卵巣腫瘍

医療器具 摘出用

卵巣はホルモンの分泌をする機能があるため腫瘍が出来やすい臓器と言われています。

この部位にできる腫瘍は嚢胞性腫瘍と充実性腫瘍に大きく分類されます。

嚢胞性腫瘍

腫瘍の中は水溶液で満たされ、7割は良性で、大部分が嚢胞性腫瘍であるとされます。

幅広い年代でみられ、20~30代が最も多いとされます。

漿液性嚢胞腺腫、粘液性嚢胞腺腫、成熟性嚢胞性奇形腫に分類されます。

漿液性嚢胞腺腫

嚢胞性腫瘍の種類の中では大きな腫瘍を作ることで知られています。

腫瘍の中は水溶性の透明液で満たされています。

嚢胞腺腫が出来る数は様々で悪性に変化する場合もあるとされます。

粘液性嚢胞腺腫

大きさは様々ですが放置すると巨大な腫瘍になることもあるとされます。

腫瘍の中は粘液で満たされているとされ悪性に変化することもあります。

成熟嚢胞性奇形腫

大きさは様々で、中は皮脂分泌物で満たされています。

卵子の元である胚細胞が変化したものでほとんどが良性であるとされます。

充実性腫瘍

硬いコブのような形状が特徴です。

良性型、中間型、悪性型の三種類に分類されます。

嚢胞性腫瘍とは違い、悪性になる頻度が高く8割が卵巣癌などの悪性腫瘍と言われています。

卵巣がんの解説はコチラ

症状

卵巣腫瘍はほとんどが無症状でこの事が悪性卵巣腫瘍の早期発見を遅らせると考えられています。

また卵巣は骨盤の奥深くに位置するため異常を発見しにくいことも要因と考えられています。

検査は超音波、MRI、腫瘍マーカなどで悪性と良性の判別がなされます。

自宅で出来る腫瘍マーカ検査の解説はコチラ

卵巣の大きさは親指大の大きさですが腫瘍ができると大きくなります。

腫瘍が握りこぶし大になるまで無症状であることが多いようです。

卵巣は2つあるためどちらか一つに異常があっても、もう1つが機能をカバーするため異常が顕在化し難いとされます。

使用自体が痛むことはありませんが、腫瘍が大きくなり腹部の膨満感や圧迫感により様々な症状が出るとされます。

腹部膨満

妊娠後期の妊婦の腹部くらいに大きくなる場合もあるとされ、卵巣のしこりがわかる場合もあるとされます。

下腹部痛、腰痛、便秘

大きくなった腫瘍が骨盤内の血管、神経、直腸、膀胱、尿管などを圧迫した時は癒着するため下腹部痛、腰痛、便秘排尿障害などを起こす場合もあるとされます。

体重減少

巨大腫瘍は体内の栄養素を消費するため栄養状態が悪くなりお腹ばかりが大きくなり全身が痩せていく傾向にあるとされます。

茎捻転

茎捻転とは卵巣が根本からねじれてしまう病気です。

妊娠中には子宮が大きくなって卵巣を動かすため良く起こります。

急に強く捻ると下腹部の激痛、吐き気、嘔吐などの急性症状が起こります。

ねじれた側に圧迫感を感じることが多いようです。

ねじれが軽い場合は症状は無いとされますがねじれが強くなるのに従い痛みが強くなるとされます。

ねじれによって出血や血行不良が進むことがあるので緊急手術が必要な場合もあります。

検査と治療

多くの卵巣腫瘍は良性とされますが悪性へ変化する可能性もあります。

卵巣のしこりは、内診、触診、超音波検査で診断することが可能です。

また、腫瘍マーカーによって血液中の腫瘍に関係する抗体を検査することで悪性か良性かの診断が可能になります。

自宅で出来る腫瘍マーカーの解説はコチラ

腫瘍を摘出して生体検査が行われる場合もあるようです。

小さい腫瘍では、良性の場合は経過の監察をすることが多いとされます。

腫瘍が小さくても悪性が考えられる時や大きな腫瘍は手術で摘出される場合があります。

手術は年齢や出産の有無によって腫瘍の部分だけを摘出するか、卵巣自体を摘出するかが決められます。

卵巣を摘出する場合でも片方の卵巣を残すのが普通です。

このページの先頭へ