「ダイエット」の記事一覧

ダイエットとは、肥満の防止・解消のために取り組む食事療法で、痩せるために行う運動もダイエットとされます。

生活習慣病の予防、特定の治療効率の増大、痩身、食事の総カロリー量を制限します。摂取カロリー<消費カロリーの状態を保つことにより、体重が減少させることが基本です。

酵素ダイエット

ダイエットする女性

実は肥満と酵素には深い関係があります。なぜなら多くの肥満の原因が酵素不足によって起きているからです。 酵素が不足すると消化と代謝がスムーズに行われなくなります。 そうすると栄養がきちんと吸収がされないばかりか、老廃物が溜・・・

基礎代謝エネルギー(筋肉トレーニングとエネルギー代謝)

ダンベル筋力トレーニングしながら振り返る女性

人間が消費するエネルギーには基礎代謝エネルギーと生活エネルギーの2種類があります。 基礎代謝エネルギーとは呼吸したり、内臓を動かしたりと人間の生体活動において消費されるエネルギーで24時間何もしなくても消費されるエネルギ・・・

生活活動エネルギー(有酸素運動と無酸素運動との違い)

有酸素運動 女性

人間が消費するエネルギーには基礎代謝エネルギーと生活エネルギーの2種類があります。 生活活動エネルギーとは起きてから寝るまで、食事、入浴、通勤などの動きを伴った生活をする時に消費されるエネルギーを指します。 運動は、生活・・・

基礎代謝を高める食事(体脂肪の燃焼メカニズム)インスリンダイエット

食べる女の子

基礎代謝を高める食事 体温を上げる料理を選び、暴飲暴食をしない時間をかけてゆっくり食べることが原則です。 偏った食事のダイエット、無理な食事制限はNGで体温を高める食材を選ぶと良いでしょう。 また、食べては行けない魔の時・・・

必要な脂肪と不必要な脂肪|コレステロールの善玉と悪玉

善玉と悪玉

飽食の時代と呼ばれる現在では、動物性脂肪を摂り過ぎて、血清総コレステロール値の高い人が増えていることが心配されています。 総コレステロール値とは、血液中のLDLコレステロール(低比重リポ蛋白)とHDLコレステロール(高比・・・

リバウンドの原因と対策

リバウンドした男性

リバウンドの原因は、身体が飢餓を感じると起こります。 人類は、歴史的に常に栄養不足の状態を強いられ人体の防衛機能として飢餓状態時に作用するようになっています。 具体的には過度な食事制限による栄養不足状態になると人体の防衛・・・

血液中の脂肪が多いと起こる動脈硬化や合併症(心臓病と糖尿病)

心臓が痛くてが苦しい男性

血液中の脂肪が多いと起こる動脈硬化や合併症 人間の血管は老いが出やすい器官の一つとされ、血管の老化は、動脈硬化につながり、動脈硬化は合併症を引き起こします。 動脈硬化自体は自覚症状がないため、若年期には症状としては現れず・・・

30歳を超えたら要注意!生活習慣病の種類

注意をする女性

運動不足は様々な成人病と呼ばれる生活習慣病の原因となります。 運動を継続している人は、高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満などが改善されています。 とある調査では1万6936人を16年間追跡調査をして、運動と死亡率の関係を調べ・・・

女性の理想的な体脂肪率|女性ホルモンは体脂肪|男性ホルモンは筋肉

男性と女性

女性ホルモンは体脂肪|男性ホルモンは筋肉 女性の方が男性よりも体脂肪がつきやすいのは、女性ホルモンに関係があります。 女性ホルモンには脂肪の合成を促す働きがあるからで、女性特有の出産にかかわる生活形態にも原因があります。・・・

低GI低カロリーのダイエットレシピ|低インシュリンダイエットとは?

IMG_5723

越石直子さん 料理研究家 プロフィール Foodist Factory51 inc.代表取締役。 猫をモチーフとしたキッチン用品ブランド『KITCHEN CAT』を展開。 料理研究家としても雑誌やイベント等で広く活躍。 ・・・

太らない身体を作る方法|脂肪を減らす運動と筋力をつける運動

女性の脂肪のついてお腹

肥満対策には有酸素運動、筋力アップには無酸素運動 脂肪を減らす運動と筋力をつけるための運動は違い脂肪を取る運動は有酸素運動が有効であるとされています。 有酸素運動は、その消費エネルギーとして筋肉中のグリコーゲンと体脂肪を・・・

インナーマッスルの鍛え方(アイソメトリック・トレーニング)

アイソメトリック 女性

インナーマッスルとは、身体の深部に位置する筋肉を指します。 この筋肉の働きは、関節を安定、固定させる筋肉であるとされています。 一般的な筋力トレーニングで鍛えることが出来るのはアウターマッスルです。 インナーマッスルを鍛・・・

体脂肪の燃焼には大量の酸素が必要(運動強度の設定)

燃焼

有酸素運動のメカニズム ダイエットには有酸素運動が不可欠ですが、効率良く体脂肪が燃えだすまでには多少の時間を要します。 なぜならば、エネルギー源として最初は血液中の糖分、筋肉や肝臓の中に蓄えられているグリコーゲンという糖・・・

お腹のダイエットに効果的|腹筋を鍛えて痩せやすく美しいボディラインに

腹筋を鍛える女性

腹筋は背中や足の筋肉同様に全身でも大きな面積を占める筋肉です。 それだけに、腹筋を鍛えるだけでも基礎代謝の大幅なアップが期待できます。 また、他の部分の筋肉とが異なり、シットアップ(腹筋運動と呼ばれる運動)など比較的に単・・・

間違ったダイエットはダイエット臭をまねく

臭くて鼻をつまんでいる女性

間違ったダイエットをするとダイエット臭という独特の臭気を発生させてしまいます。 無理なダイエットは、身体に大きな負担をかけるだけではなく嫌な体臭を生み出す原因になりかねません。 ダイエット臭が発生するメカニズムは、汗臭さ・・・

加齢で体力が低下する理由と低下を防ぐ方法

元気な高齢者カップル

体力の定義と衰えるメカニズム 体力とは何か? 体力は、行動体力と防衛体力に分けられます。 ・行動体力とは、走ったり、投げたり、跳んだりする運動の基礎になるのが行動体力です。 ・防衛体力とは、体温調節、病気に対する免疫力、・・・

運動を効果的に行う注意点

注意点を説明する女性

効果的なトレーニングの為の5原則 運動の強度は徐々にアップさせる 繰り返し、継続的に行う 心身の調和を保って行う 目的と意義をよく理解する 個人の体力に合わせて行う 徐々に強い運動にしていくことがコツ 運動の強度や時間な・・・

最大酸素摂取量とは|有酸素運動と目標心拍数

心拍数を測る女性

自分の最大心拍数はどの位か? ある運動が有酸素運動になるか無酸素運動になるかはその人が最大酸素摂取量が高い人には有酸素運動になるが低い人にとっては無酸素運動になります。 つまり、同じ運動でもそれが有酸素運動になるか無酸素・・・

体脂肪がつく仕組|炭水化物と油脂の貯蔵

貯蔵タンク

エネルギーの貯蔵 体の中で脂肪を貯蔵するのは、脂肪細胞と呼ばれる特殊な細胞です。 この細胞脂肪は、皮下や腸間膜(腹腔内に内臓脂肪がつく部位)、肝臓の周囲、胃に付着した大網膜、睾丸や子宮の性腺、これらの部位に筋肉間などに集・・・

何故筋肉痛が起きるのか?

筋肉痛に耐える女性

筋肉繊維が損傷して痛みが発生 長い間運動をしていなかった人が運動したり激しい運動をした時には誰でも何日か筋肉痛に悩まされます。 この時に起こる筋肉痛は、筋肉の疲労が原因ではなく、筋肉の微細損傷が原因だとされています。 運・・・

運動は朝か夜かではなく、食前か?食後か?が重要

朝と夜

朝も夜も変わらないが、食後の運動は控えたほうが良い 空腹で血糖値が低下している朝は運動を控えたほうが良いという意見がある一方寝る前に運動すると体温が上昇し不眠になるという意見もあります。 実際は、血糖値が下がっている朝で・・・

ダイエット時に学ぶべき6つの栄養素

勉強する若い女性

高タンパク、ビタミン、ミネラルを含む食事このバランスはダイエット時にも欠かせない栄養です。 運動をすると筋組織内では筋収縮のエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)を再合成しようと糖質と脂質が分解されエネルギーを作・・・

運動処方とは、運動の種目、強度、時間、頻度

処方する医師

お腹のダイエットのためには、どの位の強度の運動をどの程度の頻度で、どの位の時間をすれば良いのかこれらを決めることを運動処方と言います。 この運動処方の内容は、1:運動の種目 2:運動の強度 3:1回の運動時間 4:運動の・・・

運動とストレス解消の関係

 ストレス解消する女性

適度なスポーツはストレスを解消させ、体力を向上させます。 運動の負荷が高すぎると逆にストレスになることもあるので注意しましょう! 東京都監察医務院と日本心臓財団の調査資料によると1984年~1988年までの5年間で、全国・・・

有酸素運動は成人病予防に最適

肥満男性の診察をする女医

30代ではまだ病気らしい病気にみまわれたこともなく成人病など他人ごとのように考えている人が少なくありません。 しかし、35歳を過ぎると定期健診などで成人病の注意を受けたり肉体の変化に悩む人が増えてきます。 お腹の出っ張り・・・

運動不足と腰痛の関係

腰痛を訴えるビジネスマン

運動不足やデスクワークは腰痛の原因になりやすいとされ、運動をしないと腰から下の下肢の筋肉が弱り腰痛になるケースが一番多いようです。 運動不足のほかは、悪い姿勢、つまり腰に負担をかける姿勢も原因となります。 つまり、お腹が・・・

筋肉と骨格の働き|体幹ボディコアとは

ボディコア 女性

人間の骨は200、筋肉は400 骨格は運動する時に動かす組織なので運動器と呼ばれており、筋肉と合わせて骨・骨格系とも呼ばれています。 人体には、大小様々な形の骨が200個あまりもあって、軟骨、靭帯、結合組織とともに骨組を・・・

どの程度の負荷と頻度で筋肉がつくのか

筋力UPした女性

最大筋力の50%で運動すれば効果は上がる 筋力を鍛える時にもただ力を出し続ければ良いというわけではなく強度と頻度を考えることが効果的に筋力をつけるポイントになります。 最大筋力強化:負荷:80~100%:回数:3~5回を・・・

人類の歴史と肥満

人類の進化

人類は樹上生活、狩猟生活、農耕生活と移行する間に生活圏も広がり摂取する食料の種類も広がって行きました。 石器時代の人は現代人と比べタンパク質の摂取量が多かったとされています。 このような食生活から推測される、石器時代の人・・・

肥満のメカニズム(脂質、炭水化物、タンパク質との関係)

肥満男性

肥満とは、脂肪が体内に過剰に蓄積された状態を指します。 体内に蓄積された脂肪を体脂肪と言い、一番多く蓄積された場所は皮下脂肪や内臓脂肪にある脂肪細胞によって蓄積されています。 蓄積とは、摂取されたエネルギーが消費されるエ・・・

このページの先頭へ