肌が荒れる|生活改善と紫外線対策が重要

女性の手

赤ちゃんの肌は、弾力性がありしなやかでつるつるしていますが、それに対して、加齢で肌はうるおいを無くしていき、この原因は紫外線であるとされます。

皮膚も体の他の器官と同様に老化していきますが加えて紫外線は老化を加速させます。

自然の老化は防ぎようがありませんが紫外線による老化はある程度防いだり回復させることも可能です。

強い紫外線に肌をさらさないように、帽子や日傘紫外線防止効果のある化粧品などが効果的です。

また、真夏の太陽の下で肌を焼く行為は肌荒れや皮膚がんの原因ともなるので控えたほうが良いでしょう。

肌荒れを防ぐ基本は、紫外線の防御の他には睡眠を十分に取る、ストレスをためない、食事のバランスに注意してビタミン類を摂取する、洗顔で肌を清潔に保つ適度なうるおいを化粧品で保つなどがあります。

また、化粧品のトラブルやアトピー性皮膚炎の場合は皮膚科に相談すると良いでしょう。

また、皮膚がかゆい、カサつく場合は、糖尿病や肝臓の病気の可能性もあります。

このような場合は、内科で診察を受けるのもよいでしょう。

また、ペットを飼っている場合は、部屋の掃除を欠かさないことが大切で、ペットから人間に感染る人畜共通感染症やダニを防ぐことが大切です。

このページの先頭へ