「女性器の奇形と外傷(女性の病気)」の記事一覧

性器の各部に起こる損傷・会陰裂傷・子宮破裂・子宮頚管裂傷

診断する女医

これらの性器の起こる損傷は、多くは出産時に起こる、会陰、子宮、子宮頚管に起こる損傷です。 会陰裂傷 分娩の時に、会陰の伸びが悪かったり、胎児の頭が大きかったり、陣痛が強かったりなどの原因で会陰が切れてしまい出血してしまう・・・

小陰唇の長短について(外観の悩み)

考える女性

小陰唇とは 小陰唇(しょういんしん)は女性器の一部で、陰核包皮と連続するように始まり、尿道口と膣口の両脇にある襞状の薄い肉びらを指します。 触られると性的快感があり、女性が性的に興奮していない時は、左右の小陰唇が閉じて尿・・・

鎖陰|子宮や膣腔が閉鎖している状態

聴診器

処女膜、膣、子宮は互いに内腔で通じていますがどこかの部位に先天的にであったり炎症などによって、後天的に閉鎖してしまうことを鎖陰と言います。 鎖陰には、両側の小陰唇が閉じている場合がある他、処女膜が閉鎖している場合、膣の一・・・

このページの先頭へ