妊婦の健康(妊娠中の身体の変化)

女性 妊娠中

妊娠に伴い女性の身体はお腹が出てくるなどの変化やホルモンバランスの変化が起こります。

女性ホルモンの詳しい解説はコチラ

お腹の中の赤ちゃんが大きくなり腸も圧迫されます。

圧迫された腸は働きが鈍くなり、血流も悪くなり、水分の代謝も変わます。

そうすると便が硬くなって出にくくなり、硬い便は痔も悪化させてしまいまう可能性もあります。

妊娠中は、食物繊維が豊富な食べ物や乳酸菌をとるように心がけて、妊婦の便秘に気をつけ排便の習慣をつけるようにしましょう。

便秘と痔を予防するため、日常生活の中で、骨盤内の血流を促すことを意識しましょう。

出産後、子宮がもとに戻れば、頻尿や尿もれ、便秘や痔は、たいてい元に戻っていきますが、妊娠中に症状を悪化させないことが大事であるとされています。

便秘などは習慣化するものなので注意をしましょう!

その他の妊娠中のトラブルについてはコチラ

出産時には、あかちゃんを出すために、骨盤底筋群と呼ばれる組織が、どうしてもダメージを受けます。

産褥期はできるだけ養生し、産後3週間以降を目安に骨盤底筋群を強化するなど産後の運動で、しっかり回復をはかりましょう!

女性には女性だけが経験する体や心の変化があり、そのような変化を正確に捉え適切に対処することが大切です。

自分のからだについて正しく理解すると共に身近な婦人科医などにも相談しより深い理解が得ることげ、女性として健康に過ごすためにも大切な条件と言えます。

このページの先頭へ