リバウンドの原因と対策

リバウンドした男性

リバウンドの原因は、身体が飢餓を感じると起こります。

人類は、歴史的に常に栄養不足の状態を強いられ人体の防衛機能として飢餓状態時に作用するようになっています。

具体的には過度な食事制限による栄養不足状態になると人体の防衛本能は飢餓状態でも生存できるように働き始めます。

身体は必死に摂取した栄養を無駄なく吸収・貯蔵しようと働き始めます。

つまり、通常以上に体内に脂肪として蓄えられるのです。

これが、ダイエット時のリバウンド現象の原因です。

典型的な、ケースとしましては過度な食事制限をし最初は体重が激減します。

しかし、食事制限に疲れ食事量を元の量に戻すと、急激に体重が増えてしまうケースです。

元の体重より増えてしまうケースも見られます。

リバウンド対策としましては、筋肉を落とさない事が必要です。

筋力は、細胞中のミトコンドリアで脂肪を燃やします。

運動をして、筋肉で脂肪酸を消費する身体を作ればリバウンド知らずのダイエットが出来るのです。

1か月2kg減でリバウンド知らず

運動-200kcal+食事-300kcal=-500kcal

30日続けると2kg減

脂肪は、糖質やたんぱく質に比べると2倍のエネルギーです。

日本肥満学会では、1か月2kgの減量を奨励しています。

1か月約2kgを減らす為なら1日あたり500kgカロリー弱を減らすと1か月2kg減量となる計算です。

食事だけではなく運動も合わせた方がより効果的なのでトライしてみましょう!

BMI値が30を越え体脂肪も30%といった肥満の人は急激な運動は避けウォーキング等の低負荷の運動から始める事をお勧め致します。

excercise about_to_nutr

このページの先頭へ