「子宮の病気(女性の病気)」の記事一覧

月経やおりものの異常、不正出血、腰痛など、こららの症状が子宮の病気の可能性があります。子宮の病気には、良性の病気で、子宮筋腫・子宮頚管ポリープ・子宮内膜ポリープ・子宮内膜増殖症・子宮腺筋症(子宮内膜症の一種)・各種感染(子宮頚管炎・子宮内膜炎・骨盤腹膜炎)・子宮下垂や子宮脱・子宮奇形などがあり、境界の病気として、子宮内膜異型増殖症・子宮頚部異形成、悪性の病気としては、子宮頚癌・子宮体癌・子宮肉腫などがあり、特に頻度が高いのは、子宮筋腫です。

子宮筋腫

読書する女性

子宮筋腫は子宮にできる良性腫瘍の一種です。 子宮の筋肉の細胞が異常に増殖してこぶのような筋肉にかたまりが変化したものです。 子宮筋腫ができる原因は詳しく解明されていませんが女性ホルモンが筋腫の発生に関係していると考えられ・・・

子宮内膜症

考える女性

子宮についての解説はコチラ 子宮内膜症は、子宮内膜と同様の粘膜組織が何らかの原因で子宮の内側以外に発生し増殖する疾患です。 子宮内膜症の原因については原因は解明されていません。 考えられる要因として、卵胞ホルモンが盛んに・・・

子宮膣部びらん

メモをとる看護師 女性

子宮膣部がただれる状態を子宮膣部びらんと言います。 更に真性のびらんは実際にただれているものを指し、仮性のびらんただれているように見えるものを指します。 膣部びらんの内9割以上が仮性びらんとされています。 真性びらんの症・・・

子宮頸管ポリープ

遠くを見る女性

ポリープとは病理学的に粘膜に覆われた管腔臓器に発生する隆起性病変の総称であるとされます。 子宮頚管粘膜ポリープとも呼ばれ子宮頚管の粘膜が増殖して突起ができます。 子宮口からはみ出して垂れ下がるものもあるとされます。 ポリ・・・

子宮の炎症

看護師 正面

性器の炎症は互いに関連して起こることが多いとされます。 外陰や膣から子宮頚管、子宮内膜へと下から上に感染する上行感染が多いとされます。 放置すると卵管から骨盤腹膜まで炎症が広がる可能性があるとされます。 子宮頸管炎の段階・・・

このページの先頭へ