高齢者の呼吸に息苦しさがある時

看護を受ける高齢者

息苦しさがある時

息苦しさがあったり、息切れは気道や肺の病気で起こりますが心臓の病気でも起こるとされています。

様子を見て息苦しそうな時は注意が必要です。

考えられる病気は、誤嚥、肺炎、肺気腫、気管支炎、喘息心筋梗塞、自然気胸、肺塞栓、狭心症、慢性心不全などがあります。

呼吸の確認法

慢性の病気で、気管支喘息、肺気腫、慢性心不全などがあるかを確認します。

意識がない、胸痛がある時など重症に見える場合は救急車を呼びましょう。

気道が開くような姿勢にし、舌が後ろに落ち込んでいないかを確認します。

息をしているか、胸が動いているかを確認し唇や皮膚がチアノーゼを起こしていないかを確認します。

心臓が動いているか、脈をとり強さや回数を確認しましょう。

応急手当

気道に異物がある場合や誤嚥が起こった時

食事中や嘔吐後に急に呼吸困難になった場合は喉に食物などが詰まった可能性があります。

救急車を呼び喉から異物を掻きだすなど応急措置が必要です。

呼吸困難で痛みを伴う時

救急車を呼び、急いで病院へ行きましょう。

自然気胸、肺塞栓症、心筋梗塞では症状が重くなりチアノーゼが出たり、血圧も下がるとされます。

発熱、たん、咳などを伴う時

気管支炎や肺炎が考えられるので医師に相談しましょう。

息切れなどが有る時

肺気腫や気管支喘息では吐く息が長いのが特徴です。

また、肺気腫でも息切れを訴える事が多いとされます。

発作時には起座位が楽なようです。

在宅療法を行なっている場合は医師に相談しましょう。

手足のむくみ、食欲不振、お腹の張りを伴う時うっ血性心不全の可能性があり、慢性の経過をたどるとされます。

発作時は起座位をとって酸素を吸うと良いとされます。

病院

病院では、胸部X線検査、心電図検査、血液検査、呼吸機能検査などがなされます。

免疫力 バナー

このページの先頭へ