高齢者に多い狭心症・心筋梗塞

心臓に手を当てる男性

心臓の筋肉は、冠状動脈から酸素と栄養が供給されています。

この冠状動脈が動脈硬化などにより細くなると心筋が酸素不足を起こす状態を虚血性心疾患と呼びます。

虚血性心疾患には、狭心症、心筋梗塞と無症候性心筋虚血があります。

冠状動脈が動脈硬化で狭窄して心筋の酸素が不足して一時的に胸痛などの症状が生じた状態を狭心症と呼びます。

冠状動脈が動脈硬化や血栓のためにつまり、その先の心筋細胞が酸素不足で壊死を起こす状態を心筋梗塞と呼びます。

心電図上では心筋の虚血がみられるが症状がないものを無症候性心筋虚血と言います。

症状の観察

狭心痛という胸の痛みがあり、胸の中央が締め付けられるような痛みと圧迫感を感じます。

数分以内に治まる場合は狭心症の可能性があり15分以上強烈な痛みがある場合は心筋梗塞の可能性があるとされます。

痛みを感じる場所は、みぞおち、左胸部、左肩、のどもと、あごなどに感じることもあるとされます。

狭心症では胸痛のために血圧が上昇します。

心筋梗塞では心機能が低下するため血圧が低下します。

顔色が悪くなり、冷や汗をかいたり、意識が低下することもあります。

歩行中や階段を上がっている時など運動で誘発される狭心症が労作性狭心症です。

安静にすると回復するのが特徴とされます。

安静時に狭心痛が生じるのが異型狭心症と心筋梗塞とされます。

明け方に多いという特徴があります。

普段の生活でも発作が起こりやすくなるとされるので顔色、意識、呼吸などの観察が大切とされます。

異常がある時は、血圧、脈拍を測定し医師と相談すると良いでしょう。

心筋梗塞の危険因子

ストレス:不規則な生活:高脂血症:低HDL血症:高血圧:糖尿病:たばこ:肥満

生活習慣病の予防法

応急処置

発作が起きた時は、衣服をゆるめ、座らせるか、ベットに寝かせ安静を保ち、深呼吸をして落ち着かせましょう。

初回発作、発作回数が増えた時、痛みが強かったり、長引く時、安静時に痛みがあったり意識の混濁があったり血圧低下がある時は不安定狭心症や心筋梗塞の可能性があるので救急車を呼びましょう。

ニトログリセリンを処方されている時は、舌下錠は、発作が起きたら下の下に入れます。

この薬は血圧が低下するので椅子に座らせたりベットに寝かせましょう。

また、外出時は携帯するようにしましょう。

血圧の変化を避ける事が大切であるとされ、不安感、睡眠不足、運動、入浴などで寒暖の変化がある時は要注意です。

心筋梗塞の危険因子を避けるためにも、食事、運動など生活習慣の改善法を医師に相談しましょう。

免疫力 バナー

このページの先頭へ