月経前緊張症

説明する女性

月経の始まる1週間前からイライラする、集中力がなくなる等の精神的不快症状や頭痛、むくみなどの身体的不快症状が起こり月経が始まるとその症状が消えたり軽くなったりするとされます。

症状が強い時の事を月経前緊張症と言います。

症状

月経前緊張症の症状は身体的症状と精神的症状に分類されます。

身体的症状

下腹部が張る、痛む、腰が痛む、乳房が張る、痛む、頭が痛む、のぼせる顔や手足がむくむ、体重が1~2kg増える、肩こり、下痢、便秘、吐き気頻尿、吹き出物が増える、疲れやすくなるなどがあるとされます。

精神的症状

イライラする、落ち着かなくなる、憂鬱になる、興奮しやすくなる怒りっぽくなる、集中力が無くなる、眠くなるなどがあります。

このような症状は子宮内膜症子宮筋腫卵巣腫瘍などでもみられるとされます。

治療

原因がはっきりしないため治療法は対処療法が中心となります。

ホルモンの分泌が乱れることが原因の一つではないかと考えられています。

このような症状は排卵との関係が深く排卵がなければ起こらないとされます。

月経周期の安定しない初潮がきたばかりの人や閉経間近の人には見られないとされます。

月経前緊張症は対人関係や生活環境の変化で起こるとされます。

症状のきっかけがあるようであれば取り除くことが大切です。

心理的治療

医師がカウンセリングを行ない病気について説明した上で不安感を取り除くなど精神的に支える方法をとります。

食事療法

むくみや膨満感などの症状が強い場合は水分や塩分の摂取を制限する食事がすすめられます。

薬物による治療

イライラや不眠などの精神的症状が強い場合は精神安定薬や向精神薬が用いられることがあるとされます。

痛みが強い場合は、鎮痛薬が処方されるようです。

生活上の注意

症状が重くない場合は生活習慣の改善で不快症状が改善されるとされます。

栄養バランスの良い食生活と十分な睡眠が大切です。

また、適度な運動はホルモンバランスを整えて症状を緩和させる効果があるとされます。

自宅で出来る簡単運動法の紹介ページはコチラ

このページの先頭へ