「妊娠中(妊娠初期~出産)」の記事一覧

妊娠初期1,2,3,4ヶ月の経過とアドバイス

妊娠初期

妊娠1ヶ月 小さな命の始まり ・子宮の大きさは卵大 最後の月経が始まった日がO週です。 約2週間後、排卵が起こり卵管で卵子と精子が出会い受精します。 受精卵は、約1週間かけて卵管から子宮へと移動して子宮内膜に到着して根を・・・

妊娠中期5,6,7ヶ月の経過とアドバイス

妊娠中期

妊娠中期のすごし方 母体の心と身体の安定が第一です。 母体と赤子はへその緒でつながり、赤子は母体から栄養や酸素の供給を受けます。 赤子の健やかな成長には母体の健康が欠かせません。 胎教というのは、このような健康な育成環境・・・

妊娠後期8,9,10ヶ月の経過とアドバイス

妊娠後期

妊娠8ヶ月 大きいお腹をケアしましょう ・子宮底長:24~27cm ・赤ちゃんの大きさ: 身長:約40cm 体重:約1500g 体の変化 大きくなったお腹で胃や肺が圧迫され胸焼けや息切れを感じることもあります。 人により・・・

定期健診の受け方

病院

定期健診の制度化と内容の充実により妊娠中の様々な異常を早期に発見できるようになりました。 30代、40代の妊婦さんの場合、流産や切迫流産、切迫早産、妊娠中毒症などのトラブルが起こる確率が20代の人に比べて高くなるので定期・・・

つわりの解説と対処法

つわりの女性

妊娠初期でつらいものにあげられるのはつわりです。 つわりの原因は、はっきるとは解明されていませんが絨毛から分泌されるホルモンが嘔吐中枢を刺激するのではという節があります。 妊娠初期ではお腹が大きいわけでは無いので体の変化・・・

乳首の手入れ方法

妊婦と哺乳瓶

赤ちゃんに母乳を飲ませるために 妊娠中期になったら、そろそろ授乳に備えて乳首の手入れや乳房マッサージを始めましょう。 授乳の時に赤ちゃんが吸い付く力はけっこう強くて乳首が傷だらけになられるくらい吸い付きます。 出産前から・・・

出産後にすぐ使うベビー用品

哺乳瓶とミルク

ベビー用品を揃えるコツは最低限の物を揃え必要になったら買い足すのが賢い揃え方です。 買う前に、友人や知人にどのような物が役に立ったか聞いておくと良いでしょう。 赤ちゃんの成長は速くどんどん大きくなり3ヶ月後や数カ月後には・・・

妊娠後期の過ごし方

妊娠後期のお腹

お腹をぶつけたり転倒しないように慎重な行動を求められる 妊娠28週(8ヶ月)からは妊娠後期となりお腹が大きくなり出産間近となります。 胎動も力強くなり、足でお腹を蹴ることもしばしばです。 お腹の中の赤ちゃんと暮らす実感を・・・

入院準備と出産入院のタイミング

入院

入院準備 お産は何時始まるかわからないため妊娠8ヶ月になったら入院の準備を始める必要があります。 入院生活を快適に過ごすためにも忘れ物が無いように早めに整えておきましょう。 持参物は基本的に病院から指示のあったものを持参・・・

妊娠中の栄養の摂り方と運動法

妊娠 女性 ベンチ

妊娠中の栄養の摂り方 安産の為には食生活が大変重要になります。 赤ちゃんは母親から栄養供給を受けているので肝心の母親が栄養不足では赤ちゃんの栄養も不足して成長に悪影響を及ぼすからです。 ただ太り過ぎも問題なので自制心を持・・・

多胎|双子以上の妊娠・出産

双子を妊娠した女性

多胎は早産と妊娠中毒に注意が必要 双子や三つ子などの多胎妊娠はここ数年で非常に増えているとされています。 これは、不妊症治療の進歩で排卵促進剤や体外受精によって赤ちゃんを授かる人が多くなったことが影響しています。 多胎妊・・・

陣痛をしのぐコツ

笑顔の看護師

陣痛の痛みは個人差もあり一概には言えませんがとても痛みを感じることは確かです。 大部分の人が経験するこの陣痛ですが呼吸法と補助動作が痛みを和らげる方法であるとされています。 陣痛の進行具合で呼吸法と補助動作が組み合わせら・・・

医学的措置の種類と出産時のトラブル

医療器具

医学的措置の種類 赤ちゃんが産道につかえてなかなか出られない場合赤ちゃんが酸素不足に陥り、時には命が危険になることがあります。 そこで、赤ちゃんを守るため下記の医学的処置をとる場合があります。 ・会陰切開 分娩時は会陰部・・・

このページの先頭へ