「卵管と卵巣の病気(女性の病気)」の記事一覧

卵巣は動物の雌にある生殖器で、卵または卵子を作り出す働きがあり、卵管は動物の哺乳類や鳥類雌にある生殖器で、卵巣と卵管を結ぶ管状の器官です。

卵巣は比較的腫瘍のできやすい臓器で、多くのケースが卵巣のう腫で、残りが充実性腫瘍と呼ばれるもです。

上部性器の中で最も炎症を起こしやすいのは卵管で、卵管炎は、隣接する卵巣や卵管間膜、およびその他の骨盤腹膜に波及することが多いとされます。

卵巣腫瘍

医療器具 摘出用

卵巣はホルモンの分泌をする機能があるため腫瘍が出来やすい臓器と言われています。 この部位にできる腫瘍は嚢胞性腫瘍と充実性腫瘍に大きく分類されます。 嚢胞性腫瘍 腫瘍の中は水溶液で満たされ、7割は良性で、大部分が嚢胞性腫瘍・・・

卵管炎、卵巣炎、骨盤腹膜炎

医療手袋

卵管、卵巣が細菌の炎症を起こした状態を卵管の場合は卵管炎、卵巣の場合は卵巣炎と言います。 膣から入り込んだ細菌が子宮頚管、卵管へとのぼって卵管まで到達して炎症を起こし炎症が卵巣まで広がるものと考えられています。 卵管が炎・・・

このページの先頭へ