高齢者の尿路感染症

尿路の手術 高齢者

尿路感染症とは、尿路である腎臓から尿道までの部位で起こった感染症を指します。

炎症を起こした部位で、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎と呼ばれます。

原因となる細菌大腸菌がほとんどとされます。

感染の経路は、尿道→膀胱→尿管→腎盂というふうに感染するとされます。

女性に多いとされますが、尿道口が肛門に近く尿道が短いためとされます。

60歳以上では、男女差がほとんど無くなるとされます。

尿路感染症の種類

腎盂腎炎:悪寒、高熱、ふるえ、腰痛、混濁尿

膀胱炎:頻尿、残尿感、排尿時の痛み、血尿

尿道炎:排尿時の痛み、尿道のかゆみ、尿道口からの膿

前立腺炎:悪寒、高熱、ふるえ、会陰部痛、混濁尿

症状の感染

症状は炎症を起こした部位によって違いがあります。

肺炎やインフルエンザなどの呼吸器感染症の次に腎盂腎炎や前立腺炎の可能性があります。

高熱が出た時は医師の診察を受けましょう。

自立して動ける高齢者の場合は、残尿感、痛み、血尿などの症状で気がつくことがあるとされます。

寝たきりの高齢者の場合は、発熱、おむつに付着した血尿や尿の濁りでわかるとされます。

応急処置

水分をたくさん摂取したり利尿効果のあるお茶が良いとされます。

アルコールや香辛料は炎症を強くする可能性があり控えたほうが良いでしょう。

女性の感染症の予防として外陰部の衛生管理が大切であるとされます。

何度も繰り返す場合は、慢性化している可能もあり子宮がんなどの婦人科系の疾患を合併している可能性があります。

病院で医師の診察を受けるようにしましょう。

子宮ガンの詳しい解説はコチラ

膀胱炎の時は、冷えや体力の低下が症状を悪化させるのでお腹を冷やさないようにしたほうが良いとされます。

尿道に炎症が起きて痛みや膿を伴う時は尿道炎の可能性があり原因は多くの場合細菌の増殖であることが多いとされます。

淋菌性尿道炎とクラミジア尿道炎が最も多いとされます。

尿路感染の場合は、膀胱炎が多く腎盂腎炎のケースは少ないとされます。

抗生物質での治療となるので病院で診察を受けましょう。

前立腺炎は、前立腺肥大症があると合併しやすくなるとされます。

予防

免疫力が高いことが大切であるので、健康的な生活習慣と性器を清潔に保つことが大切であるとされます。

免疫力 バナー

このページの先頭へ