「妊娠中によくあるトラブル」の記事一覧

妊娠中の出血、腹痛、お腹の張り、手足のむくみ

マッサージを受ける女性

以下の症状がある時は診察を受けましょう 出血がある時 ショーツに血がついていたら子宮からの出血の可能性があるので診察を受けるようにしましょう。 病院へ行くときは生理用ナプキンを充てて行くと良いでしょう。 痔や子宮膣部びら・・・

切迫流産|動き過ぎでなることが多い

悩む女性

妊娠初期のトラブルで一番気をつけたい流産ですが流産の一歩手前の状態、言い換えると流産をしかけている状態を切迫流産と言います。 ただし、切迫流産と診断されたからといってそのまま流産に繋がるわけではなく安静を保つことによって・・・

流産|多くの場合赤ちゃんの発育不良

後ろを向く女性

妊娠22週未満の時期までに妊娠中断してしまうことを流産と言います。 発生率は10%から10数%で比較的多いトラブルとされています。 そして30代以上の場合は、20代と比べて数%流産の確率が高くなると言われています。 流産・・・

子宮外妊娠と胞状奇胎

ナースステーション

子宮外妊娠とは 妊娠初期の超音波検査で発見可能 本来は子宮内幕に着床すべき受精卵がそれ以外の場所に着床してしまうことを子宮外妊娠と言います。 90%は卵管に着床するもので、妊娠7,8週ごろになり受精卵が発育して大きくなっ・・・

切迫早産|無理をしないことが予防

診察室

妊娠22~36週に分娩がおこることを早産と言いますが早産になりそうな状態を切迫早産と言います。 お腹が頻繁に張る、出血がある、腰がだるいなどの症状があります。 切迫早産の原因としては、過労、感染、以前の流産、妊娠中毒症、・・・

早産|赤ちゃんが未熟のまま生まれる

屋上の医師と看護師

妊娠22~36週に分娩がおこることを早産と言い、発生率は約5%で、年齢的なこととは直接関係ないようです。 ただし、子宮筋腫や妊娠中毒症、糖尿病を合併している場合は早産がおこりやすくなるとされています。 その他、子宮頚管無・・・

妊娠中毒症|高血圧・蛋白尿・むくみが主症状

診察中の医師と看護師

妊娠中毒症は、妊娠という身体への負担によっておこる高血圧、タンパク尿、むくみを症状とす状態が妊娠中毒症です。 妊娠中の定期健診が充実した現在では、妊娠中毒症は少なくなりましたがそれでも5%程度の妊婦さんに発症していると言・・・

妊娠糖尿病|前置胎盤

調べている看護師

妊娠糖尿病 妊娠中だけ糖尿病状態になる病気 糖の代謝がうまくいかずに血液中の糖の数値(血糖値)が慢性的に高くなる病気が糖尿病ですがこれが妊娠中だけにあらわれるケースがあり糖尿病と区別して妊娠糖尿病と言われています。 出産・・・

さかご(骨盤位)

妊婦さんのお腹と赤ちゃんの靴下

5歳以上の初産でさかごなら帝王切開になる率が高いとされています。 出産時、赤ちゃんは頭を下、足を上にした姿勢(頭位)で生まれてきます。 その為、子宮内の羊水の中で動き回っていた赤ちゃんも妊娠後期になって出産が近づくと頭を・・・

前期破水と常位胎盤早期剥離

妊娠中女性の散歩

前期破水 陣痛が起こる前に破水してしまう羊膜が破れて中の羊水が漏れ出ることを破水といいます。 通常は分娩開始後に子宮口が全開してからおこるものです。 しかし、それ以前に破水することも多く分娩開始前に破水することを前期破水・・・

貧血、むくみ、静脈瘤、妊娠線、腰痛、足が痛い、こむらがえり、頭痛、便秘、痔、痒み

足のマッサージを受ける女性

妊娠貧血 貧血は血液の成分である赤血球の中のヘモグロビンが少なくなった状態を指します。 原因で一番多いのが、ヘモグロビンの材料である鉄分の不足でそれを鉄欠乏性貧血と言い、妊娠すると多くの人は貧血気味になります。 妊娠中期・・・

妊娠時に合併する婦人科の病気

カルテ読む女医

子宮筋腫 子宮筋腫は子宮に出来る硬いコブで筋層内の筋腫細胞が大きくなったものです。 良性腫瘍の一種で30代以上の女性の5人に一人は筋腫を持っていると言われるほど多いものですが、生理の量が多かったり生理痛があるほかはよほど・・・

妊娠中と産後の便秘の原因について

悩む女性

日本人女性の3人に1人は便秘症であるといわれており、排便がスムーズでなく、お腹が張る、肌が荒れるといった症状を伴ったら便秘症といえるでしょう。 特に妊娠中に便秘になる原因としては、黄体ホルモンの影響、精神的ストレス、大腸・・・

このページの先頭へ