「代謝と栄養の病気(高齢者編)」の記事一覧

高齢者に多い高脂血症

肥満

高脂血症とは、血液中の脂質が増加した状態を指します。 進行すると動脈硬化、虚血性心疾患、脳梗塞など重篤な合併症を引き起こします。 血液中にはコレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸という4つの資質がタンパク質と結び・・・

高齢者に多い糖尿病

インスリン 注射

糖尿病は血糖値が高くなることにより全身の臓器に異常が出る病気です。 糖尿病の詳しい解説はコチラ 高齢者の糖尿病の多くは膵臓のランゲルハンス島からのインスリンの分泌が減少しインスリンが機能しなくなる状態です。 40歳以上で・・・

高齢者に多い肥満症

肥満男性

肥満とは脂肪が過剰に蓄積された状態を指します。 エネルギーの過剰摂取と運動不足などで肥満になります。 お腹の臓器に脂肪のたまっている場所が病気の原因となります。 高齢者は筋肉と水分の割合が少なくなるため生理的に脂肪の比率・・・

高齢者に多いビタミン欠乏症

食事する老人

ビタミンは必要不可欠な栄養素ですが体の中で合成が出来ないので食物から摂取する必要があります。 バランスの良い食事を心がけていれば欠乏はしませんが変色などが続いたり、食欲が減衰した時、感染症の時や火傷などにより必要量が増え・・・

高齢者に多い高尿酸血症(痛風)

痛風の女性

高尿酸血症とは体内に尿酸が蓄積して、血液中の尿酸値が高くなる病気です。 放置すると痛風発作のリスクが高まります。 痛風発作とは関節に尿酸がたまり激しい痛みを感じる病気です。 高尿酸血症は、痛風の他に腎障害や尿路結石を引き・・・

このページの先頭へ