子供が突然の高熱を出した場合

お母さんが子供の熱を計る

突然の高熱

子供でも特に幼児や学童が突然高熱を出すことがあります。

よく観察すると、発熱とともに、食欲が無い普段より活発ではないなど兆候があります。

熱がなくてもこのような時は、体温計で測ってみると良いでしょう。

突然の高熱で最も多いのは感染症、咽頭炎、扁桃炎のケースが多いとされます。

口を開けさせて喉を覗くと、真っ赤になっていたり白い膿が出ていることがあります。

原因は細菌やウィルスによる感染症の可能性が有ります。

細菌によっては重篤な合併症を起こす可能性があるので注意が必要です。

抗生物質の必要があるので病院へ行きましょう。

咳や鼻汁が伴う時は、肺炎やインフルエンザの可能性が有ります。

家庭でかかりやすい感染症の種類についての解説

腎盂腎炎や膀胱炎では尿を検査しないと判別がつかない時もあります。

その他、敗血症、リウマチ熱、白血病、悪性腫瘍も初期症状として高熱が出ることがあるとされます。

耳の痛みが伴う場合は中耳炎の可能性があるとされます。

麻疹(はしか)でも熱が出ますが風邪の症状を伴い風疹では高熱に伴い発疹が出るとされます。

乳児では突発性発疹という熱が多いようですが下痢を伴い解熱後に発疹があるとされます。

川崎病の場合は、乳児に多い病気で突然39度前後の高熱が出るとされます。

数日後には目の充血、手足のむくみを伴うとされ発熱後に発疹があらわれます。

病気以外では、蒸し暑い夜が数日続いた時、夜中から朝にかけて高熱になる小児がいますが夏季熱と呼ばれ水分の不足気味の幼児や乳児にみられるとされます。

家庭内に肺結核症の人がいる場合に突然高熱が出た場合は注意が必要です。

いずれにせよ、高熱が出たら病院へ行き医師の診察を受けましょう。

2子供の免疫力

このページの先頭へ