定が第一です。 母体と赤子はへその緒でつながり、赤子は母体から栄養や酸素の供給を受けます。 赤子の健やかな成長には母体の健康が欠かせません。 胎教というのは、このような健康な育成環境・・・

»妊娠中期5,6,7ヶ月の経過とアドバイス の続きを読む

妊娠後期8,9,10ヶ月の経過とアドバイス

妊娠後期

妊娠8ヶ月 大きいお腹をケアしましょう ・子宮底長:24~27cm ・赤ちゃんの大きさ: 身長:約40cm 体重:約1500g 体の変化 大きくなったお腹で胃や肺が圧迫され胸焼けや息切れを感じることもあります。 人により・・・

»妊娠後期8,9,10ヶ月の経過とアドバイス の続きを読む

定期健診の受け方

病院

定期健診の制度化と内容の充実により妊娠中の様々な異常を早期に発見できるようになりました。 30代、40代の妊婦さんの場合、流産や切迫流産、切迫早産、妊娠中毒症などのトラブルが起こる確率が20代の人に比べて高くなるので定期・・・

»定期健診の受け方 の続きを読む

つわりの解説と対処法

つわりの女性

妊娠初期でつらいものにあげられるのはつわりです。 つわりの原因は、はっきるとは解明されていませんが絨毛から分泌されるホルモンが嘔吐中枢を刺激するのではという節があります。 妊娠初期ではお腹が大きいわけでは無いので体の変化・・・

»つわりの解説と対処法 の続きを読む

乳首の手入れ方法

妊婦と哺乳瓶

赤ちゃんに母乳を飲ませるために 妊娠中期になったら、そろそろ授乳に備えて乳首の手入れや乳房マッサージを始めましょう。 授乳の時に赤ちゃんが吸い付く力はけっこう強くて乳首が傷だらけになられるくらい吸い付きます。 出産前から・・・

»乳首の手入れ方法 の続きを読む

出産後にすぐ使うベビー用品

哺乳瓶とミルク

ベビー用品を揃えるコツは最低限の物を揃え必要になったら買い足すのが賢い揃え方です。 買う前に、友人や知人にどのような物が役に立ったか聞いておくと良いでしょう。 赤ちゃんの成長は速くどんどん大きくなり3ヶ月後や数カ月後には・・・

»出産後にすぐ使うベビー用品 の続きを読む

妊娠後期の過ごし方

妊娠後期のお腹

お腹をぶつけたり転倒しないように慎重な行動を求められる 妊娠28週(8ヶ月)からは妊娠後期となりお腹が大きくなり出産間近となります。 胎動も力強くなり、足でお腹を蹴ることもしばしばです。 お腹の中の赤ちゃんと暮らす実感を・・・

»妊娠後期の過ごし方 の続きを読む

入院準備と出産入院のタイミング

入院

入院準備 お産は何時始まるかわからないため妊娠8ヶ月になったら入院の準備を始める必要があります。 入院生活を快適に過ごすためにも忘れ物が無いように早めに整えておきましょう。 持参物は基本的に病院から指示のあったものを持参・・・

»入院準備と出産入院のタイミング の続きを読む

保育園の情報集め

保育園

産後も働く予定がある人は保育園について調べる必要があります。 育児休暇を取る予定の場合は出産後でも間に合いますが育児休暇をとらずに産休明けに職場復帰をしなければいけない場合は妊娠中から保育園を探しておくと良いでしょう。 ・・・

»保育園の情報集め の続きを読む

妊娠中の栄養の摂り方と運動法

妊娠 女性 ベンチ

妊娠中の栄養の摂り方 安産の為には食生活が大変重要になります。 赤ちゃんは母親から栄養供給を受けているので肝心の母親が栄養不足では赤ちゃんの栄養も不足して成長に悪影響を及ぼすからです。 ただ太り過ぎも問題なので自制心を持・・・

»妊娠中の栄養の摂り方と運動法 の続きを読む

妊婦さんのための法律

法律を調べる女性

休暇についての法律 ・産前・産後休暇(労働基準法第65条) 産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間) 産後8週間の産前・産後休暇が保証されています。 産前は任意休暇なので、もし妊婦さんがもっと働きたければ休暇を短縮すること・・・

»妊婦さんのための法律 の続きを読む

妊娠中の出血、腹痛、お腹の張り、手足のむくみ

マッサージを受ける女性

以下の症状がある時は診察を受けましょう 出血がある時 ショーツに血がついていたら子宮からの出血の可能性があるので診察を受けるようにしましょう。 病院へ行くときは生理用ナプキンを充てて行くと良いでしょう。 痔や子宮膣部びら・・・

»妊娠中の出血、腹痛、お腹の張り、手足のむくみ の続きを読む

切迫流産|動き過ぎでなることが多い

悩む女性

妊娠初期のトラブルで一番気をつけたい流産ですが流産の一歩手前の状態、言い換えると流産をしかけている状態を切迫流産と言います。 ただし、切迫流産と診断されたからといってそのまま流産に繋がるわけではなく安静を保つことによって・・・

»切迫流産|動き過ぎでなることが多い の続きを読む

流産|多くの場合赤ちゃんの発育不良

後ろを向く女性

妊娠22週未満の時期までに妊娠中断してしまうことを流産と言います。 発生率は10%から10数%で比較的多いトラブルとされています。 そして30代以上の場合は、20代と比べて数%流産の確率が高くなると言われています。 流産・・・

»流産|多くの場合赤ちゃんの発育不良 の続きを読む

子宮外妊娠と胞状奇胎

ナースステーション

子宮外妊娠とは 妊娠初期の超音波検査で発見可能 本来は子宮内幕に着床すべき受精卵がそれ以外の場所に着床してしまうことを子宮外妊娠と言います。 90%は卵管に着床するもので、妊娠7,8週ごろになり受精卵が発育して大きくなっ・・・

»子宮外妊娠と胞状奇胎 の続きを読む

切迫早産|無理をしないことが予防

診察室

妊娠22~36週に分娩がおこることを早産と言いますが早産になりそうな状態を切迫早産と言います。 お腹が頻繁に張る、出血がある、腰がだるいなどの症状があります。 切迫早産の原因としては、過労、感染、以前の流産、妊娠中毒症、・・・

»切迫早産|無理をしないことが予防 の続きを読む

早産|赤ちゃんが未熟のまま生まれる

屋上の医師と看護師

妊娠22~36週に分娩がおこることを早産と言い、発生率は約5%で、年齢的なこととは直接関係ないようです。 ただし、子宮筋腫や妊娠中毒症、糖尿病を合併している場合は早産がおこりやすくなるとされています。 その他、子宮頚管無・・・

»早産|赤ちゃんが未熟のまま生まれる の続きを読む

妊娠中毒症|高血圧・蛋白尿・むくみが主症状

診察中の医師と看護師

妊娠中毒症は、妊娠という身体への負担によっておこる高血圧、タンパク尿、むくみを症状とす状態が妊娠中毒症です。 妊娠中の定期健診が充実した現在では、妊娠中毒症は少なくなりましたがそれでも5%程度の妊婦さんに発症していると言・・・

»妊娠中毒症|高血圧・蛋白尿・むくみが主症状 の続きを読む

妊娠糖尿病|前置胎盤

調べている看護師

妊娠糖尿病 妊娠中だけ糖尿病状態になる病気 糖の代謝がうまくいかずに血液中の糖の数値(血糖値)が慢性的に高くなる病気が糖尿病ですがこれが妊娠中だけにあらわれるケースがあり糖尿病と区別して妊娠糖尿病と言われています。 出産・・・

»妊娠糖尿病|前置胎盤 の続きを読む

さかご(骨盤位)

妊婦さんのお腹と赤ちゃんの靴下

5歳以上の初産でさかごなら帝王切開になる率が高いとされています。 出産時、赤ちゃんは頭を下、足を上にした姿勢(頭位)で生まれてきます。 その為、子宮内の羊水の中で動き回っていた赤ちゃんも妊娠後期になって出産が近づくと頭を・・・

»さかご(骨盤位) の続きを読む

前期破水と常位胎盤早期剥離

妊娠中女性の散歩

前期破水 陣痛が起こる前に破水してしまう羊膜が破れて中の羊水が漏れ出ることを破水といいます。 通常は分娩開始後に子宮口が全開してからおこるものです。 しかし、それ以前に破水することも多く分娩開始前に破水することを前期破水・・・

»前期破水と常位胎盤早期剥離 の続きを読む

多胎|双子以上の妊娠・出産

双子を妊娠した女性

多胎は早産と妊娠中毒に注意が必要 双子や三つ子などの多胎妊娠はここ数年で非常に増えているとされています。 これは、不妊症治療の進歩で排卵促進剤や体外受精によって赤ちゃんを授かる人が多くなったことが影響しています。 多胎妊・・・

»多胎|双子以上の妊娠・出産 の続きを読む

貧血、むくみ、静脈瘤、妊娠線、腰痛、足が痛い、こむらがえり、頭痛、便秘、痔、痒み

足のマッサージを受ける女性

妊娠貧血 貧血は血液の成分である赤血球の中のヘモグロビンが少なくなった状態を指します。 原因で一番多いのが、ヘモグロビンの材料である鉄分の不足でそれを鉄欠乏性貧血と言い、妊娠すると多くの人は貧血気味になります。 妊娠中期・・・

»貧血、むくみ、静脈瘤、妊娠線、腰痛、足が痛い、こむらがえり、頭痛、便秘、痔、痒み の続きを読む

妊娠時に合併する婦人科の病気

カルテ読む女医

子宮筋腫 子宮筋腫は子宮に出来る硬いコブで筋層内の筋腫細胞が大きくなったものです。 良性腫瘍の一種で30代以上の女性の5人に一人は筋腫を持っていると言われるほど多いものですが、生理の量が多かったり生理痛があるほかはよほど・・・

»妊娠時に合併する婦人科の病気 の続きを読む

陣痛をしのぐコツ

笑顔の看護師

陣痛の痛みは個人差もあり一概には言えませんがとても痛みを感じることは確かです。 大部分の人が経験するこの陣痛ですが呼吸法と補助動作が痛みを和らげる方法であるとされています。 陣痛の進行具合で呼吸法と補助動作が組み合わせら・・・

»陣痛をしのぐコツ の続きを読む

医学的措置の種類と出産時のトラブル

医療器具

医学的措置の種類 赤ちゃんが産道につかえてなかなか出られない場合赤ちゃんが酸素不足に陥り、時には命が危険になることがあります。 そこで、赤ちゃんを守るため下記の医学的処置をとる場合があります。 ・会陰切開 分娩時は会陰部・・・

»医学的措置の種類と出産時のトラブル の続きを読む

出産直後の痛みの種類

注射器

後陣痛(こうじんつう) 後陣痛という子宮収縮にともなう痛みがあります。 下腹部の痛みで日に何度か痛みます。 初産の方よりも経産婦さんの場合のほうが痛みが強いとされ、個人差もあるが2~3日でおさまるとされています。 会陰切・・・

»出産直後の痛みの種類 の続きを読む

新生児とトラブル

心配そうな赤ちゃん

黄疸(おうだん) 新生児の黄疸は病気由来のものもありますが、多くは生理的なものであるとされています。 生理的な黄疸の場合、生後2,3日から肌が黄色くなり生後数日でピークに達し2週間ほどで自然に消えるのが普通です。 中には・・・

»新生児とトラブル の続きを読む

産後の気になるトラブル

赤ちゃんをだっこするお母さん

年齢が上がるほど妊娠中に妊娠中毒にかかる確率も上がるので、そういう人は産後の後遺症にも注意が必要です。 産後の脱毛 産後に髪が抜ける人が多いようで30代、40代のとなると妊娠、出産に関係なく髪のトラブルが多くなり妊娠、出・・・

»産後の気になるトラブル の続きを読む

産後のダイエットに効くツボと骨盤たたきダイエットの方法

女性の腰

産後のダイエットに効くツボ お腹まわりのツボ 新陳代謝を高めたり内臓の働きを正常にさせて、結果的にダイエットに役立つツボがあります。 天枢(てんすう)、 は内臓のツボで老廃物の排泄も助けるとされています。 特に水太りの傾・・・

»産後のダイエットに効くツボと骨盤たたきダイエットの方法 の続きを読む

骨盤の歪み度チェック(体型まで変えてしまう骨盤の歪み)

ストレッチする女性

左右で体のヒネリ易さが違う 足を伸ばして座ると足の開き方が違う 普段カバンを同じ側の肩にかける 鏡で顔を見ると左右が対照ではない 横すわりをすることが多い 便秘がちである 足がむくみやすい 靴のすり減り方が左右違う 肩こ・・・

»骨盤の歪み度チェック(体型まで変えてしまう骨盤の歪み) の続きを読む

産後の骨盤矯正のメリットと生活習慣の見直しで出来る骨盤矯正

骨盤を矯正している女性

産後の骨盤矯正のメリット 1:理想的なボディラインを手に入れる 骨盤を締めて内臓を正しい位置に戻せば食欲中枢への神経伝達もスムーズになり張りだしたお腹の矯正も期待できます。 また、猫背の歪みを矯正できれば美しいバストライ・・・

»産後の骨盤矯正のメリットと生活習慣の見直しで出来る骨盤矯正 の続きを読む

妊娠中と産後の便秘の原因について

悩む女性

日本人女性の3人に1人は便秘症であるといわれており、排便がスムーズでなく、お腹が張る、肌が荒れるといった症状を伴ったら便秘症といえるでしょう。 特に妊娠中に便秘になる原因としては、黄体ホルモンの影響、精神的ストレス、大腸・・・

»妊娠中と産後の便秘の原因について の続きを読む

頭が痛い|重大な病気の可能性も、、、

頭痛に耐える女性

ストレスや過労、睡眠不足が原因の大半を占める 頭痛の多くは筋緊張性頭痛と片頭痛に大別されます。 筋緊張性頭痛は、頭の後ろや前がジーンと痛んだり、こめかみが締め付けられるような痛みがします。 また、頭全体が重い感じがしたり・・・

»頭が痛い|重大な病気の可能性も、、、 の続きを読む

めまい・立ちくらみ|平衡感覚の異常の可能性

目まいに耐える女性

回転性の目眩では脳腫瘍やメニエール病の可能性もある 自分で回転して急に止まると目がまわり立っていられません。 回転性の目眩ではこれと同じ症状が現れるとされています。 耳鳴り、難聴、吐き気、嘔吐、冷や汗を伴う場合はメニエー・・・

»めまい・立ちくらみ|平衡感覚の異常の可能性 の続きを読む

のぼせる・ほてる|自律神経との関係

ほてる女性

更年期症状からくるのぼせやほてり 皮膚の温度には個人差があり、手の冷たい人もいれば温かい人もおり、それが必ずしも、冷えやのぼせにつながる訳ではありません。 身体の内外の環境の調和の乱れなど様々な要因が関係しています。 人・・・

»のぼせる・ほてる|自律神経との関係 の続きを読む

冷え性|主な原因は自律神経の失調

冷える女性

自律神経の失調やホルモン分泌の乱れ 冷えは、思春期以降の女性の半数が抱える悩みです。 多くの女性に共通する悩みでたんなる寒がりとは違い手足や腰など身体の一部が冷たく感じる状態です。 冷えがあると暖房が十分に効いた部屋にい・・・

»冷え性|主な原因は自律神経の失調 の続きを読む

手足のしびれ|原因は神経の働きの乱れ

つま先で立つ女性

両手足のしびれは変形性脊椎症や椎間板ヘルニアの可能性 手足のしびれや麻痺で、身体を動かすことが出来ない場合には神経や脳の病気の可能性もあります。 両手足にしびれや麻痺があり、腰痛を伴う場合は変形性脊椎症や椎間板ヘルニアの・・・

»手足のしびれ|原因は神経の働きの乱れ の続きを読む

むくみ|身体が水分過剰の状態の可能性

足のマッサージ

むくみと腎臓と心臓の関係 女性に多い症状で、手や足にむくみを感じ腫れぽったい感じがして、指で押すと凹んだまま戻らない等感じることが特徴です。 病期が原因のむくみなのか、体調の変化だけなのか判断が難しくもあり、睡眠不足やお・・・

»むくみ|身体が水分過剰の状態の可能性 の続きを読む

肩こり|心臓病や高血圧症の可能性

女性の肩

肩こりの原因は筋肉の疲労が主 肩には重い頭を支え続け、両腕を肩の筋肉で支えています。 このような負担を蓄積させてしまうと、筋肉をかたくして、血流の循環も悪くなり、この状態を通常、肩こりと呼びます。 また、デスクワークを長・・・

»肩こり|心臓病や高血圧症の可能性 の続きを読む

腰が痛い|婦人科の病気の可能性

腰痛の男性

月経異常などを伴う場合は要注意 重いものを持ったり、何かの動作のきっかけで激痛が走って腰が動かなくなることがあり、いわゆるぎっくり腰です。 腰の筋肉の肉離れ、腰椎の捻挫、椎間板ヘルニアなどの脊椎の病気高齢者では脊椎の圧迫・・・

»腰が痛い|婦人科の病気の可能性 の続きを読む

膝が痛い|原因は疲労や老化

膝を痛めた男性

膝関節が腫れて痛む時は要注意 更年期以降の女性の膝の痛みの原因で多いのが変形性膝関節症です。 関節の老化によって、膝の周囲の軟骨が痛められて水がたまりはれるのが原因のようです。 膝関節の弾力性がなくなるため、正座をしたり・・・

»膝が痛い|原因は疲労や老化 の続きを読む

血圧が低い|原因の多くは体質由来

血液と血管

症状の現れ方は人様々 低血圧とは、最大血圧が100mm/Hg以下で、血圧が正常値を下回っている場合を指します。 ただ、血圧は常に変動しているので、1回だけの計測では低血圧をは言い切れません。 安静時の血圧を何回か測り、常・・・

»血圧が低い|原因の多くは体質由来 の続きを読む

血圧が高い|妊娠や避妊薬の影響の可能性

更年期女性

高血圧の種類:本態性高血圧と二次性高血圧 1回の血圧測定で高血圧であるとは言えません。 安静時に何回か測定して、最大血圧が140mm/Hg以上か最小血圧が90mm/Hg以上の場合に高血圧であるとされます。 しかし、この数・・・

»血圧が高い|妊娠や避妊薬の影響の可能性 の続きを読む

頻尿と尿漏れ|加齢とともに増える傾向

考える男女

ちょっとしてきっかけで尿が漏れる 本来であれば尿意があっても、トイレへ行き出そうと思わなければ尿が出ることはありません。 何かの拍子に下腹部に力を入れた瞬間に尿が漏れてしまう場合があります。 以上のように自分の意志とは関・・・

»頻尿と尿漏れ|加齢とともに増える傾向 の続きを読む

妊婦さんに多い便秘と下痢

看護師のイラスト

便意を我慢すると陥りやすい習慣性便秘 排便の回数には個人差があり、毎日排便する人もいれば、2日に1回、3日に1回という人もいるかもしれませんが、楽に排便が出来るようならば心配はないとされています。 問題とされているのは、・・・

»妊婦さんに多い便秘と下痢 の続きを読む

便の色がおかしい・血便が出る

病院のトイレ

血が混じっている即病気と言うわけでは無い 便に血がまじると何か体に不調があるのか心配になります。 血が混じることは体の中に何か原因があるのですが必ずしも重大な病気であるとは限りません。 血が混じる場合可能性が高いのは痔に・・・

»便の色がおかしい・血便が出る の続きを読む

肌が荒れる|生活改善と紫外線対策が重要

女性の手

赤ちゃんの肌は、弾力性がありしなやかでつるつるしていますが、それに対して、加齢で肌はうるおいを無くしていき、この原因は紫外線であるとされます。 皮膚も体の他の器官と同様に老化していきますが加えて紫外線は老化を加速させます・・・

»肌が荒れる|生活改善と紫外線対策が重要 の続きを読む

倦怠感がある|長く続く倦怠感は注意が必要

シニアの女性

倦怠感が続く場合は、他に発熱、顔色、尿の状態、むくみや咳を伴うかが重要です。 発熱など風邪に似た症状がある場合は、細菌感染の可能性も考えられます。 顔色が青白ければ、貧血など血液の病気の可能性もあります。 また、顔が黄色・・・

»倦怠感がある|長く続く倦怠感は注意が必要 の続きを読む

妊娠中の不眠・眠れない

睡眠中の男女

何か心配事やショックが原因である場合は人は不眠になりやすいもので、心配事が解決すれば不眠も解消されます。 一方で何日も不眠が続く時は、医師に相談したほうが良いかもしれません。 入眠剤を服用する方法もありますが依存症や副作・・・

»妊娠中の不眠・眠れない の続きを読む

肥り過ぎや痩せすぎ|短期間の体重変化

体重計に乗る女性

短期間での急な体重の増減は要注意 食事や活動量が変わらないのに体重が急激に減少する場合は、甲状腺機能亢進症の可能性があります。 この場合、目が鋭くなったり、手が震える、異常な発汗などの症状を伴うとされます。 その他には、・・・

»肥り過ぎや痩せすぎ|短期間の体重変化 の続きを読む

排卵と月経の起こる仕組み

月経の女性

女性は排卵と月経のサイクルを12歳の初潮から50歳の閉経まで40年間このサイクルの中で生活をします。 28日周期で月経があれば1年間に13回なので40年間で約500回サイクルを経験し、子宮は排卵がある度に妊娠ができる体制・・・

»排卵と月経の起こる仕組み の続きを読む

基礎体温と身体のリズム

基礎体温表

基礎体温というのは、人間が生命を維持するために使うエネルギーが発する体温です。 これは、特に運動をしなくても生きてるだけで消費されるエネルギーを指します。 人間は通常、朝は体温が低く、昼から夜にかけて高くなり、女性の場合・・・

»基礎体温と身体のリズム の続きを読む

無月経

月経がこない女性

女性がある程度の年齢まで成長して一度も月経が無い場合やある時期まで月経があり、その後に無くなった場合は無月経といいます。 初潮の平均年齢は12~13歳とされ、9割の方が15歳までには初潮をむかえます。 18歳になっても初・・・

»無月経 の続きを読む

稀発月経・頻発月経

月

月経周期の異常には毎回ばらつきのあるケースの他、常に一定であった周期が急に不規則なるケースがあります。 周期は環境の変化や体調、ストレスなどの影響で変動しやすいため1週間程度のズレであれば特に心配の必要な無いとされます。・・・

»稀発月経・頻発月経 の続きを読む

過多月経と過少月経

月の写真

経血量の異常で多すぎる場合を過多月経、少なすぎる場合を過小月経と分類されています。 これらの月経異常は、稀発月経や頻発月経を併発しているケースもあるとされます。 過多月経 月経の出血量には個人差がありますが正常な範囲は5・・・

»過多月経と過少月経 の続きを読む

月経困難症

月経 イラスト

月経時には下腹部痛、腰痛、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、発熱、目眩、倦怠感などの不快症状を伴うことがあるとされます。 これらの症状が日常生活に差し支えるほど病的に強く治療を要するものを月経困難症と言います。 症状 月経困難で・・・

»月経困難症 の続きを読む

月経前緊張症

説明する女性

月経の始まる1週間前からイライラする、集中力がなくなる等の精神的不快症状や頭痛、むくみなどの身体的不快症状が起こり月経が始まるとその症状が消えたり軽くなったりするとされます。 症状が強い時の事を月経前緊張症と言います。 ・・・

»月経前緊張症 の続きを読む

女性の生殖器の仕組みと働き

性器について説明する女性

外陰部 外陰部の形や色は個人差があることを覚えておきましょう! 外陰部は複雑な形状をしており、排泄や月経などで不潔になりやすいので清潔にしておく必要があります。 外陰部は下記の器官から構成されています。 恥丘 恥骨の上部・・・

»女性の生殖器の仕組みと働き の続きを読む

膣炎の種類と症状

膣炎について説明する女性

膣の中にはデールラリン桿菌という菌が常在していて膣内を酸性にして病原菌の侵入を防いでいます。 何らかの原因により自浄作用が弱まったり細菌が膣内に侵入したりすると膣が炎症を起こすことがあります。 この炎症を膣炎と言い、カン・・・

»膣炎の種類と症状 の続きを読む

カンジダ膣炎の症状とトリコモナス膣炎の症状

解説する女性

カンジダ膣炎 カンジダ膣炎は、カンジダ・アルビカンスという真菌が膣内で繁殖して起こるとされます。 この菌は皮膚、口、肺、腸などに寄生していますが、健康な時は炎症を起こすことは無いとされます。 病気、過労、妊娠、糖尿病、ダ・・・

»カンジダ膣炎の症状とトリコモナス膣炎の症状 の続きを読む

外陰潰瘍と外陰の良性腫瘍

メモをとる女性

外陰潰瘍 ペーチェット病、ヘルペスウイルス感染、細菌感染などが原因で外陰部に潰瘍ができるとされます。 また、性感染症や癌病変によるものもあるので検査が必要です。 ペーチェット病 ペーチェット病は原因不明の難病で特定疾患に・・・

»外陰潰瘍と外陰の良性腫瘍 の続きを読む

外陰掻痒症

医師と患者のイラスト

外陰部の周辺がかゆくなる場合の総称とされます。 外陰や膣の炎症の他、糖尿病、腎臓病、肝臓病などが原因で起こる場合と原因がわからない場合に分けられます。 糖尿病の解説はコチラ 腎臓病の解説はコチラ 肝臓病の解説はコチラ 症・・・

»外陰掻痒症 の続きを読む

バルトリン腺炎

落ち込む女性

バルトリン腺は、膣口近くの左右両側の粘液腺で性行為の時に乳白色の粘液を分泌します。 バルトリン腺炎は、大腸菌やブドウ球菌などの一般細菌や時には淋菌がバルトリン腺に入り込んで炎症を起こすと考えられています。 細菌の種類に関・・・

»バルトリン腺炎 の続きを読む

子宮筋腫

読書する女性

子宮筋腫は子宮にできる良性腫瘍の一種です。 子宮の筋肉の細胞が異常に増殖してこぶのような筋肉にかたまりが変化したものです。 子宮筋腫ができる原因は詳しく解明されていませんが女性ホルモンが筋腫の発生に関係していると考えられ・・・

»子宮筋腫 の続きを読む

子宮内膜症

考える女性

子宮についての解説はコチラ 子宮内膜症は、子宮内膜と同様の粘膜組織が何らかの原因で子宮の内側以外に発生し増殖する疾患です。 子宮内膜症の原因については原因は解明されていません。 考えられる要因として、卵胞ホルモンが盛んに・・・

»子宮内膜症 の続きを読む

子宮膣部びらん

メモをとる看護師 女性

子宮膣部がただれる状態を子宮膣部びらんと言います。 更に真性のびらんは実際にただれているものを指し、仮性のびらんただれているように見えるものを指します。 膣部びらんの内9割以上が仮性びらんとされています。 真性びらんの症・・・

»子宮膣部びらん の続きを読む

子宮頸管ポリープ

遠くを見る女性

ポリープとは病理学的に粘膜に覆われた管腔臓器に発生する隆起性病変の総称であるとされます。 子宮頚管粘膜ポリープとも呼ばれ子宮頚管の粘膜が増殖して突起ができます。 子宮口からはみ出して垂れ下がるものもあるとされます。 ポリ・・・

»子宮頸管ポリープ の続きを読む

子宮の炎症

看護師 正面

性器の炎症は互いに関連して起こることが多いとされます。 外陰や膣から子宮頚管、子宮内膜へと下から上に感染する上行感染が多いとされます。 放置すると卵管から骨盤腹膜まで炎症が広がる可能性があるとされます。 子宮頸管炎の段階・・・

»子宮の炎症 の続きを読む

卵巣腫瘍

医療器具 摘出用

卵巣はホルモンの分泌をする機能があるため腫瘍が出来やすい臓器と言われています。 この部位にできる腫瘍は嚢胞性腫瘍と充実性腫瘍に大きく分類されます。 嚢胞性腫瘍 腫瘍の中は水溶液で満たされ、7割は良性で、大部分が嚢胞性腫瘍・・・

»卵巣腫瘍 の続きを読む

卵管炎、卵巣炎、骨盤腹膜炎

医療手袋

卵管、卵巣が細菌の炎症を起こした状態を卵管の場合は卵管炎、卵巣の場合は卵巣炎と言います。 膣から入り込んだ細菌が子宮頚管、卵管へとのぼって卵管まで到達して炎症を起こし炎症が卵巣まで広がるものと考えられています。 卵管が炎・・・

»卵管炎、卵巣炎、骨盤腹膜炎 の続きを読む

鎖陰|子宮や膣腔が閉鎖している状態

聴診器

処女膜、膣、子宮は互いに内腔で通じていますがどこかの部位に先天的にであったり炎症などによって、後天的に閉鎖してしまうことを鎖陰と言います。 鎖陰には、両側の小陰唇が閉じている場合がある他、処女膜が閉鎖している場合、膣の一・・・

»鎖陰|子宮や膣腔が閉鎖している状態 の続きを読む

このページの先頭へ