「高齢者がかかりやすい病気」の記事一覧

高齢になると、身体機能の低下、抵抗力の低下によって様々な病気や障害のリスクが高まります。

高齢者の体の変化には、感覚が鈍くなったり、飲み込みにくくなったり、耳の聞こえが悪くなったり、視力が低下し、視野が狭くなり、身体動作が鈍くなるので注意が必要です。

高齢者に多い尿失禁

尿失禁する高齢者

尿失禁とは大別すると3種類に分かれますがいずれも自分の意志とは関係なく尿漏れが起きてしまう事を指します。 原因は様々で対策も尿失禁の種類ごとに変わります。 1:機能性尿失禁 膀胱、尿道、神経には異常は無いものの 痴呆、意・・・

高齢者に多い前立腺肥大症

前立腺肥大の高齢者

前立腺は、恥骨(骨盤を形成する骨のひとつで、下腹部に触れることができます)の裏側に位置し、栗の実のような形をしています。 前立腺は精液の一部を分泌する作用と膀胱の出口をしめる括約筋の働きをしています。 尿道の周囲にある内・・・

高齢者の風邪とインフルエンザ

風邪をひいた高齢者

風邪 風邪とは鼻や口から入った病原微生物によって引き起こされる炎症を指します。 ほとんどがウィルスによる感染が原因とされます。 感染した部位によって鼻炎や咽頭炎と呼ばれます。 鼻や喉の炎症が声帯や気管支に及ぶと声がかれた・・・

高齢者に多い肺炎

健康な肺と肺がんイラスト

肺炎とは感染症により肺に炎症が起こる病気です。 感染症はウィルスや細菌によって引き起こされます。 高齢者の直接的な死因の多くが肺炎だと言われています。 多くは他の病気の合併症として肺炎になります。 肺炎は病院の外で感染す・・・

高齢者の尿路感染症

尿路の手術 高齢者

尿路感染症とは、尿路である腎臓から尿道までの部位で起こった感染症を指します。 炎症を起こした部位で、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎と呼ばれます。 原因となる細菌は大腸菌がほとんどとされます。 感染の経路は、尿道→膀胱→尿管→腎・・・

感染性胃腸炎と食中毒

元気のない胃

感染性胃腸炎は、細菌が原因となり発症する病気です。 発熱、下痢、嘔吐、腹痛などの症状が出ます。 時々感染する胃腸炎、食中毒として集団発生する胃腸炎海外で旅行者が感染して下痢症になるケースがあります。 いずれのケースでも水・・・

高齢者のMRSA感染症

抗生物質の注射

MRSAとは、抗生物質に抵抗力を持った耐性菌を指します。 病院では院内感染で広がり体力の弱くなった人が重症化するのが特徴です。 抗生物質ではこのMRSAを完全に除くことは出来ません。 MRSAは健康な人の表皮にも付着して・・・

高齢者に多い結核症

結核菌

結核症は、結核菌による感染症で肺結核と肺外結核に分類されます。 結核症の発症は減少していますが今でも毎年約3万人の患者が存在するとされます。 結核は飛沫感染で感染しますが、飛沫感染は、結核菌を含む粉塵を肺に吸入することで・・・

高齢者に多い高血圧症

血圧

高血圧症は、血圧が高くなるとともに心肥大、狭心症、心筋梗塞、脳卒中などに進行するとされます。 血圧には、最高血圧と最低血圧があります。 最高血圧は、心臓が収縮した時の動脈内の圧力で最低血圧は、心臓が拡張した時の圧力を指し・・・

高齢者に多い狭心症・心筋梗塞

心臓に手を当てる男性

心臓の筋肉は、冠状動脈から酸素と栄養が供給されています。 この冠状動脈が動脈硬化などにより細くなると心筋が酸素不足を起こす状態を虚血性心疾患と呼びます。 虚血性心疾患には、狭心症、心筋梗塞と無症候性心筋虚血があります。 ・・・

高齢者の不整脈

脈をとる

心臓が血液を送り出すメカニズムは、右心房で発生する電気信号が、心房から房室結節→ヒス束→心室という順序で伝わり心筋がリズミカルに収縮して血液を送り出します。 不整脈とはこの電気刺激と心臓収縮のリズムが乱れた状態を指します・・・

高齢者の慢性心不全

心不全で倒れた老人

心臓は全身に血液を送り出す働きをしています。 この送り出し循環させている働きが低下すると全身の臓器や組織に血液が循環しなくなり肺や身体の血液がうっ滞し、この状態をうっ血性心不全と言います。 心不全は急性と慢性に分類されて・・・

高齢者に多い閉塞性動脈硬化症

動脈硬化

閉塞性動脈硬化症とは、動脈硬化が原因で手足の動脈の血液循環が障害された病気を指します。 高血圧症、糖尿病、高脂血症などが動脈硬化の原因となります。 動脈硬化は全身で進行するため、虚血性心疾患、慢性腎不全脳血管障害などが合・・・

高齢者に多い気管支喘息

咳する男性

気管支喘息とは気道が詰まって呼吸が苦しくなる発作を繰り返す病気です。 発作と発作の間は無症状であることが多いのが特徴です。 気道が詰まるのは、過敏な状態にある気道を取り巻く平滑筋が収縮して、粘膜がむくみ、痰がつまる症状が・・・

高齢者に多い慢性気管支炎と肺気腫

肺

息を吐く時に気道が閉塞する呼吸困難を起こす病気に慢性気管支炎と肺気腫があります。 慢性気管支炎は症状から医師により診断されます。 冬期3ヶ月間で2年連続で咳と痰がある病気で高齢者に多いのが特徴です。 肺気腫は肺胞と呼ばれ・・・

高齢者に多い慢性呼吸不全

肺と呼吸

肺は吸気から酸素を血液中に取り入れて血液中の二酸化炭素を呼気中に排出します。 このような肺の機能をガス交換と言います。 慢性呼吸不全は肺のガス交換が1ヶ月以上の間、障害される状態を言います。 症状の観察 高齢者の慢性呼吸・・・

高齢者に多い高脂血症

肥満

高脂血症とは、血液中の脂質が増加した状態を指します。 進行すると動脈硬化、虚血性心疾患、脳梗塞など重篤な合併症を引き起こします。 血液中にはコレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸という4つの資質がタンパク質と結び・・・

高齢者に多い糖尿病

インスリン 注射

糖尿病は血糖値が高くなることにより全身の臓器に異常が出る病気です。 糖尿病の詳しい解説はコチラ 高齢者の糖尿病の多くは膵臓のランゲルハンス島からのインスリンの分泌が減少しインスリンが機能しなくなる状態です。 40歳以上で・・・

高齢者に多い肥満症

肥満男性

肥満とは脂肪が過剰に蓄積された状態を指します。 エネルギーの過剰摂取と運動不足などで肥満になります。 お腹の臓器に脂肪のたまっている場所が病気の原因となります。 高齢者は筋肉と水分の割合が少なくなるため生理的に脂肪の比率・・・

高齢者に多いビタミン欠乏症

食事する老人

ビタミンは必要不可欠な栄養素ですが体の中で合成が出来ないので食物から摂取する必要があります。 バランスの良い食事を心がけていれば欠乏はしませんが変色などが続いたり、食欲が減衰した時、感染症の時や火傷などにより必要量が増え・・・

高齢者に多い高尿酸血症(痛風)

痛風の女性

高尿酸血症とは体内に尿酸が蓄積して、血液中の尿酸値が高くなる病気です。 放置すると痛風発作のリスクが高まります。 痛風発作とは関節に尿酸がたまり激しい痛みを感じる病気です。 高尿酸血症は、痛風の他に腎障害や尿路結石を引き・・・

痴呆症

痴呆の男性

痴呆症は、記憶障害や知能障害が起こる病気です。 アルツハイマー型痴呆や脳血管障害によるものが多いとされます。 老年性痴呆は65歳以上の高齢者の7%に起こるとされます。 日本では従来より血管性認知症が最も多いといわれていた・・・

脳血管障害(脳卒中)

脳

脳血管障害とは、脳の血管がつまったり破れたりして、手足の麻痺や意識障害などが症状として出る病気です。 脳血管障害には種類があり、一過性脳虚血発作、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があります。 一過性脳虚血発作 一過性脳虚血発・・・

パーキンソン病

脳派

中高年で発症し、手足のふるえ、動作緩慢、歩行障害などの症状が出ます。 脳の黒質線条体というドーパミン性神経細胞が変質して、体のバランスをとることや運動を調整する機能に障害が出ます。 10歳代~80歳代まで幅広く発症するが・・・

高齢者の不眠症

睡眠薬を飲む老人

高齢者の睡眠の特徴として、睡眠には個人差がありますが眠りが浅い、途中で目覚める、早朝覚醒するが昼は眠くなるなどの特徴があります。 不眠の原因は様々あり生活習慣を見直す必要があります。 症状の観察 睡眠障害には、入眠障害、・・・

高齢者のうつ病

頭を抱える老人

うつ病とは、気分の落ち込みを特徴とした機能性障害です。 気分がひどく落ち込んだり何事にも興味を持てなくなったり、おっくうだったり、だるかったりして強い苦痛を感じ、日常の生活に支障が現れるまでになった状態です。 高齢者で多・・・

高齢者に多い神経症と不安障害

リラックスする老夫婦

神経症とは、統合失調症や躁うつ病などよりも軽症であり、病因が器質的なものによらない精神疾患のことを指します。 心理的な要因が原因であることが多く症状は不安感、抑うつなどの精神的な症状から動悸、冷や汗など自律神経の症状、頭・・・

高齢者に多い胃炎と食道炎

元気な胃と元気の無い胃

急性胃炎 急性胃炎は、様々な原因で起きる胃粘膜の炎症で、日常的にも起こりやすい病気とされます。 暴飲暴食やコーヒーや緑茶などの嗜好品や唐辛子などの香辛料の摂りすぎ、風邪薬や鎮痛剤などの影響が原因となる場合もあります。 症・・・

高齢者に多い胃潰瘍と十二指腸潰瘍

診察する研修医

胃酸により胃や十二指腸の内壁に炎症が起き潰瘍が生じるものを胃潰瘍や十二指腸潰瘍と言います。 これらの器官は通常、粘膜や粘膜血流などの防御因子が胃酸、消化ホルモン、消化酵素などの攻撃因子から内壁を守り潰瘍が出来る事はありま・・・

高齢者に多い胆石症と胆嚢炎

調べる老人

肝臓でつくられた胆汁を貯めておく器官を胆のうと言います。 何らかの原因で胆管がつまる事があり胆石と言います。 高齢者は胆石が多いとされますが無症状のものは取り出さないこともあります。 胆のう炎は胆石が胆汁の流れを閉塞して・・・

このページの先頭へ