淋菌感染症年次推移(男女比・年齢比)統計データ

淋菌 感染症 年次推移

平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年
定点医療機関数971病院961病院965病院967病院971病院
男性患者数82037358845380767307
女性患者数20151927187421711941
総数10218928510327102479248
0~4歳10262
5~9歳21614
10~14歳12911124
15~19歳818709724834796
20~24歳22222025213920281946
25~29歳21441900224120941866
30~34歳17401500170916731461
35~39歳12791196137513921191
40~44歳878828882948863
45~49歳487528545598512
50~54歳282258339331289
55~59歳205178183165145
60歳以上148153171165169
総数10218928510327102479248
(参照:厚生労働省統計)

淋菌感染症は、淋菌の感染による性感染症であす。

淋菌は弱い菌で、患者の粘膜から離れると数時間で感染性を失い、

日光、乾燥や温度の変化、消毒剤で簡単に死滅します。

つまり、感染経路は性交や性交類似行為が中心となります。

淋菌感染症は、クラミジア感染症とともに多い性感染症の1つとされ

男性では主に尿道炎を起こすのに対し、

女性では子宮の入り口部分の炎症=子宮頚(けい)管炎=で

分泌物が増えるが無症状が多いとされます。

放置すると、男性では精巣上体などの炎症、

女性では骨盤内の腹膜炎など、重症化する恐れがあります。

データ参照元:国立感染症研究所

淋菌感染症 最新動向

年次による推移では、ほぼ横ばいが続いています。

男女比では、平均して患者数の男女比は4:1で圧倒的に男性が多い傾向になります。

年齢動向では男女ともに20歳~30歳が最も多いのが特徴です。

最近の疫学的研究によれば、淋菌感染によりHIV の感染が容易になると報告されており、その意味でも重要な疾患とされます。

淋菌感染症は、エイズに対する警戒が強まった1990年代前半に一時減少したましたが、その後再び増加傾向が続いています。

関心が薄れてコンドームの使用が減ったこと、風俗産業などを介し、口内に菌を持つ人が増えたこと、耐性菌の増加の3つが要因が考えられます。

治療には、以前はペニシリンが有効でしたが、耐性菌の出現で、ほぼ効かなくなってしまいました。

代わりに使われたニューキノロン系の治療薬にも、この10年で耐性菌が増え、全体の80%が耐性を持つとされます。

経口薬では唯一有効だったセフェム系も、この2-3年で50%が耐性になり有効な経口薬は極めて少なくなったとされます。

耐性菌は世界各地で出現しているが、経口薬のほとんどに耐性ができてしまったのは日本だけのようです。

コンドーム着用などの感染防御が重要で感染の疑いがあれば、パートナーとともに検査することが大切です。

淋菌感染症の感染経路、症状、治療法の詳細はコチラ

このページの先頭へ