陣痛をしのぐコツ

笑顔の看護師

陣痛の痛みは個人差もあり一概には言えませんがとても痛みを感じることは確かです。

大部分の人が経験するこの陣痛ですが呼吸法と補助動作が痛みを和らげる方法であるとされています。

陣痛の進行具合で呼吸法と補助動作が組み合わせられるのが普通で痛みをやわらげるというよりうまく逃す方法と捉えたほうが良いかもしれません。

呼吸法や補助動作に神経を集中させることで気持ちが痛みからそらす効果と痛みでパニック状態にならないように気持ちを落ち着かせる効果もあります。

陣痛は絶えず起きているものではなく、子宮収縮が起きている間に痛みそれがおさまると次の子宮収縮までは痛みは遠のきおだやかな時間が流れます。

体力を温存して長時間のお産を乗り越えることがポイントになります。

陣痛を和らげる補助動作

水平マッサージ
・・・息を吸いながら手でお腹の中央から脇の方へさすり息を吐きながら手を元に戻す。
輪を描くマッサージ
・・・息を吸いながら手で半円を描くように下腹部の脇から胸の下まで擦る。
次に息を吐きながらお腹の中央から下腹部に手をおろす。
シムスの体位
・・・横向きに寝て上の手と足を前に投げ出して全身の力を抜く。
圧迫法
・・・握りこぶしを腰の下に当てて、息を吐きながら腰を圧迫する。

次に息を吐きながら圧迫をゆるめる。

このページの先頭へ