産後の骨盤矯正のメリットと生活習慣の見直しで出来る骨盤矯正

骨盤を矯正している女性

産後の骨盤矯正のメリット

1:理想的なボディラインを手に入れる

骨盤を締めて内臓を正しい位置に戻せば食欲中枢への神経伝達もスムーズになり張りだしたお腹の矯正も期待できます。

また、猫背の歪みを矯正できれば美しいバストラインや二の腕のたるみの解消もでき、脇腹の筋肉も矯正できればほっそりとした腰回りを手に入れ正しい位置に筋肉が戻ることでヒップアップや美脚効果も望めます。

骨盤を引き締めることで美しいボディラインを手に入れられるのです。

2:新陳代謝を促進する

骨盤が締まることで、脊椎を通る神経がスムーズに働き新陳代謝が促されます。

新陳代謝が活発になれば、肌の張りを取り戻し、艶のある髪が戻り、むくみも解消され、疲れにくくなります。

健康を取り戻したことを実感できます。

3:肩こりや便秘の解消

体が歪むと血行が悪くなり、体の各部位の筋肉も硬くなりこりや冷え性などの原因となります。

また、骨盤が開くと内臓が下がり便秘を悪化させる原因ともなります。

女性に多い便秘や肩こり、生理不順などのトラブルも骨盤の歪みの矯正で解消する場合があります。

4:リバウンドのしにくい体

骨盤強制によるダイエット効果は、食事制限や負担を強いるようなものではありません。

骨盤の位置を本来の位置に戻すことで全身の骨格や筋肉、体の機能を取り戻すのが目的です。

このような方法で手に入れた美しいボディラインはリバウンドのように体重や体型が反発して戻ることはありません。

ただし、再び骨盤の位置がずれないように日々姿勢を保つようケアすることは大切です。

生活習慣の見直しで出来る骨盤矯正

1:体の緊張をほぐして、筋肉をやわらかくする

人間の骨格を包み込んで支えている筋肉は骨格のずれや歪みを正常な位置に戻す役割があります。

ストレスによる緊張や運動不足で筋肉が硬くなると歪んだ骨格がそのまま定着してしまいます。

加齢による腹筋の弱りが加わると更に悪い状態になるので、骨格を歪ませないために全身の筋肉を柔軟に保つことが大切です。

日々のストレスを貯めず、ストレッチなどで全身をリラックスさせましょう。

2:体操やエクササイズで適度に運動をする

骨盤の矯正には、張り切り過ぎは良くありません。

長く続けるためには、体操やマッサージやエクササイズを無理のない強度で組み合わせをすることが大切です。

特に、腰回りの筋肉を強化する運動などは骨盤の矯正には有効です。

3:生活習慣の見直しをする

骨盤の歪みは長年の生活習慣の積み重ねが原因です。

姿勢の悪い立ち方、座り方、寝方などをしているとせっかくの体操やエクササイズも無駄になってしまいます。

生活習慣を見直し、美しいボディラインを目指しましょう。

正しい立ち方

正しい立方とは、足の裏全体で左右バランス良く地面をとらえます。

重力の下へ引っ張る力に対して、垂直に立つことをイメージします。

正しい座り方

足を組まずに座り、背筋は伸ばし、椅子には深く座り、足先はハの字になるように座ります。

あごは、地面と水平になるように、顔は正面を向けます。

正しい寝方

枕は首の下こぶし1個分が入る程度の高さの物を選びます。

肩まで乗る大きな枕は避け、適度の硬さの布団やベッドで寝ます。

柔らかい布団やベッドは就寝中に腰が曲がります。

大の字に寝ることをイメージして、腕は心臓より下、ふとももにこぶし1個分が入る程度に開く。

骨盤矯正のための日常5つの心得

1:お尻を振るような歩き方

腰を左右に大きく振って歩く、モンロー・ウォークは骨盤の歪み防止に効果的です。

自分の前に伸びる1本の線を意識して、歩きます。

2:背筋を伸ばし骨盤を立てるイメージで座る姿勢を良くしてお尻を立てるように座ります。

骨盤を立てることで、動作の可動域も広がり背中の歪みも矯正できます。

3:座った時に足を揃える運動をする

座った時に、左右の膝がつくように寄せます。

骨盤を支える内転筋の力が強まり骨盤の矯正とO脚の改善にも役立ちます。

4:バッグは左右の肩を均等に使う

ショルダータイプのバッグは、両肩を交互に使うようにします。

手提げかばんでも左右に偏りがないように意識して左右を持ち替えるようにしてください。

5:物を噛む時は左右交互に

食事などで物を噛む時は左右交互に使い偏りが出ないように気をつけましょう。

骨盤の歪みからくる顔の歪みの改善が期待できます。

また、顎関節を意識して動かすと腸に良い他リラックス効果も得られます。

excercise about_to_nutr

このページの先頭へ