のぼせる・ほてる|自律神経との関係

ほてる女性

更年期症状からくるのぼせやほてり

皮膚の温度には個人差があり、手の冷たい人もいれば温かい人もおり、それが必ずしも、冷えやのぼせにつながる訳ではありません。

身体の内外の環境の調和の乱れなど様々な要因が関係しています。

人間は自律神経の働きで血管を収縮・拡張をさせ体温を一定に保つ機能があり、これを恒常性維持機能と言います。

自律神経の働きに狂いが生じると、この調節が上手くいかなくなり一時的に血管が拡張してのぼせやほてりが起こります。

特に更年期になると、女性ホルモン、中でも卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌に乱れが生じて急激に減少します。

また、脳下垂体の卵胞刺激ホルモンと黄体ホルモンのうち特に包帯ホルモンの分泌の急上昇と急降下が日の内に何度も繰り返されます。

こうした急激な変動は自律神経の働きにも影響を与えのぼせやほてりを起こすと言われています。

更年期の女性にのぼせやほてりが多いのはこのようなことも原因であるとされています。

のぼせやほてりの原因は確実には解明されていませんが精神的な影響やホルモンの働きが深く関わっていると考えられています。

汗がひどい場合

のぼせやほてりがひどい場合は、高血圧や心臓病も考えられます。

また、大汗をかく場合は、甲状腺機能亢進症も疑われるとされています。

甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気で病状が進むと甲状腺が腫れて首が腫れて太くなったり眼球が突き出てきたりします。

病状が進まない内に内科や内分泌科、婦人科などで適切な治療を受けることが大切です。

のぼせやほてり、多汗そのものは心配する必要の無いものです。

更年期の多汗対策についての解説

しかし、そのことでイライラして集中力が低下するなど日常生活に支障をきたすようならば婦人科等に相談されと方が良いでしょう。

このページの先頭へ