男性本能が選ぶ女性の好みとは?

案内する男性

男は何故毛深い女性を好まないのか?

進化論を提唱したダーウィンは、男性は毛深い女性を好まないので、体毛の薄い女性の方が多くの子孫を残し、体毛の薄い性質を子に伝えるために、人間全体が体毛を薄くしていったと著書の中で解説しています。

つまり、異性を選ぶ条件による淘汰で人間の体毛が進化の過程で薄くなってきたと考えられています。

体毛が濃い女性は、男性ホルモンの濃度が女性にしては高いことが多く、男性ホルモンが高い女性は月経がきにくかったり、妊娠しにくいので、男性としては子孫を残せないと本能的に感じてしまうからであろうと推測されます。

このように毛深い女性を敬遠する事で、子孫を良く残せる事ができ、毛深い女性を避けると言う性質も伝承されたのでしょう。

同様に体系的にも男性が腰回りがひきしまっていない女性を敬遠するのも同じ理由で、ウェストがくびれていない女性は男性ホルモンが高く妊娠しにくい傾向が有り、淘汰の歴史により男性の好みとして刷り込まれてきたのでしょう。

このような経緯で、体毛が薄く腰のくびれた女性が魅力的な女性像として世界的に考えられているのです。

何故色白の女性がもてはやされるのか?

進化論から考えると白い肌は生殖能力や子供の生存能力を低下させる寄生虫感染や肌の老化を見つけやすいことが考えられます。

肌の色が黒いと寄生されているかどうかの判別が難しいのですが、肌の色が白いと寄生虫に侵されていない健康の女性を選ぶ事ができることから男が肌の白い色の女性を魅力を感じるように進化したと考えるのが普通でしょう。

また適齢期である女性を探している男にとってはシミの無い女性を選ぶ事により年齢をごまかされることもありません。

生物学的には色素を薄くして紫外線に弱くする事で男性に対する無力を高めることはリスクではありますが、このようなリスクに晒されながらも性をアピールする事は珍しい事ではありません。

男性も魅力をアピールするには男性ホルモンであるテストステロンがオスをアピールしますが、このホルモンは免疫力を低下させるというデメリットが有ります。

つまり、魅力的になるためには免疫力を抑制する物質を分泌しないとカッコよさをアピールできないのです。

背の高い女性はもてるのか?

動物界ではメスはつくれる子供の数が限られていますが、オスは精子をばらまくことで無限に増やす事が出来ます。

メスは残せるこの数に限りがあるので、メスがオスを選び、オスはメスを巡って争うのです。

人間のオスはメスよりも身体が大きなつくりになっていますが、メスをめぐってオスが争ってきた歴史が有るのです。

そのような中で、背の高い女性は男性ホルモンのレベルが高いとされますが、それは男性ホルモンには身長を伸ばす働きがあるからです。

男性ホルモンのレベルが高いと、月経がきにくいとか不妊の可能性が高まる為、女性を選ぶときには背の低い女性を選んできたのです。

逆に女性は男性ホルモンのレベルが高い生殖能力が高そうな背の高い男性を選んできたと考えられます。

このような歴史を繰り返す中で、男性はより背が高く、女性はより低くと男女の体格差ができたのでしょう。

一方で、性が高い女性は身体の作りが大きいためお産が楽で安産が望めるのです。

長い歴史の中で自分の持っている遺伝子との相性、相手のどの遺伝子を取り込むと生存力や繁殖力に優れた子供を得られ、子孫を繁栄させることができるのかを選択しながら好みと言うものが出来たのでは無いでしょうか?

このページの先頭へ