子宮内膜症

考える女性

子宮についての解説はコチラ

子宮内膜症は、子宮内膜と同様の粘膜組織が何らかの原因で子宮の内側以外に発生し増殖する疾患です。

子宮内膜症の原因については原因は解明されていません。

考えられる要因として、卵胞ホルモンが盛んに分泌される年齢に起こりやすく閉経後には病変は小さくなるため卵胞ホルモンが関係していると考えられています。

妊娠すると月経が無くなり病巣からの出血も無くなるため子宮内膜症の症状が軽くなります。

授乳期間を過ぎるまで月経が無いことが多いため妊娠を機に子宮内膜症が軽くなるケースがみられます。

発生する部位によって分類され子宮腺筋症と外生子宮内膜に分類されます。

前者は、子宮の筋層内部にできたもので30~40代に多いとされます。

後者は、腹壁、卵巣、卵管、ダグラス窩、直腸、小腸、膀胱などに発生し外生子宮内膜と呼ばれ、20~30代に多いとされます。

子宮以外の場所にできた粘膜組織も女性ホルモンの作用で子宮内膜と同様に月経の度に増殖と剥離を繰り返します。

しかし、子宮内膜のように月経血としての出口がないため組織内に血液がたまり月経の度に症状が悪化するとされます。

進行すると炎症を繰り返して骨盤内の臓器が癒着する場合があります。

症状

症状は発生した部位や進行の程度により異なります。

初期では自覚症状がないことは共通しています。

月経痛

子宮収縮ホルモンが多く分泌されることや病巣での出血時の痛みが加わることなどから月経時の痛みが強くなるとされます。

下腹部痛を伴うこともあるようです。

進行にともない月経痛がひどくなるとされます。

子宮の肥大・過多月経

子宮の肥大は子宮腺筋症に多くみられる症状で子宮筋腫のように腫瘤ができるのではなく子宮が大きくなります。

したがって、子宮内膜の容積が大きくなり月経の出血量が増えます。

子宮腺筋症になると子宮が収縮しにくくなり出血が止まらずに月経期間が長くなります。

腰痛・下腹部痛・性交痛

癒着が進行すると月経時以外にも腰や下腹部に痛みを感じるとされます。

性交渉の時に痛みを感じることもあるとされます。

不妊症

子宮内膜症が進行すると不妊の原因になるとされます。

不妊症の何割かは子宮内膜症によるものとされます。

卵巣に子宮内膜症が発生して進行すると排卵のための卵胞の成熟を妨げ不妊の原因となるとされます。

排尿・排便の異常

直腸付近で増殖すると排便痛や下痢が起こりやすくなるとされます。

進行すると排便が困難になり血便も出るとされます。

膀胱付近で発生すると頻尿や排尿痛になるとされます。

治療

子宮内膜症の判定は、問診、内診、直腸診から診断がつくとされます。

血液検査で腫瘍マーカの値を参考にする場合もあるとされます。

腫瘍マーカーについての解説はコチラ

子宮内膜症自体は悪性ではないとされますが検査により悪性腫瘍でないかどうかの確認が必要です。

子宮内膜症の治療では薬物療法と手術療法があり、種類や進行度によって医師が最良の方法を検討します。

このページの先頭へ