高齢者に多い膵臓の疾患

膵臓

膵臓は消化に必要な膵液を十二指腸内に分泌します。

また、血糖値を調整するホルモンであるインスリンを血液中に分泌する働きがあります。

膵炎とは自ら分泌する膵液により炎症を起こした状態を指し急性膵炎、慢性膵炎などがあります。

いずれの膵炎も、アルコールと胆石が原因となったもので高齢者では胆石原因でなることが多いようです。

膵臓の病気の種類と解説

症状の観察

急性膵炎は、腹部や背部に痛みが出ることがあるとされます。

痛みが出たら医師の診察を受ける必要があります。

慢性膵炎は、腹痛、背部痛、体重減少などが起こります。

黄疸が出ることもあり、原因としては過度な飲酒、糖尿病、膵管内結石などがあります。

膵ガンでは黄疸の症状が出るとされます。

膵臓癌は初期では無症状の事が多く定期的な検査が必要です。

自分で出来る早期がん検査キットなどがおすすめです。

介護

お酒は控え、糖尿病との合併が多いので医師に相談しながらすすめるとよいでしょう。

免疫力 バナー

このページの先頭へ