高齢者に多いビタミン欠乏症

食事する老人

ビタミンは必要不可欠な栄養素ですが体の中で合成が出来ないので食物から摂取する必要があります。

バランスの良い食事を心がけていれば欠乏はしませんが変色などが続いたり、食欲が減衰した時、感染症の時や火傷などにより必要量が増えた時はビタミン欠乏症を発症します。

ビタミンには水溶性ビタミン、脂溶性ビタミンが有ります。

また逆に過剰症もありますが脂溶性ビタミンであるビタミンAビタミンDなどがそれにあたります。

ミネラルにも欠乏症や過剰症があります。

ビタミンとミネラルの種類と働きの詳しい解説はコチラ

症状の観察

ビタミンの摂取量が減少した時は、食事量の減少、吸収障害、下痢、などの時に起こります。

感染症による発熱時、熱傷の時などはビタミンは不足します。

ビタミンやミネラルが欠乏すると口内炎、口角炎、舌炎、皮膚炎、神経痛、貧血出血しやすい時は欠乏の可能性が有ります。

介護

野菜、きのこ、海藻類などのビタミンやミネラルは栄養素が効率的に働くための代謝を助けます。

ビタミンは体内で合成されないため食物で摂取するしかありません。

食事から摂取できない場合はサプリメントなどで効率的に摂取するのも良いでしょう。

免疫力 バナー

このページの先頭へ