「子供によくあるケガと応急手当」の記事一覧

子供のやけど|すぐに水で冷やす

走る子供

火傷は広さや深さによって分類され、やけどの深さは1~3度に分けられています。 皮膚の構造は、表から内側に向けて表皮、真皮、皮下細胞の順に層になっています。 一度は、最も軽く表皮だけが損傷を受けるものでやけどの部分が赤くな・・・

子供の異物の誤飲や気道に吸い込んだ時の対処

積み木と子供

喉に物が詰まった場合 食べ物や異物が喉につかえたり、食堂や気管の入り口に詰まった場合でも突然呼吸が出来なくなるので注意が必要です。 応急手当 口や喉にある異物は頭を下げさせて咳をさせると出ることがあります。 異物が気道の・・・

目、耳、鼻、性器に異物が入った場合の対処

絵を描く子供

目にゴミが入った場合 原因 空気中のゴミ、虫、粉、洗剤、シャンプーなどの液体が子供の眼に入ることがあります。 乳児の場合は、まつ毛が角膜に向かい生えていると角膜が常に刺激されて傷がつく場合があります。 異物が入っていない・・・

子供の切り傷、擦り傷、刺し傷

走る子供

皮膚を切ってしまった場合 子供は遊んでいる中で、ころんだり、刃物やガラスで遊んでいて切り傷をつくることがよくあります。 擦り傷とは異なり、傷口は直線的に切れてきれいに見えますが傷が皮下組織にまで及んでいることが殆どで、多・・・

子供の打ち身、打撲、捻挫、突き指、脱臼、骨折

順番を待つ子供

指をはさんだ場合 ドア、タンス、引き出しなどの開閉時に子供が手や足の指を挟むことは頻繁に起こります。 指に傷がない時の応急手当 挟んだ指に傷がない時はすぐに冷水で冷やしましょう。 程度が軽ければ冷やすだけで治まる場合もあ・・・

子供が動物に噛まれる、虫に刺される

砂遊び子供

動物に噛まれた場合 動物に噛まれた時の傷を咬創と言い、犬、猫など家畜、ペットとして飼われている動物に噛まれるのが殆どです。 噛まれたり、ひっかかれたりして、歯や爪の跡がつき皮下出血するか皮下組織に食い込んだ傷ができる場合・・・

水に溺れた場合と感電した場合

海で遊ぶ子供

水に溺れた場合 家庭での水の事故はお風呂に落ちることが多いようです。 幼児や学童では戸外の池、川、海などで溺れることが多いようで、大人が子供の行動に注意して未然に防ぐことが大切です。 応急手当 水に溺れて起きた呼吸が出来・・・

一酸化炭素中毒と食中毒の対処法

鍋と子供

一酸化炭素中毒の場合 中毒による死亡事故で一番多い事故だとされます。 一酸化炭素中毒は酸素の供給が十分ではないところで炭素や炭素化合物を燃焼するときに起こります。 ガス、石油ストーブが不完全燃焼を起こしたり車の中の排気ガ・・・

子供が日射病の場合と脳貧血を起こした場合

日光浴 親子

日射病になった場合 子供は日光の直射を受けたり、高温の場所に長時間いると日射病や熱射病にかかります。 子供が夏に熱を出す場合、このような状態が原因の夏季熱と呼ばれます。 原因 子供は大人に比べて体温の調節中枢が未熟であっ・・・

子供がひきつけやショックを起こした場合

寝ころぶ親子

ひきつけを起こしたら ひきつけとは、痙攣の一種で、乳幼児では熱性痙攣と言って熱が出るとひきつけを起こす場合があります。 けいれんは多くの疾患でもみられる症状の1つとされ、けいれん発作を繰り返すことは、危険を伴います。 け・・・

子供が鼻血を出した場合と血を吐いた場合

ケーキを食べる子供

鼻血を出した場合 子供が鼻血を出すことはよくあり、多くは簡単な応急手当で止まります。 鼻血が出る部位は鼻中隔といい、2つの鼻の穴が奥で1つにつながる場所です。 この入口に近い場所は粘膜の下に血管が多くよく出血します。 応・・・

このページの先頭へ