クラミジア感染症年次推移(男女比・年齢比)統計データ

性器クラミジア感染症 年次推移

平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
定点医療機関数971病院961病院965病院967病院971病院
男性患者数1240111845124281173611470
女性患者数1599714200138871394613060
総数2839826045263152568224530
0~4歳24143
5~9歳01010
10~14歳4441433543
15~19歳31702955287428912789
20~24歳78487057680364206234
25~29歳62135729569255525271
30~34歳44983939412640713826
35~39歳29122700287528792731
40~44歳16941582166217111645
45~49歳97394410401036935
50~54歳490494578532547
55~59歳334305307259258
60歳以上220294314291248
総数2839826045263151568224530
(参照:厚生労働省統計)

クラミジア感染症は、世界的に最も頻度の高い性感染症の病原体として知られ、

日本でもその蔓延が社会的な問題となっています。

女性で注意しなければいけない点は、

子宮頸管炎や子宮付属器炎を起こし、

卵管の癒着や通過障害で卵管妊娠や不妊の原因となります。

放置すると、上行感染によって肝周囲炎を起こすこともあるとされます。

また子宮頸管炎の母体からの分娩時に母子感染した新生児に封入体結膜炎や肺炎が高率に発症するとされます。

男性で注意しなければならない点は、尿道炎、精巣上体炎などを引き起こす原因となることです。

また口腔性交(オーラルセックス)による咽頭感染の頻度も高く、

成人の咽頭炎症例が増加しています。

参照データ:国立感染症研究所

クラミジア感染症の最新動向

平成20年以降は総数の推移は、横ばい状態を示しています。

また季節の推移で増減することも特徴で5月以降に増加し10月以降に減少する傾向が見られるます。

つまり、夏季に感染の機会が増えることが推測されます。

男女ともピークは20~24歳で、次いで25~29歳です。

しかし女性ではHIV感染と同様、15~19歳の低年齢層の割合が約20%と特に高く、20~24歳の割合も30%以上と男性に比べて高いこと、また男性では女性に比べて40歳以上の比率が高いことなどが特徴であす。

検査法については、近年の核酸増幅検査法の開発普及によって、尿などの採取が容易な検体での病原体検査がある程度可能になりました。

性器クラミジア感染症の感染経路、症状、治療法の詳細はコチラ

このページの先頭へ