デリケートゾーンの黒ズミの原因と対策

デリケートゾーンが他の部分の皮膚より暗い…これってもしかして私だけ?

そんな悩みがある女性も少なくないと思います。

露出している部分のお肌…例えば顔や腕、足などは鏡などで視界に入りやすいですし、日頃からケアをしているよ、という女性が多いのに対して、デリケートゾーンも顔と同様に日頃からケアしている女性は比較的少ないのではないでしょうか。

とは言ってもデリケートゾーンがほかの部分の皮膚よりもトーンが暗い、というだけで落ち込む必要はありません。今回はデリケートゾーンの黒ズミの原因と対策について解説していきます。

ところで!

乳首や脇、デリケートゾーンの皮膚が体の他の部分の皮膚よりも暗いトーンになりがちなのはご存知でしょうか?

脱毛処理によって黒ズミが引き起こされると思われる女性も多いのですが、これはイエスでノーなのです。

乳首、脇、デリケートゾーンの黒ずみが起こる原因は複数あります。

~通気性~デリケートゾーンは一日中衣服によって<密閉>されています。それ故に常に新鮮な空気に触れていない状態に置かれているために肌の感触や肌のトーンが悪くなりがちです。

~蒸れる~<密閉>されていることでデリケートゾーンは蒸しやすい状態になり肌のトーンに影響します。

~汗~汗は体の老廃物ですが、デリケートゾーンが<密閉>されていることで、お風呂に入るまで汗が残ってしまうことも。これも肌のトーンに影響します。

~サイズ感がきつい衣類の着用~スタイルをよく見せたい、とタイトなお洋服を着る女性も多いですが、これは実はデリケートゾーンが密閉され、肌が呼吸ができない状態にしてしまいます。

肌が呼吸ができず新鮮な空気に触れられないことで肌のトーンにも影響します。

~摩擦~歩いたり動いたりの摩擦で肌の色が変色します。

~加齢~年齢を重ねるごとにデリケートゾーンのお肌は自然に黒ずみがちになります。
これには女性ホルモンの減少が関与しています。

~妊娠~元々デリケートゾーンに黒ずみがなかった人でも妊娠中にホルモンバランスが乱れることで、デリケートゾーンに黒ずみができる場合もあります。

ではデリケートゾーンの黒ずみにどのように対策をしたらいいかというと、上記の原因になるようなきつい服を避けたり、通気性の良い下着、衣類を着用することはもちろんですが、デリケートゾーン用のウェットシートなどを用いおりものや月経、尿などがデリケートゾーンに汚れとして残らないようにケアをしていくこと、またお顔と同じようにデリケートゾーン用の保湿ケアを施すと良いとされています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ