子宮膣部びらん

メモをとる看護師 女性

子宮膣部がただれる状態を子宮膣部びらんと言います。

更に真性のびらんは実際にただれているものを指し、仮性のびらんただれているように見えるものを指します。

膣部びらんの内9割以上が仮性びらんとされています。

真性びらんの症状

子宮膣部がただれて傷つき炎症が起こります。

おりものが増えて血が混じることがあるとされます。

また、性行為やタンポンの接触で出血することがあるとされます。

仮性びらんの症状

実際にただれているわけではなく、卵巣ホルモンの作用で粘膜の表面が薄くおおわれただれたように見えます。

成人女性の8割にこのような症状が出るとされます。

ホルモンの分泌が減少する閉経期以降は少なくなるとされます。

治療

仮性びらんの場合は、治療がなされることは無いとされます。

真性びらんでおりものが多く、度々に出血し、繰り返し炎症を起こす場合は、がんとの鑑別をした上で電気メスやレーザーで焼いたり、凍結凝固をしたりするとされます。

抗生物質やホルモン剤、消炎剤などの膣座薬を用いて炎症を抑えることもあるとされます。

びらんが出来る場所は子宮頸癌の発生しやすい部位でもあるとされます。

初期の子宮頸癌は、子宮頸部びらんと同じような症状がみられるとされます。

肉眼では区別がつきにくいために、細胞診、組織診などの検査をして、がんではないことを確かめる事が大切とされます。

子宮膣部びらんと診断されても35歳以上の人は、定期的にがん検診をすることが勧められています。

早期発見、早期治療がガンの完治には必要です。

ガン検査の種類の解説はコチラ

このページの先頭へ