高齢者に多い肝臓の疾患

元気な肝臓と元気のない肝臓

肝臓病の約8割がウィルス性肝炎によるものとされ、その中で約7割がC型肝炎で、約2割がB型肝炎とされます。

C型の感染経路は血液で、過去の輸血や針が原因となります。

C型肝炎の更に詳しい解説

B型の感染経路は血液で、母子感染や過去の輸血や針が原因となります。

B型肝炎の更に詳しい解説

高齢者の多くは過去にA型急性肝炎にかかっているので抗体があるとされています。

A型の感染経路は、生水によるものが殆どで、塩素消毒している水では感染しません。

A型肝炎の更に詳しい解説

慢性肝炎になると肝臓の細胞が徐々に破壊され線維化が進み、進行すると肝硬変や肝癌になります。

症状の観察

急性肝炎の症状は、風邪の症状ににてだるい、疲れやすい、微熱がある、食欲が無い、頭痛などがあります。

高齢者の自覚症状は少ないので注意が必要です。

黄疸が出ることがあり、白目が黄色くなったり進行すると皮膚が黄色くなります。

肝硬変になると腹水がたまるためお腹が出てきます。

顔や足のむくみが出て、重症化すると昏睡や吐血などもあります。

介護

食後は安静にして激しい運動は控えます。

脂肪肝にならないように高カロリーなものは避けましょう。

肝硬変の食事では、低たんぱく、減塩食が中心となり、医師に相談して適切な献立を考えましょう。

免疫力 バナー

このページの先頭へ