脳血管障害(脳卒中)

脳

脳血管障害とは、脳の血管がつまったり破れたりして、手足の麻痺や意識障害などが症状として出る病気です。

脳血管障害には種類があり、一過性脳虚血発作、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があります。

一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作とは、一時的に脳の血管がつまり、しびれや麻痺などの神経症状が起き24時間以内に治まる発作です。

顔や手足にしびれや麻痺が起こったり、ろれつがまわらない、目がかすむ、めまいがする、運動失調など様々ですが症状は比較的軽く数分から10分程度で治まるとされます。

原因は頸動脈や中大動脈などの動脈硬化で生じた、血栓が腫れて脳の末梢血管に詰まる場合と血圧の低下などにより一時的に虚血症状を起こすものが考えられます。

この発作を繰り返している場合は、脳梗塞に移行する恐れがあります。

脳梗塞

脳梗塞には原因別に、アテローム性脳血栓、脳塞栓、ラクナ梗塞に分類されます。

アテローム性脳血栓は脳動脈の血管内で動脈硬化が進行して血流が途絶するものを指します。

脳梗塞の周囲に浮腫が生じて障害が大きくなります。

動脈が再び開通すると弱くなった血管が破れて脳出血を起こす場合もあるとされます。

動脈硬化が進める原因として、高血圧、糖尿病、高脂血症、加齢などがあります。

脳塞栓は、心臓内などにできた血栓がはがれて流れ、脳の血管に詰まった状態を指します。

心臓内の血栓は心房細動や弁膜症などで流れが悪くなるとできます。

ラクナ梗塞は細い動脈が詰まる病気で高血圧が原因とされます。

脳梗塞の中で最も多いタイプで、MRIにより発見が可能です。

数が少ない時は無症状ですが数が増えると感覚障害、運動障害、構音障害、知的障害などの症状が出ます。

脳出血

高血圧性脳出血のタイプが多く、動脈硬化により血管壁が弱くなり血管が破れます。

急速に症状が進行するのが特徴です。

出血部位の周囲に浮腫が広がるため、初期に症状が出たり脳圧が高まって意識障害が出ることがあります。

くも膜下出血

脳表面の軟膜とくも膜との間のくも膜腔に出血する病気です。

脳動脈瘤の破裂で脳動脈奇形の出血があります。

ハンマーで後頭部を叩かれたような激しい頭痛と吐き気があるのが特徴です。

出血の程度により軽いものから昏睡状態になるものまであります。

症状の観察

前触れ無く突然、頭痛、意識障害、嘔吐、けいれん、運動麻痺、などが生じた場合は、脳塞栓、脳出血、くも膜下出血の可能性があるので救急車を呼び病因に行きましょう。

障害が起きた場所により症状が違いますが病因ではCTやMRIによって診断がなされます。

介護

発作が起きたら救急車を呼びましょう。

ケアの注意点は再発防止のため、食事に注意し、血圧の安定をはかり動脈硬化の進行を抑えましょう。

また、急激な血圧低下にも注意をはらい起立性低血圧や食後低血圧にも注意しましょう。

医師の指示通りに抗血小板薬が処方されている場合は服薬しましょう。

廃用症候群や合併症の予防のために、関節の拘縮や筋肉の萎縮を防ぐためにリハビリを始めましょう。

食事、排泄、入浴のための体制を整備しましょう。

自立の援助を心がけ、食事の時は自助具の活用を考え、医師と相談しながらリハビリに努めましょう。

免疫力 バナー

このページの先頭へ