月経困難症

月経 イラスト

月経時には下腹部痛、腰痛、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、発熱、目眩、倦怠感などの不快症状を伴うことがあるとされます。

これらの症状が日常生活に差し支えるほど病的に強く治療を要するものを月経困難症と言います。

症状

月経困難で一番多い症状は下腹部痛、腰痛、月経痛とされます。

月経痛は幅広い年代の人にみられますが多いのは20代前後とされます。

月経痛があっても段々と軽くなり30歳を過ぎる頃には痛みを感じにくくなるとされます。

月経困難症の中で病気が原因となるものは器質性月経困難症、病気が原因でないものを機能性月経困難症と分類されています。

器質性月経困難症

子宮筋腫子宮内膜症などが原因であるとされ、年代は30代~40代が最も多いとされます。

月経痛がだんだん痛みが強くなってくるような場合は注意が必要です。

この他には、子宮の炎症、子宮後屈、子宮前屈などの子宮の位置に異常があったり子宮口閉鎖などにより痛みが起こることもあるようです。

若い人の月経痛の多くは、子宮が未成熟で子宮頸部が狭く月経血がスムーズに流れないことも原因とされます。

子宮内に血液がたまり、押し出すために子宮が収縮して痛みが出ます。

更に、子宮内膜が膜上の塊として排出される時に下腹部痛を起こす、膜様月経困難症もあります。

機能性月経困難症

子宮や卵巣に異常が無い場合は機能性月経障害と言います。

原因は、月経時の子宮収縮が強いことが考えられます。

子宮内膜が剥離するときにできる物質がたくさん作られて子宮収縮が強く起こっているからだと考えられています。

また、骨盤内の血行障害、ホルモン分泌の障害、過多月経によるとされます。

思春期には、圧倒的に機能性の月経困難症が多いようです。

子宮の発育不全によって、ホルモンが正常に分泌されていないことが原因として考えられています。

痛みなどの不快症状を強く感じるかどうかは個人差があり精神状態によっても左右されるとされます。

こうした心因性のものや自律神経失調症によるものもあることから婦人科だけではなく内科や精神神経科が必要な場合もあるとされます。

治療

器質性のものは、原因である疾患に対する治療が行われ機能性の場合は、ホルモン療法や薬物療法がなされるとされます。

このページの先頭へ