高齢者に多い胃潰瘍と十二指腸潰瘍

診察する研修医

酸により胃や十二指腸の内壁に炎症が起き潰瘍が生じるものを胃潰瘍や十二指腸潰瘍と言います。

これらの器官は通常、粘膜や粘膜血流などの防御因子が胃酸、消化ホルモン、消化酵素などの攻撃因子から内壁を守り潰瘍が出来る事はありません。

ストレス、タバコ、アルコールなどが原因で胃液分泌が亢進して潰瘍になるとされます。

症状の観察

症状としてみずおちの痛み、吐き気、嘔吐、胸やけ食欲不振、腹部膨満感などがあるとされます。

重症の場合は吐血、下血があるとされます。

ストレスがあるかどうかも確認する必要があります。

また、貧血の症状があるかどうかも確認する必要があります。

ステロイドの長期使用が原因となることがあるので腰痛、神経痛、リウマチなどでステロイドの使用の有無を確認します。

介護

心身の安静が大切なので、ストレスを遠ざけ禁煙しましょう。

食生活では、刺激物を避けて消化吸収の良い食物にしましょう。

高カロリー、高ビタミン食を心がけましょう。

ビタミンの種類や働き、含まれる食材について

吐血がある時は、食事を控え水分補給をしましょう。

症状が重い場合は医師に相談しましょう。

ヘリコバクター・ピロリ菌

慢性胃炎の原因の一つにピロリ菌があります。

ピロリ菌が胃粘膜に付着して感染すると胃や十二指腸潰瘍、胃がんに進行しやすくなるとされます。

最近では、自宅でも出来るピロリ菌検査キットなども販売されています。

免疫力 バナー

このページの先頭へ