医学的措置の種類と出産時のトラブル

医療器具

医学的措置の種類

赤ちゃんが産道につかえてなかなか出られない場合赤ちゃんが酸素不足に陥り、時には命が危険になることがあります。

そこで、赤ちゃんを守るため下記の医学的処置をとる場合があります。

・会陰切開

分娩時は会陰部がおもちのようにやわらかく伸びて赤ちゃんの頭が出てきます。

しかし、やわらかくならないうちに赤ちゃんの頭が出てきてしまうと会陰部が裂けてしまうことがあり、予防のためにあらかじめ会陰部を切開する方法です。

病院出産の場合、万が一のことを考えて早めに会陰切開をする傾向にあり初産の時は高確率で行われるようです。

病院の方針や状況によって違いがあるので、事前に意思と相談すると良いでしょう。

・鉗子分娩と吸引分娩

赤ちゃんの頭が産道で引っかかって出てこない場合、鉗子あるいは吸引装置を用いて赤ちゃんを引っ張り出します。

・クリステル圧出法

医師や助産師さんの手でおなかの上から圧迫して赤ちゃんを押し出す方法です。

・酸素吸引

赤ちゃんの心拍数が落ちた時に母体に酸素吸入をする場合があります。

・帝王切開

手術によって子宮を切開して赤ちゃんを取り出す方法です。

計画的に行われる場合は、母体に心臓病や糖尿病などの合併症がある場合、地頭骨盤不適合(赤ちゃんの頭が母体の骨盤より大きい場合)狭骨盤(母体の骨盤が小さい)場合や初産で逆子になっている場合が多いようです。

緊急で行われる場合は、軟産道強靭や回旋異常などの原因で分娩途中で胎児仮死になった場合やなりそうな場合妊娠中毒症で赤ちゃんの状態が悪くなった場合や胎盤早期剥離などの時が多いようです。

また、破水しても陣痛が来ない場合、予定日を超えても生まれる兆候が無い場合は状況により帝王切開が選択されることもあるようです。

出産時のトラブル

・微弱陣痛

陣痛が弱かったり、陣痛の間隔が短くならずにお産が進まない場合を微弱陣痛と呼びます。

陣痛促進剤を飲んだり、器具を子宮口に入れて陣痛をおこさせたりして適切な陣痛がくるようにフォローされるのが普通です。

・軟産道強靭

子宮口、膣、外陰部を軟産道といい、分娩時はこの部位がやわらかく広がり赤ちゃんが通過しやすくなります。

稀に軟産道が硬いままのことがありそれを軟産道強靭と呼びます。

状況に応じて子宮口を柔らかくする薬を使ったり鉗子分娩、吸引分娩、帝王切開などの処置がとられます。

・回旋異常

赤ちゃんが通る骨盤内は微妙にカーブしています。

赤ちゃんはそのカーブに合わせながら体の向きを変えながら骨盤内を通過しますが、その向きの変更がうまくいかず通過できない場合があり回旋異常と呼ばれています。

状況に応じて鉗子分娩や吸引分娩が行われます。

・臍帯巻絡

へその緒が赤ちゃんの体に巻き付いた状況を臍帯巻絡と呼びます。

赤ちゃんへの酸素吸入が妨げられたり、外へ出られないという事態になることもあります。

状況に応じて、鉗子分娩、吸引分娩、帝王切開の措置が取られます。

このページの先頭へ