子供のアトピー克服

子供の笑顔

アトピー性皮膚炎の皮膚はカサつき、外界からの異物や刺激に弱く小さな刺激でも過敏に反応し痒みが生じるとされます。

皮膚の防御機能の低下した皮膚は毎日の肌のお手入れが重要になります。

アトピーの皮膚は少しの刺激でも傷がつき外界からのアレルゲンや微生物など炎症を引き起こす物質が侵入し炎症が拡大、増幅するという悪循環に陥ります。

アトピーの悪化を防ぐには、皮膚を清潔に保ち乾燥や刺激から守ることに加え、体の中からのケアも大切になります。

1(アトピー克服原則)環境の浄化

外部環境の浄化

外部環境で分かりやすい例をあげると自動車の排気ガスや花粉症を例にとってみましょう。

最近わかっていることは、自動車の粉じんが花粉症発症と関連があるようです。

都市と山林部では花粉の量は1対6の割合で山林部が多いのに、花粉症の発症率は逆に都市に多いのが現状です。

その花粉症の原因は排気ガスに含まれる粉じんがアレルギー反応を促進する作用をしていることが最近になってわかってきました。

食品の選択を厳しくすること市販の食品は、そのほとんどが食品添加物や農薬などが入っているものとみて間違いはありません。

これらの食品添加物や農薬がアレルゲンとして作用しないという保証はないのでなるべく食品を選ぶさいは注意して選びましょう。

住居と寝具の工夫最近の住居では機密性が高い窓ガラス等が使用されていますので、部屋の中は空気の流れが悪く、エアコンなどで室内温度が快適に保たれているためダニやカビの増殖に好ましい環境をつくっています。

寝具のダニを出来るだけ減らすように工夫することも肝心なアトピー対策です。

内部環境(腸内環境)の浄化

外部環境の汚染から身を守る方法は一般的に関心が持たれ色々な方法が考案されていますが、内部環境つまり腸内環境についてはまだ強い関心が払われていないようです。

腸内の粘膜には絨毛があるため見た目よりはるかに表面積が多いのです。

この莫大な腸管面積に接触する腸管内容物や腸内環境がアレルギーと密接な関係にあることは意外に知られておりません。

腸内環境とは?(続きを読む)

腸内環境が健全であれば大きな分子であるタンパク質はそのまま腸粘膜を通過することはできません。

したがって、タンパク質が大きな分子のままで腸粘膜を通過して体内に侵入してアレルギー反応を起こすことは腸内環境になんらかの異常があるとみて良いでしょう。

2(アトピー克服原則)健全な皮膚と粘膜

アレルゲンを外部から体内に侵入させない工夫が必要です。

つまり、健全な皮膚と粘膜を作り上げることが重要になってきます。

人間の皮膚は外部から異物の侵入を防ぐ為にバリアーの機能を果たしています。

この皮膚や粘膜が健全であれば外部に異物がたくさんあっても体内に進入できません。

アレルゲンは外部に無数存在し全てを調べても不完全に終わる可能性があります。

健全な皮膚と粘膜であれば外部にいくらアレルゲンがたくさんあってもアトピーの発症を予防できると考えます。

3(アトピー克服原則)体内に侵入したアレルゲンの迅速な補足処理

この問題につきましては、現代医学の立場、東洋医学の立場その他療法を含め立場によっては全く逆な対処をすることがあるようです。

良く調べて納得のいった方法を選択するのが最良の選択といえるでしょう。

現代療法の一例を紹介しますと、例えば体内に侵入してきた抗原と抗体がドッキングした結果、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエイターが出てきて皮膚に到達してアトピー性皮膚炎が発症すると解釈します。

抗原が侵入してきても抗原と抗体がドッキングできない方法を工夫したり抗体の産出を抑える方法を考案するということを治療法をであると主張しています。

一方逆の立場のアトピー治療法ではアトピーの症状が一時的にひどくなっても、これは高原を捕まえてすみやかに処理してくれるために出てきた症状なのだと納得しむしろ症状を感謝して受け止めようと解釈する治療法も存在しています。

2子供の免疫力

このページの先頭へ