妊娠前の健康チェックの必要性

チェックする女性

生理不順やひどい生理痛など、気になる症状がある場合は迷わず産婦人科を受診するようにしましょう。

自覚症状がある場合は必ずですが特に無い場合でも30歳を過ぎたら婦人科の受診をされることが大切です。

人間ドックの婦人科検診を利用したり子宮がん検診などもおすすめです。

なぜならば、30歳以上になると子宮筋腫や卵巣嚢腫などの婦人科の病気にかかる人が多くなるからです。

また、最近では子宮内膜症も急増しているとのデータもあります。

妊娠しづらくなったり、流産や妊娠中に手術するようなリスクは避けなければなりません。

妊娠前にこれらの病気が発見されればそのような危険を避ける事ができます。

また、婦人科の検診だけではなく内科的な検診をしておくことも安全性を高めます。

例えば、人間ドックなどの健康診断がおすすめです。

特に高血圧や糖尿病などの成人病は妊娠や出産に影響を与えます。

貧血があると妊娠中に悪化する可能性があるので事前に対処しておく必要があります。

その他、生理不順や生理痛がひどい、腸の不調があったら必ず病院に行きましょう。

妊娠や出産は、女性の体に負担をかけます。

お腹が大きくなれば腰痛がひどくなったり、妊娠中毒症や妊娠糖尿病など妊娠特有の合併症にかかることもあります。

病院での出産が一般的ではなかった頃はお産で命を落とす人が大勢いました。

現在は医療技術の進歩や検診技術が進んだおかげでそのようなケースは稀になりました。

新しい生命をこの世に送り出すという尊い経験をするためには母子ともに無事にお産を迎えるために最大限の注意が必要なのです。

このページの先頭へ