必要な脂肪と不必要な脂肪|コレステロールの善玉と悪玉

善玉と悪玉

飽食の時代と呼ばれる現在では、動物性脂肪を摂り過ぎて、血清総コレステロール値の高い人が増えていることが心配されています。

総コレステロール値とは、血液中のLDLコレステロール(低比重リポ蛋白)とHDLコレステロール(高比重リポ蛋白)との合計を指します。

血中のコレステロールが増えすぎると高脂血症になり動脈硬化や心臓病の原因となります。

ただし、問題となるのは血中総コレステロールそのものよりもこのLDLとHDLの比率が問題となります。

HDLは、善玉コレステロールと呼ばれ、LDLは、悪玉コレステロールと呼ばれています。

悪玉コレステロールと善玉コレステロール

コレステロールは、血中脂肪のひとつで細胞膜の主成分で、人体にとって欠かせない重要な物質なのはご存知でしょう。

身体を構成している細胞膜を構成したり、各種ホルモンや胆汁酸などの合成素材となっているのです。

また、経口摂取以外に肝臓や腸でも合成されていますが、血中のコレステロールが多すぎると動脈硬化や心臓疾患の原因となる高脂血症を引き起こすリスクが高まります。

動脈硬化とは、血管の弾力が失われてもろくなり、血液の通り道が細くなってしまう状況を指します。

血管の病気である動脈硬化は、様々な合併症を引き起こす原因となります。

動脈硬化を進行させる要因は幾つか有り、中性脂肪過多、喫煙、肥満、糖尿病、性格、運動不足等が重なることで進行は速くなります。

この中で、一番大きな要因は血液中のコレステロール過多であるとされています。

しかし、コレステロールは全部が動脈硬化を引き起こす原因ではありません。

コレステロールには種類があり善玉と悪玉、つまり有益なものと有害なものがあります。

コレステロールは、脂肪の一種で、そのままでは血液に溶けませが、たんぱく質と結合することで、血液に溶け込みリポタンパクになり全身に運ばれていきます。

リポタンパクにも種類があり、動脈硬化と関係が深いのが中型で低比重のリポタンパク(LDL)と小型で高比重のリポタンパク(HDL)です。


LDL:悪玉コレステロール

LDLは、肝臓や腸で作られたコレステロールを血管を通り全身へ運びます。

余分なコレステロールを血管壁など末梢組織に置いてきしてまうデメリットがあります。

LDLは比重が軽いことから血管壁に付着しやすく、動脈硬化の原因となります。


HDL:善玉コレステロール

血管壁などにたまった余分なコレステロールを吸着して肝臓へ運ぶ役割をします。

以上のように、HDLとLDLは全く逆の働きをして肝臓から出ていくものと、肝臓にもどっていくものという働きをします。

また、この2つのリポタンパクは動脈に対しても全く逆の働きをします。

LDLのコレステロールが多いと血管壁にたまり動脈硬化を進めHDLが多ければ血管壁はきれいに掃除され動脈硬化を予防する働きがあります。

そのような働きの違いから、LDLは悪玉、HDLは善玉コレステロールと呼ばれるのです。

この二つのコレステロールのバランスが大事で、どちらかが多すぎたりしてバランスが崩れた時に動脈硬化の原因となるのです。

定期的な、有酸素運動でHDLを増やす事が出来ます。

血中コレステロール値は、1度や2度の食事や運動によって変動することは無く、1週間を超える食習慣や運動で高くなったり改善されることはあります。

食事からとるコレステロールは悪玉のLDLを増やし、定期的な運動は善玉のHDLコレステロールを増やすと言われています。

1日の食事から摂取してよいコレステロールの目安は300ミリグラム以内とされています。

また、脂肪には様々な種類があり、飽和脂肪酸を多く摂ると血中コレステロールが上がり不飽和脂肪酸</strong>を多く摂ると血管内のコレステロールを運び出してくれるとされています。

飽和脂肪酸とは、動物性脂肪由来つまり肉類の脂肪を指し血中のコレステロールがあがります。

不飽和脂肪酸は、植物性脂肪由来つまり植物や魚類由来の脂肪を指し血中コレステロールを下げます。

ただし、不飽和脂肪酸は酸化しやすく、酸化した不飽和脂肪酸は人体に有害です。

主な脂肪酸と含有食品

飽和脂肪酸:

ステアリン酸:
ラードヘット、やし油、動物性タンパク質、酪農製品
パルミチン酸:
ラード、ヘット、バター、やし油
カプリル酸:
バター、やし油
ラウリン酸:
バター、やし油

不飽和脂肪酸

オレイン酸:
オリーブ、オリーブ油、なたね油
リノール酸:
コーン油、大豆油、ひまわり油、マヨネーズ、マーガリン
アラキドン酸:
卵黄、レバー、肉の脂身
エイコサペンタエン酸:
サバ、イワシ、アジ等の青魚
ドコサヘキサエン酸:
魚類の油
αリノレン酸:
しそ油

その他にも、脂肪には種類があり

中性脂肪、遊離脂肪酸、上述したコレステロールなどです。

中性脂肪

血液中の中性脂肪の量は食品から摂取した脂肪の量やカロリー量に比例します。

血液中の中性脂肪はエネルギー源として重要ですが余った中性脂肪は、全身に分布している脂肪細胞に貯蔵されるので、肥満が誘発され、生活習慣病のリスクも高まります。

遊離脂肪酸

中性脂肪が、分解して血液中に放出されたものが遊離脂肪酸で、筋肉などの組織に運ばれて全身にエネルギーを供給します。

有酸素運動などを長時間行う事で、多く消費され余ると、中性脂肪に再合成されます。

脂肪を燃焼させる成分

このページの先頭へ