(部位別)病気の種類

カラダの病気の種類  記事一覧


腫瘍マーカーCA19-9

聴診器を持つ医者

腫瘍マーカーCA19-9とは CA19-9は、人間の胃、大腸膵管、胆管、胆嚢、唾液腺、気管支腺、前立腺、子宮内膜などの器官の細胞組織が癌化すると体内で大量に産生されます。 そのような特性を生かして、卵巣がん・消火器がん・・・・

»腫瘍マーカーCA19-9 の続きを読む

腫瘍マーカーAFP

モニターを見つめる医師

腫瘍マーカーAFP(α-フェトプロテイン)とは AFPは健康な成人では産生されず、胎児期の胎児で産生され血清中にみられるたん白の一種で、α-フェトプロテインとも呼ばれます。 このAFPは胎児の肝細胞や卵黄嚢で産生される胎・・・

»腫瘍マーカーAFP の続きを読む

腫瘍マーカーCEA

CEAを患者に説明する医者

腫瘍マーカーCEA(癌胎児性抗原)とは CEAは、腫瘍マーカーの中でも代表的なもので、胎児が成長する時期に産生されるたんぱく質の一種で、医学的には癌胎児性抗原と呼ばれています。 また、このタンパク質は人の大腸癌の中に認め・・・

»腫瘍マーカーCEA の続きを読む

ペプシンーゲン検査・胃がんの早期発見に有効

注射器

ペプシノーゲンとは ペプシノーゲンとは、胃粘膜から分泌されるペプシンの蛋白分解酵素の前駆物質のことで、血清中に含まれ、胃のどの辺りで分泌されるかにより、ペプシノーゲンⅠとⅡに分類されます。 ペプシノーゲンⅠは胃酸の分泌す・・・

»ペプシンーゲン検査・胃がんの早期発見に有効 の続きを読む

腫瘍マーカーp53抗体(早期発見に有効な腫瘍マーカー)

試験管とスポイドの研究開発

p53抗体とは がん細胞はひとたび発生すると猛烈は早さで増殖しますが、免疫ががん細胞の増殖を抑えています。 p53蛋白質は遺伝子の異常から生体を守る機能を担っており、遺伝子の修復や細胞周期の制御、などの機能を有する癌の抑・・・

»腫瘍マーカーp53抗体(早期発見に有効な腫瘍マーカー) の続きを読む

腫瘍マーカーCA125

相談する男女医師

腫瘍マーカーCA125とは CA125は糖蛋白くの一種で、正常な子宮内膜、卵巣のう胞、卵管など産生され、卵巣がんがあると大量に産生されるようなり血液中の数値も上昇するので、CA125は卵巣がん、子宮がんに特異な反応を示す・・・

»腫瘍マーカーCA125 の続きを読む

腫瘍マーカーPSA

PSAの研究をする若い女性

腫瘍マーカーPSA(前立腺特異抗原)とは PSAは、前立腺から分泌され精液中に含まれる生体物質で、前立腺特異抗原(ぜんりつせんとくいこうげん)とも呼ばれます。 タンパク質分解酵素の一種で、精液の粘度を調整して精子の運動を・・・

»腫瘍マーカーPSA の続きを読む

血液検査でわかる病気(検査項目と基準値一覧)

血液検査を受ける男性

血液検査とは 血液は、体内を流れる重要な体液で、全身の細胞に栄養分や酸素を運搬し、二酸化炭素や老廃物を運び出す役割を担っています。 血液には様々な情報が含まれているので、血液を検査することで健康状態を知る手掛かりとなりま・・・

»血液検査でわかる病気(検査項目と基準値一覧) の続きを読む

急性膵炎と慢性膵炎

膵炎を診察する医師

体の中の血液をろ過する器官である膵臓の炎症には急性膵炎と慢性膵炎があります。 急性膵炎 胆嚢炎(たんのうえん)によって、病原菌を含んだ胆汁が膵臓の膵管内に逆流し炎症を起こす病気です。 また、膵管の一部が狭くなって膵液がう・・・

»急性膵炎と慢性膵炎 の続きを読む

食道炎と食道がん原因と症状

CT検査結果

口から入った食物を胃に送る器官である食道の炎症についてと、食道に出来た癌について解説しています。 食道炎 食道炎には急性や慢性のものがありますが症例として多くみられるのは胃液や十二指腸液の逆流によって起こる逆流性のもので・・・

»食道炎と食道がん原因と症状 の続きを読む

胆石・胆嚢炎・胆嚢(たんのう)癌

ガンのお見舞い 老人

胆汁を産生して消化にかかわる器官である胆嚢にできる炎症や、胆嚢にできる結石について解説しています。 胆石 肝臓で作られた胆汁は胆道を通って十二指腸へと排出されますがこの胆道には胆管と胆嚢があります。 胆石はこれらの中でコ・・・

»胆石・胆嚢炎・胆嚢(たんのう)癌 の続きを読む

胃潰瘍の原因と症状

手術室

胃は、食べた物を溶かし消化しやすくする器官で、胃潰瘍とはその胃の組織がが融解したり、剝離したあとに臓器の表面にできた組織欠損部を指します。 胃潰瘍の主な原因 原因は諸説ありますが、一般的には、胃液中の酸とペプシンという消・・・

»胃潰瘍の原因と症状 の続きを読む

急性胃炎の原因と症状

聴診器とファイル

胃炎とは胃の粘膜がさまざまな原因で急激に荒れ、むくみやただれなどができる炎症性の病変です。 外因性急性胃炎と内因性急性胃炎と分けることができます。 急性胃炎の主な原因 暴飲暴食、病原菌の付着した食べ物や毒物、精神的・肉体・・・

»急性胃炎の原因と症状 の続きを読む

慢性胃炎の原因と症状

胃炎の薬

急性胃炎と違い、特有の症状が表れにくいのが特徴です。 慢性胃炎は、胃の粘膜がなんらからの原因で傷つき、炎症を起こしている状態が持続的に繰り返される病気です。 症状は、吐き気、嘔吐、腹部膨満感、みぞおちの痛み、胸焼けなどの・・・

»慢性胃炎の原因と症状 の続きを読む

胃下垂の原因と症状

医者のかわいいイラスト

人間の顔や体つきがそれぞれ違うように、胃の形や位置にもそれぞれ差があります。 胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態を指します。 胃を支える筋肉や脂肪の少ない痩せ型で長身の人がなりやすいとされ、腹が張った感じ、食・・・

»胃下垂の原因と症状 の続きを読む

胃酸過多症、無酸症の原因と症状

処方箋

胃酸過多は、胃酸が過剰に分泌される状態で、胃内の酸度が異常に高くなり、胸やけやげっぷ、呑酸、空腹時の胃の痛み、胃もたれなどの症状が現れます。 無酸症は、胃液の酸度の極度に低下または消失する症状を指します。 胃液の酸度が高・・・

»胃酸過多症、無酸症の原因と症状 の続きを読む

胃アトニーの原因と症状

巡回する医師

胃アトニーとは、胃の筋力の緊張が消失又は衰弱した状態を指します。 食事をすると胃がふくれて膨満感と圧重感を感じ、苦痛がほとんど無いのが特徴で、食欲不振の原因になります。 胃アトニーとは胃が伸びきった風船のように緊張が無く・・・

»胃アトニーの原因と症状 の続きを読む

脂肪肝の原因と症状

ヘルスメーター

脂肪肝とは、アルコールやブドウ糖・脂肪酸が肝臓の処理能力以上に肝臓に運び込まれ、中性脂肪という形で肝臓内にストックされた状態を指します。 脂肪顆粒で満たされた肝細胞が、全体の半数以上の場合が多いとされます。 正常な肝では・・・

»脂肪肝の原因と症状 の続きを読む

肝硬変の原因と症状

点滴

肝硬変とは、様々な原因によって生じた慢性肝炎の終末像でり、肝病変は一般に元にはもどらないとされます。 びまん性の肝細胞の壊死と炎症、再生が繰り返し起こり、その場所に高度の線維が増生した結果、肝臓が小さく、かつ硬くなる病気・・・

»肝硬変の原因と症状 の続きを読む

A型肝炎|急性肝炎の4割を占める

A型肝炎ウィルス

(提供元:国立感染症研究) A型肝炎ウイルスは、経口感染によって伝播し、集団発生します。 発展途上国ではA型肝炎は、まだ常在伝染病として認識されています。 症状は、発症初期の2~3日続く38℃以上の発熱が最も特徴的で、そ・・・

»A型肝炎|急性肝炎の4割を占める の続きを読む

B型肝炎|キャリアの10%が慢性肝炎3%が肝硬変と肝癌に

HBV(B型肝炎)

(提供元:国立感染症研究) B型肝炎ウイルスの中では感染力の強いウイルスで、血液や体液を介して感染します。 日常生活の場で感染する危険性は、きわめて低いものとされます。 慢性肝炎とは、通常6ヵ月以上肝炎が続いている状態を・・・

»B型肝炎|キャリアの10%が慢性肝炎3%が肝硬変と肝癌に の続きを読む

C型肝炎|キャリアの7割が慢性肝炎に移行する

HCV(C型肝炎)

(提供元:国立感染症研究) C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすC型肝炎ウイルスの感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。 放置しておくと、長い経過のうちに肝硬変や肝がんに進・・・

»C型肝炎|キャリアの7割が慢性肝炎に移行する の続きを読む

D型肝炎|B型に重感染すると7割がD型キャリアに

アルファベット D

B型肝炎ウィルスからHBs抗原の殻を借りて増殖し肝炎を重症化させるウィルスとされます。 D型肝炎ウイルスも血液を介して感染しますが、他のB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスとは違いD型単体のウイルスだけでは感染、増殖できな・・・

»D型肝炎|B型に重感染すると7割がD型キャリアに の続きを読む

E型肝炎|妊娠後期の女性が感染すると20%が劇症肝炎を発症

E型肝炎ウィルス

(提供元:国立感染症研究) E型肝炎は、E型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされる急性肝炎で、慢性化することは無いとされます。 主として経口感染しますが、稀に、感染初期にウイルス血症をおこしている患者の血液を介して感染・・・

»E型肝炎|妊娠後期の女性が感染すると20%が劇症肝炎を発症 の続きを読む

非A~非E型肝炎|その他のウィルスによる肝炎

錠剤

ウィルス性肝炎には、A~E型肝炎以外にもG型肝炎、TT型肝炎などが確認されています。 G型ウィルスやTT型ウィルスは、ウィルスに感染しながらも発症しないことが多いため現在では肝炎ウィルスには分類されていません。 G型肝炎・・・

»非A~非E型肝炎|その他のウィルスによる肝炎 の続きを読む

アルコール性肝障害の原因と症状

日本酒

大量のアルコールの常習的な摂取が原因で肝臓に障害が起きるものが、アルコール性肝障害です。 過度の飲酒により、肝障害が生じ、エタノール過剰摂取により肝臓における酸素消費量の増大が起こる病気とされます。 また、エタノールの代・・・

»アルコール性肝障害の原因と症状 の続きを読む

感染性肝障害・薬剤性肝障害

薬 カプセル

感染性肝障害 病原体の感染による肝障害には、マラリア、梅毒、結核、ワイル病、肝膿瘍、日本住血吸虫症、肝吸虫症、包虫症などがあります。 日本住血吸虫症は駆除対策により、国内での感染は見られなくなったとされます。 肝吸虫は、・・・

»感染性肝障害・薬剤性肝障害 の続きを読む

自己免疫性肝障害

聴診器のアップ画像

自己免疫性肝炎 自己抗体が原因で起こる肝炎で、慢性肝炎の2割を占めるとされます。 中年以降の女性に多いとされ、9割が女性で7割が40歳以降とされます。 女性の慢性肝炎でウィルス性肝炎の可能性が無い場合にはこの病気の可能性・・・

»自己免疫性肝障害 の続きを読む

痔の種類

痔の女性

日本人の5人に1人は痔を持っているとされています。 痔とは、痔核、裂肛、痔ろう、脱肛、肛門周囲炎など肛門の周辺に起きる病気の総称でこららのうち痔核、裂肛、痔ろうが約9割を占めています。 予防法は、便秘や下痢をしないことで・・・

»痔の種類 の続きを読む

虫垂炎|盲腸の病気

医療機器 エックス線

盲腸の先端にある5~7cm程度の細長い付属器官が虫垂で、ここで炎症が起きることを虫垂炎といいます。 上腹部および右下腹部の激痛、発熱があることもあり、痛みは急激に起こります。 草食動物は、この虫垂が発達していて、肉食動物・・・

»虫垂炎|盲腸の病気 の続きを読む

腸閉塞の原因と症状

笑顔の医師

腸の一部がねじれたりつまったりして、食べ物などの腸の内容物が先に進まなくなる病気です。 口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。 腸閉塞とは、腸管がふさがり、腸の内容・・・

»腸閉塞の原因と症状 の続きを読む

急性腸炎と慢性腸炎

体温を測る医師

吸収と排泄という大事な腸の働きが乱れてしまうことがあります。 それが腸炎といわれるもので、腸の粘膜に炎症が起きた状態をいい、症状としては、腹痛と下痢が挙げられます。 急性腸炎 消化の悪いものを大量に食べた時や腐ったものな・・・

»急性腸炎と慢性腸炎 の続きを読む

潰瘍性大腸炎の原因と症状

入院中の老人

慢性大腸炎と呼ばれる腸疾患の中で、代表的なもので元来は欧米で多く見られた病気のです。 潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患です。 潰瘍性大腸炎は、原因がはっきりと分からず、再発しやすいため、難病・・・

»潰瘍性大腸炎の原因と症状 の続きを読む

麻痺性腸狭窄|閉鎖性腸狭窄

触診する医師

腸管が狭くなり物を通しにくくなった状態で、大腸癌(がん)・腸結核・腸癒着などによって起こるとされ、進行して腸閉塞になるものも少なくないので注意が必要です。 機械的腸閉塞 土管にゴミがつまったように物理的な原因で腸の通り道・・・

»麻痺性腸狭窄|閉鎖性腸狭窄 の続きを読む

過敏性腸症候群の原因と症状

病院前で立つ医師

腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気です。 症状に結びつくような病変がみあたらないのに、下痢や便秘などの便通異常や腹痛がなどがあるものをこう呼・・・

»過敏性腸症候群の原因と症状 の続きを読む

十二指腸潰瘍の原因と症状

振り向く看護師

胃潰瘍と同様、十二指腸の粘膜面がえぐられて起こる病気で、本質的に胃潰瘍とは差はなく、両方合わせて消化性潰瘍とも呼ばれています。 十二指腸潰瘍はヘリコバクター・ピロリ菌が原因で起こることが多く、 胃液中の「塩酸」や「ペプシ・・・

»十二指腸潰瘍の原因と症状 の続きを読む

腸管寄生虫について

医療手袋と医師

糞便たい肥が野菜に使用されなくなったことや衛生状態が改善されたことで戦後回虫は激減しました。 しかし、近年サラダなどの生野菜を食べる機会が増えたことや無農薬野菜の普及とあいまって再び猛威をふるい始めたことが注目されていま・・・

»腸管寄生虫について の続きを読む

糖尿病の種類・原因・症状・治療

聴診器

血液中に含まれる糖質の値が標準よりも高く血糖値を下げるインスリンの分泌の減少や作用の不足で起こる病気が糖尿病です。 インスリンが欠乏している、インスリン依存型糖尿病とインスリンの効果が落ちている状態のインスリン非依存型糖・・・

»糖尿病の種類・原因・症状・治療 の続きを読む

低血糖症の原因と症状

散歩する医師と患者

低血糖症とは、機能性低血糖症のことで、食原性低血糖症、反応性低血糖症、無反応性低血糖症、その他混合があり、糖尿病、インスリノーマ、甲状腺・下垂体・副腎の機能不全で起こる低血糖(症)ではなく、血糖値の調節異常で起こる病気で・・・

»低血糖症の原因と症状 の続きを読む

肝臓病の原因と病気の種類

肝臓病の患者

肝臓病とは、肝臓の組織に炎症が起こり、赤く腫れて熱を持った状態のことをいいます。 食べ過ぎによる肥満やアルコールの飲みすぎが原因の脂肪肝は、生活習慣を改善することで治る肝臓病の中では比較的軽い病気です。 肝臓は約3000・・・

»肝臓病の原因と病気の種類 の続きを読む

ウィルス性肝障害の種類と症状と感染経路の違い

試験管

ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスに感染して、肝臓の細胞が壊れていく病気です。 慢性肝炎ウイルス感染者(B型肝炎、C型肝炎)は日本で300〜370万人いると推測されています。 また、肝炎ウイルスに感染している人は40歳以上・・・

»ウィルス性肝障害の種類と症状と感染経路の違い の続きを読む

肝機能検査でわかる胆道の病気と甲状腺の病気

調べる研究者

肝機能の検査として、一般には、GOT、GPT、γGTPの3つの数値が重要視されています。 GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)とGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)は、ともに肝細胞内に存在す・・・

»肝機能検査でわかる胆道の病気と甲状腺の病気 の続きを読む

肝臓病の検査|血液検査の項目|腫瘍マーカーと肝炎ウィルスマーカー

検査機器 CTスキャン

健康診断の血液検査には、GOT、GPT、γ-GTPなど肝臓の異常を調べる肝機能検査の項目が含まれています。 精密検査が必要との通知を受けてもなかなか病院の受診を受けないケースも多いようです。 肝臓病は自覚症状があらわれに・・・

»肝臓病の検査|血液検査の項目|腫瘍マーカーと肝炎ウィルスマーカー の続きを読む

尿検査・画像診断・肝生検

画像診断

尿検査 尿ビリルビン ビリルビンとは、赤血球中のヘモグロビンが肝臓や脾臓などで壊されたときにできる胆汁色素のことです。 ビリルビンは、肝臓から胆汁に排泄されて、尿に出てくることはありません。 しかし、肝障害や胆道の閉塞な・・・

»尿検査・画像診断・肝生検 の続きを読む

心臓の仕組みと働き

血流

臓は全身に血液を送り出すポンプの役目をしています。 心臓は右心房、左心房、右心室、左心室の4つの部屋にわかれており、左右の心房と心室の間には心房中隔、心室中隔という壁があり、心房と心室の間は弁で仕切られています。 心臓の・・・

»心臓の仕組みと働き の続きを読む

心臓のトラブルの原因

心臓を見る女医

心筋に新鮮な血液を供給する冠動脈は運動時と安静時の血流量が異なります。 運動などにより多量の血液が必要な時には血管壁の平滑筋がゆるみ血管が拡張して多量の血液が流れやすくなります。 また、血管は、加齢とともに老化します。 ・・・

»心臓のトラブルの原因 の続きを読む

胃がん|原因と治療法

胃がんの写真

胃がんの主な原因 胃がんは日本人にとくに多い悪性腫瘍で、全消化器がんの約半数を占めています。 欧米に比べるとかなり高い割合であるとされ、人種的なことや、食習慣などの差異が原因であるとされています。 日本では、50歳~60・・・

»胃がん|原因と治療法 の続きを読む

大腸がん(結腸がん・直腸がん)の原因と症状

大腸ガンのイラスト

大腸がんは大腸の大部分を占める結腸に出来る結腸がんと直腸にできる直腸がんとに分類が出来ます。 発生場所としては、15cm~20cmの直腸に出来る率が最も高く続いてS状結腸、上行結腸、横行結腸の順になります。 また、早期癌・・・

»大腸がん(結腸がん・直腸がん)の原因と症状 の続きを読む

肝臓がん(肝がん)の原因と症状

肝臓のキャラクターイラスト

肝臓がんは、日本では肺がん、胃がん、大腸がんに次いで多い病気で、最初から肝臓に発生する原発性肝臓がんと、他の臓器からの転移によって起こる転移性肝臓がんの2つに分けられます。 さらに原発性がんは、肝細胞から発生する肝細胞が・・・

»肝臓がん(肝がん)の原因と症状 の続きを読む

直腸がんの原因と症状

元気のない腸

腸ガンには、直腸ガン、S字状結腸ガン、結腸ガンなどがあり、このうち最も多いのが直腸がんであると言われています。 腸ガンの三分の二を占め、消化器がん全体のガン患者100人のうち5人くらいは直腸ガンと言われています。 原因に・・・

»直腸がんの原因と症状 の続きを読む

脳腫瘍の原因と症状

脳の写真

頭蓋内には脳と付属組織があり、腫瘍はあらゆる組織から発生します。 腫瘍の種類も多岐にわたり、悪性度も様々ですがこれら腫瘍を総称して脳腫瘍と言います。 脳腫瘍の種類 原発性脳腫瘍と転移性脳腫瘍 脳腫瘍は頭蓋内の組織から発生・・・

»脳腫瘍の原因と症状 の続きを読む

鼻副鼻腔のガンの原因と症状

鼻の写真

鼻のガンで最も多いのは上顎洞ガンと言われています。 初期には症状はありませんが、ガンの進行により特有の症状が出るとされています。 鼻副鼻腔とは、鼻の中央にあり空気の通り道の役割を果たしているのが鼻腔です。 副鼻腔は、その・・・

»鼻副鼻腔のガンの原因と症状 の続きを読む

口腔ガンの原因と症状

口

口腔がんの中では舌ガンの発生頻度が最も高いとされています。 患者は中高年に多いとされますが20代でも発生する可能性が高いとされます。 口腔がんは、喉頭ガンと並び頭頸部ガンの中では多い病気の一つとされます。 発生箇所は多岐・・・

»口腔ガンの原因と症状 の続きを読む

咽頭ガンの原因と症状

のど

発生する位置によって上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんに分かれ、性質も症状も変わる癌だとされています。 上咽頭がん 耳の障害や鼻づまりなどが主症状とされます。 上咽頭という場所は、鼻の奥にあたる場所で、上咽頭がんは、東南・・・

»咽頭ガンの原因と症状 の続きを読む

喉頭ガンの原因と症状

咽頭、のど

喉頭ガンは、頭頸部のガンの中で発生頻度の高い疾患とされま、早期に発見されれば予後は良好であるとされます。 男女比は10対1で男性に多いのが特徴とされます。 また、女性の喉頭ガンの内9割は喫煙者とされ年齢は50~70歳に多・・・

»喉頭ガンの原因と症状 の続きを読む

唾液腺ガンの原因と症状

口腔、唾液

良性の腫瘍が多く、ガンは比較的少ないとされます。 唾液腺には、耳下腺、顎下腺、舌下腺があり、腫瘍は、耳下腺、顎下腺の下に多くあるとされます。 一般的には、良性の腫瘍が多くガンは比較的に少ないとされます。 各年齢層にみられ・・・

»唾液腺ガンの原因と症状 の続きを読む

頸部腫瘍の原因と症状

頸部、首

原発性腫瘍と転移性腫瘍に分けられます。 頸部のこぶが主要な症状とされますがこぶだけではガンの鑑別診断が必要となります。 首に発生するガンは2種類があります。 1:リンパ節など、頸部の組織そのものから発生する原発性頸部腫瘍・・・

»頸部腫瘍の原因と症状 の続きを読む

目・耳のガンの原因と症状

目のイラスト

目のガン 目のガンは、小児がんと成人のがんに分かれます。 大人では、結膜ガン、類腺ガン、眼瞼ガン、虹彩、毛様体、脈絡膜に発生するぶどう膜悪性黒色腫などが多いとされます。 小児の場合は、眼底に発生する網膜芽腫、眼窩に発生す・・・

»目・耳のガンの原因と症状 の続きを読む

甲状腺がん|内分泌腺の癌の原因と症状

レントゲンで甲状腺を見る医者

甲状腺にできるガンには、気づかないまま一生過ごすおとなしい性質の癌から発見後すぐに治療をしても半年以内に命を落とす癌まであります。 甲状腺がんの種類と発生率 日本人の特徴として食生活で海藻をよく食べるので海藻に含まれるヨ・・・

»甲状腺がん|内分泌腺の癌の原因と症状 の続きを読む

肺がんの種類と原因と症状

健康な肺と肺がんイラスト

小細胞肺癌の原因と症状 小細胞肺がんとは、肺がんの中でも最も進行が遅く悪性度が高いガンとされています。 反面で、このガンには抗ガン剤や放射線療法が効くとされています。 他のがんの場合は進行が遅いが抗ガン剤や放射線療法が有・・・

»肺がんの種類と原因と症状 の続きを読む

縦隔腫瘍|呼吸器のガン

胸が痛くてが苦しい男性

縦隔とは、左右の肺と胸椎、胸骨に囲まれた部分を指します。 上部は頚部、下部は横隔膜までであり、縦隔には心臓をはじめとする重要な臓器が存在しています。 また、心臓につながる大動脈、大静脈、気管、食道などの重要な臓器も含まれ・・・

»縦隔腫瘍|呼吸器のガン の続きを読む

食道ガンの原因と症状

診察する医師

食道は、食べ物を口から胃へのぜん動運動によって運ぶ通り道で喉頭から胃の噴門につながる器官です。 首の部分では器官の裏側通り、胸では心臓の裏側を大動脈に沿って腹部へと下がります。 食堂の壁は粘膜、筋層、外膜で構成され粘膜の・・・

»食道ガンの原因と症状 の続きを読む

胆道ガンの原因と症状

お見舞いを受けるガン患者

胆道とは、肝臓でつくられた胆汁が十二指腸まで運ばれる通路を指します。 胆道は、胆汁を一時的に蓄える胆嚢と胆汁が流れる胆管に分かれます。 胆道にできるガンをまとめて胆道がんと言います。 発生する部位によって更に細かく別れ、・・・

»胆道ガンの原因と症状 の続きを読む

膵臓(すいぞう)ガンの原因と症状

膵臓

膵臓は胃の後ろに位置して長さ20cm程の臓器です。 この臓器は、アミラーゼ、トリプシン、リパーゼはどの消化酵素を分泌する外分泌腺とインスリン、グルカゴンなどの消化ホルモンを分泌する内分泌腺という二つの種類の細胞を持つ臓器・・・

»膵臓(すいぞう)ガンの原因と症状 の続きを読む

乳ガンの原因と症状

女性の胸 乳

乳がんは乳腺に発生するガンで非浸潤ガンと浸潤ガンに大別されます。 非浸潤ガンは、ガン細胞が上皮内にとどまっているガンで他に転移しませんが、浸潤ガンは一定の大きさを超えると上皮を破って血管やリンパ管に入り体のあちらこちらに・・・

»乳ガンの原因と症状 の続きを読む

膀胱がんの原因と症状

錠剤とビン

50歳以上の男性に多いガンとされ、20歳未満の発生は稀とされ、男性は女性の4倍程度の発生頻度とされます。 膀胱がんは、膀胱の内側の粘膜に発生する悪性の腫瘍で泌尿器では最も多くみられるガンとされます。 日本での発生率は、1・・・

»膀胱がんの原因と症状 の続きを読む

前立腺ガンの原因と症状

前立腺

前立腺は膀胱の出口、尿道の始まりの部分を取り囲んでいる臓器です。 前立腺の後ろは直腸と接しているので肛門から指を挿入すると簡単に触れることができます。 形は約3cm程度のくるみ大の大きさで重さは15g前後とされています。・・・

»前立腺ガンの原因と症状 の続きを読む

腎臓(じんぞう)ガンの原因と症状

腎臓

腎臓は、腹部の後方に左右1個づつあり、腎臓脈から腎臓へ大量な血液が流れています。 腎臓では血液によって運ばれてきた体内の老廃物がろ過され不必要なものを尿として排泄します。 腎臓に発生するガンは、発生する部位によって腎細胞・・・

»腎臓(じんぞう)ガンの原因と症状 の続きを読む

睾丸(精巣)腫瘍の原因と症状

睾丸

睾丸(せいそう)は、男性の陰囊内に左右1個ずつある生殖器です。 睾丸腫瘍は、男性の睾丸に発生する腫瘍で、良性の腫瘍は稀で9割は悪性腫瘍だとされます。 種類 睾丸腫瘍は顕微鏡で満た時の形で、セミノーマと非セミノーマに分類さ・・・

»睾丸(精巣)腫瘍の原因と症状 の続きを読む

子宮ガン(子宮頸がんと子宮体がん)の原因と症状

子宮

女性のがんの中では胃がん、乳がんについで罹患率の高いがんとされるのが子宮ガンです。 子宮は子宮上部の子宮体と、下部の細くなった子宮頸部に分かれます。 頸部に発症するがんを子宮頸がん、子宮体に発症するがんを子宮体がんと分類・・・

»子宮ガン(子宮頸がんと子宮体がん)の原因と症状 の続きを読む

卵巣ガンと卵管ガンの原因と症状

卵巣

卵巣ガンの原因と症状 卵巣ガンは卵巣に発生する悪性腫瘍で女性性器ガンの2割を占めます。 卵巣から発生する腫瘍の種類は、一番多く性質によって、良性腫瘍、境界悪性腫瘍、悪性腫瘍の3つに分類されます。 境界性悪性腫瘍とは、必ず・・・

»卵巣ガンと卵管ガンの原因と症状 の続きを読む

外陰ガン|膣ガンの原因と症状

抗がん剤

外陰ガン 外陰部に発生するガンで、女性器ガンの1~6%を占め60歳以上の人に多く見られるとされ、60歳代~70歳代の女性に多いのが特徴で40歳以下の発生率は低くなっています。 発生しやすい部位は、大陰唇、前後陰唇交連、陰・・・

»外陰ガン|膣ガンの原因と症状 の続きを読む

絨毛ガンの原因と症状|分娩を期に発生する悪性の癌

化学療法

子宮に発生するガンの中では最も悪性の癌とされ、原因は不明とされますが、大部分が妊娠と関係していると考えられています。 胎盤とは受精によって子宮内に形成され、この胎盤は絨毛という組織があつまりできています。 この絨毛のいち・・・

»絨毛ガンの原因と症状|分娩を期に発生する悪性の癌 の続きを読む

皮膚ガンの原因と症状

皮膚のアップ

皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織で構成され表皮の90%以上を角化細胞が占めます。 表皮は外側から角化層、透明層(手のひら、足の裏の皮膚にのみ見られる)顆粒層、有棘細胞層、基底細胞層に分けることができます。 基底層で新・・・

»皮膚ガンの原因と症状 の続きを読む

骨腫瘍の原因と症状

人間の骨

良性腫瘍と悪性腫瘍 骨に生じる腫瘍を骨腫瘍と言い、骨腫瘍の種類には、良性腫瘍、悪性腫瘍、骨腫瘍類似疾患、続発性骨腫瘍があります。 良性腫瘍は、発生した部位で大きくなりますが、他の臓器には転移しません。 悪性腫瘍は、発生し・・・

»骨腫瘍の原因と症状 の続きを読む

軟部腫瘍の原因と症状

子供と看護師

軟部腫瘍の種類には、皮下組織、筋肉、筋膜、腱、腱鞘、筋間部、神経などに生じる腫瘍で種類は10種類にも及ぶとされます。 良性腫瘍には、脂肪腫やガングリオンなどがあり悪性腫瘍は約50種類あり、中でも悪性なのが悪性線維組織球腫・・・

»軟部腫瘍の原因と症状 の続きを読む

急性白血病の原因と症状

白血病の子供と医師

血液中には、赤血球、白血球、血小板という3種類の血球があり、更に、白血球は顆粒球、リンパ球、単球に分類されます。 これらの血球は骨髄で作られ、骨髄の中は全ての血球に分化することができる幹細胞から赤血球の母細胞である前赤芽・・・

»急性白血病の原因と症状 の続きを読む

慢性白血病の原因と症状

医師による白血病の診察

急に発症する急性白血病に対して、白血球の増加がゆっくり進むのが慢性白血病です。 慢性白血病は、慢性骨髄性白血病と慢性リンパ性白血病に分類されます。 慢性骨髄性白血病 白血球の増加と脾臓の腫大があり異常な染色体を持った細胞・・・

»慢性白血病の原因と症状 の続きを読む

悪性リンパ腫の原因と症状

化学療法

悪性リンパ腫とは血液細胞のリンパ球ががん化して、腫瘤となったもので全身のリンパ組織に発生します。 リンパ球は外部からの異物を監視し排除するという免疫機能を担う白血球の一種です。 リンパ節は多数のリンパ球が集まったもので、・・・

»悪性リンパ腫の原因と症状 の続きを読む

ガンとは|癌の特徴

レントゲンで癌を見る医者

人体の一部の細胞が突然変異をおこし、無秩序に増殖を始め、カタマリになるものを腫瘍と言いますがこのうち周囲の臓器を圧迫して害を及ぼしたり、正常組織や隣接する臓器を浸潤したりする悪性の腫瘍をガンと言います。 ・初期症状がはっ・・・

»ガンとは|癌の特徴 の続きを読む

症状別がんの種類・部位の一覧

体の透視図

発熱 熱が続く 急性白血病 初期は、発熱などの風邪のような症状が続き、検診などでは貧血を指摘されることもあるとされています。 急性白血病の解説はコチラ 小児白血病 発熱の他、皮下出血、鼻血、血便などの症状があり、幼児では・・・

»症状別がんの種類・部位の一覧 の続きを読む

がん(癌・ガン)に多い症状

苦しむ男性

ガンの自覚症状 ガンは、発病初期は無症状に進行することが多いとされています。 何とはなしに体の異常や変調を自覚して受診しガンが発見されたというケースも多いようです。 また、特定の症状が現れても必ず癌であるというような特異・・・

»がん(癌・ガン)に多い症状 の続きを読む

ガン検査の種類

CTスキャン画像 ガン検査

形態検査と機能検査 ガンの検査には、自覚症状が無い段階で広く以上をチェックする検査と本人がなんらかの異常を感じたり健康診断で異常があった時に行う検査があります。 後者を精密検査と言い、精密検査には、形態検査と機能検査に分・・・

»ガン検査の種類 の続きを読む

ガン進行の種類

癌を患者に説明する医者

ガンは大きく分けて、早期がん、進行がん、末期がんの3つの段階に分けられます。 早期がんとして発見できるのは、一つのガン細胞が30回以上の分裂を繰り返したものですが、ごく初期のものは初期ガンと呼ばれます。 また、ガンの進行・・・

»ガン進行の種類 の続きを読む

ガン早期発見と死亡率の関係|検診の役割

MRIと検査室

ガンの早期発見で早期治療することが癌で死なないためには重要です。 症状がなくても検査で見つかることも多いのが特徴で、超音波検査やCT,MRIなどの画像診断の進歩により深部の癌の発見も可能となりました。 日本での癌による死・・・

»ガン早期発見と死亡率の関係|検診の役割 の続きを読む

ガンと遺伝子の関係から考える癌の原因とがん発生のメカニズム

遺伝子DNA

発ガン物質の危険度 ガンの発生原因の大部分は化学物質が原因によるとされています。 人のガンの原因別割合によると、タバコと食品だけで全体の約3分の2を占めるとされています。 ・食品に関係する発がん物質 食生活に関連のある発・・・

»ガンと遺伝子の関係から考える癌の原因とがん発生のメカニズム の続きを読む

ウィルスとガンの関係から考えるがん発生の原因とメカニズム

細胞

ガンの原因になるウィルス 自己複製遺伝子を持つウィルスは、生物と無生物の中間的な存在とされ大きさは1万分の1ミリ程度とされています。 一番大きなウィルスでも千倍にしてようやく見える程度の大きさです。 通常の生物と違い、ウ・・・

»ウィルスとガンの関係から考えるがん発生の原因とメカニズム の続きを読む

ガンの予防

医師と看護師

発ガン物質の発見まで ガンの原因は長い間不明とされてきましたが、その後、科学の進歩により様々な原因が発見されるようになりました。 ・ガン化の二段解説 発ガン物質にはガン化の引き金になる発ガンイニシエーターと発ガンプロモー・・・

»ガンの予防 の続きを読む

日本人のガンの特徴

解説する男性

日本人の死亡原因の第一位で4分の1を占めるるのはご存知でしょうか。 日本の癌による死亡者数は年々増加して、1981年には死亡原因の1位になり、それ依頼一位という順位は変わっていません。 また、1990年にはガン死亡者数は・・・

»日本人のガンの特徴 の続きを読む

このページの先頭へ