「消化器の病気(高齢者編)」の記事一覧

高齢者に多い胃炎と食道炎

元気な胃と元気の無い胃

急性胃炎 急性胃炎は、様々な原因で起きる胃粘膜の炎症で、日常的にも起こりやすい病気とされます。 暴飲暴食やコーヒーや緑茶などの嗜好品や唐辛子などの香辛料の摂りすぎ、風邪薬や鎮痛剤などの影響が原因となる場合もあります。 症・・・

高齢者に多い胃潰瘍と十二指腸潰瘍

診察する研修医

胃酸により胃や十二指腸の内壁に炎症が起き潰瘍が生じるものを胃潰瘍や十二指腸潰瘍と言います。 これらの器官は通常、粘膜や粘膜血流などの防御因子が胃酸、消化ホルモン、消化酵素などの攻撃因子から内壁を守り潰瘍が出来る事はありま・・・

高齢者に多い胆石症と胆嚢炎

調べる老人

肝臓でつくられた胆汁を貯めておく器官を胆のうと言います。 何らかの原因で胆管がつまる事があり胆石と言います。 高齢者は胆石が多いとされますが無症状のものは取り出さないこともあります。 胆のう炎は胆石が胆汁の流れを閉塞して・・・

高齢者に多い膵臓の疾患

膵臓

膵臓は消化に必要な膵液を十二指腸内に分泌します。 また、血糖値を調整するホルモンであるインスリンを血液中に分泌する働きがあります。 膵炎とは自ら分泌する膵液により炎症を起こした状態を指し急性膵炎、慢性膵炎などがあります。・・・

高齢者に多い肝臓の疾患

元気な肝臓と元気のない肝臓

肝臓病の約8割がウィルス性肝炎によるものとされ、その中で約7割がC型肝炎で、約2割がB型肝炎とされます。 C型の感染経路は血液で、過去の輸血や針が原因となります。 C型肝炎の更に詳しい解説 B型の感染経路は血液で、母子感・・・

高齢者の便秘と便失禁

トイレ

便秘とは、便がなんらかの理由で滞り排便に支障が出る状態を指します。 便秘の種類には腸の機能が低下して起こる便秘となんらかの病気が原因で起こる便秘があります。 機能の低下で起こる便秘を機能性便秘と言い病気が原因で起こる便秘・・・

このページの先頭へ