集中トレーニング・コース

集中筋力トレーニング
集中トレーニング一覧
ウエストや二の腕、大きなお尻をどうにかしたいなど体全体を美しく磨きたい人におススメ!
ハードだけれども効果は抜群な集中コース!

筋トレ・クランチ

クランチやり方

気になるお腹を引き締めるのに最適な運動です。

point00
ひざを曲げて仰向けに寝る。手を胸もとでクロスさせます。
首を丸めて肩を地面から少し浮かせ、1秒止めてからスタート。
point01
おへそを覗き込むように、みぞおちから上へゆっくり丸めこみ、最初の姿勢にゆっくり戻します。
point02
完全に起き上がると力が抜けてしまいまうので注意!
point03
肩と頭を床に着けて休まないようにしましょう。



トップへ戻る

筋トレ・ツイストクランチ

ツイストクランチやり方

ひねりを加えてくびれも同時に手に入れましょう。
point00
ひざを曲げて仰向けに寝る。手を胸もとでクロスさせ、
首を丸めて肩を地面から少し浮かせ、1秒止めてからスタートします。
point01
上体を左右どちらかにひねりながらゆっくり上げ、最初の姿勢にゆっくり戻します。
point02
肩と頭を床につけて休まないようにしましょう。
point03
完全に起き上がると力が抜けてしまうので注意!



トップへ戻る

筋トレ・サイドベント

サイドベントやり方

サイドベントは、全身を横向き(サイド)に曲げる(ベントする)事によって、外腹斜筋を鍛える筋力トレーニング種目です。
point00
右手にダンベルを持ち左手は頭の後ろに添えて、上体を右に傾け、一秒止めてからスタートします。
point01
ダンベルを持った腕には力をいれず、反対側の脇腹の力で体を動かし、状態をゆっくりと左に傾け最初の姿勢にゆっくり戻しましょう。
point02
左右交互ではなく個々に行います。
point03
肩が上がったり維持曲がったりすると、腕ばかり疲れてしいます。



トップへ戻る

筋トレ・フォワードランジ

フォワードランジやり方

きゅっとあがったカタチのいいヒップラインに
point00
脚を前後に開いてまっすぐに立ちます、ダンベルを持っても○。
ひざを曲げて腰を落としたところで、1秒止めてからスタートします。
point01
ひざが伸びきる手前までまっすぐ垂直に立ち上がり、
最初の姿勢にゆっくり戻します。
左右交互ではなく個々に行います。
point02
完全に立ち上がって休まないようにしましょう。
point03
カラダが前後すると片脚ずつの運動になってしまいます。



トップへ戻る

筋トレ・カーフレイズ

カーフレイズやり方

モデルのようなスラリ美脚を作るカーフレイズ
point00
両脚を肩幅ぐらいに開いたまっすぐ立ちます。
かかとを少しあげてつま先立ちになり、1秒とめてからスタートしましょう。
point01
かかとをゆっくり上げ、最初の姿勢にゆっくり戻します。
point02
ひざを曲げると、勢いがついてしまうので注意!
point03
かかとを完全に床につけてやすまないで。



トップへ戻る

筋トレ・ベントオーバーローイング

ベントオーバーローイングやり方

スッキリ引き締まった後ろ姿美人に
point00
ダンベルを少し引き上げた状態で、1秒止めてからスタートします。
point01
ひじを後方に引いてダンベルを引き上げ最初の姿勢にゆっくり戻します。
point02
腕を伸ばしきって休まないで!



トップへ戻る

subtitle07

spimg07

カッコいい腕に引き締める
point00
両脚を肩幅ぐらいに開いて、両手にダンベルを持って立ちます。
両ひじをカラダの横の少し前に出して固定し、
手首の内側を前に向け、1秒止めてからスタートします。
point01
ひじを支点にゆっくり巻き上げ、最初の姿勢にゆっくり戻します。
point02
腕を上げきって休まないで!< point03
腕を下ろしきって休まないで!



トップへ戻る

筋トレ・フレンチプレス

フレンチプレスやり方

二の腕のプルプルたるみを解消!
point00
片脚を肩幅に開いて立ち、片手にダンベルを持つ。
ひじを90度に曲げて額の後ろで固定し、1秒止めてからスタートしましょう。
point01
ひじを固定したままゆっくり腕を伸ばしてダンベルを持ち上げ、最初の姿勢にゆっくり戻します。
左右交互ではなく個々に行います。
point02
ひじを伸ばしきって休まないで!
point03
ひじが外に開いてしまうと二の腕の筋肉が働かなくなります。



トップへ戻る

筋トレ・キックバック

キックバックやり方

徹底的に引き締めたいならフレンチプレスとセットで
point00
両脚を肩幅に開いて立ち、片手にダンベルを持って前かがみになり、
ダンベルを腰の位置に上げて構えます。一方の手を膝に添え、1秒止めてからスタート。
point01
ひじを支点にダンベルをゆっくり後方へ持ち上げて、
最初の姿勢にゆっくり戻します。左右交互ではなく個々に行いましょう。
point02
カラダをねじってしまうと、二の腕筋肉が働かなくなります!
point03
ひじを下ろしてやすまないで!



トップへ戻る

筋トレ・サイドレイズ
サイドレイズやり方

肩から首にかけてをシャープな美しいラインに
point00
両脚を肩幅程度に開いて立って、ダンベルを両手に持ちます。
両腕をカラダの側面に垂らし、横に少し広げたところで1秒止めてからスタート!
point01
両腕をゆっくり肩の少し上まで引き上げて、最初の姿勢にゆっくり戻します。
point02
肩が上がると、首ばかり疲れてしまいます!
point03
両腕を下ろしきって休まないで!



トップへ戻る

このページの先頭へ