「感染症の種類(高齢者編)」の記事一覧

高齢者の風邪とインフルエンザ

風邪をひいた高齢者

風邪 風邪とは鼻や口から入った病原微生物によって引き起こされる炎症を指します。 ほとんどがウィルスによる感染が原因とされます。 感染した部位によって鼻炎や咽頭炎と呼ばれます。 鼻や喉の炎症が声帯や気管支に及ぶと声がかれた・・・

高齢者に多い肺炎

健康な肺と肺がんイラスト

肺炎とは感染症により肺に炎症が起こる病気です。 感染症はウィルスや細菌によって引き起こされます。 高齢者の直接的な死因の多くが肺炎だと言われています。 多くは他の病気の合併症として肺炎になります。 肺炎は病院の外で感染す・・・

高齢者の尿路感染症

尿路の手術 高齢者

尿路感染症とは、尿路である腎臓から尿道までの部位で起こった感染症を指します。 炎症を起こした部位で、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎と呼ばれます。 原因となる細菌は大腸菌がほとんどとされます。 感染の経路は、尿道→膀胱→尿管→腎・・・

感染性胃腸炎と食中毒

元気のない胃

感染性胃腸炎は、細菌が原因となり発症する病気です。 発熱、下痢、嘔吐、腹痛などの症状が出ます。 時々感染する胃腸炎、食中毒として集団発生する胃腸炎海外で旅行者が感染して下痢症になるケースがあります。 いずれのケースでも水・・・

高齢者のMRSA感染症

抗生物質の注射

MRSAとは、抗生物質に抵抗力を持った耐性菌を指します。 病院では院内感染で広がり体力の弱くなった人が重症化するのが特徴です。 抗生物質ではこのMRSAを完全に除くことは出来ません。 MRSAは健康な人の表皮にも付着して・・・

高齢者に多い結核症

結核菌

結核症は、結核菌による感染症で肺結核と肺外結核に分類されます。 結核症の発症は減少していますが今でも毎年約3万人の患者が存在するとされます。 結核は飛沫感染で感染しますが、飛沫感染は、結核菌を含む粉塵を肺に吸入することで・・・

このページの先頭へ