「カラダ(部位別)病気の種類」の記事一覧

体の部位によって、病気や症状の種類が変わります。部位別の症状や病気の種類を学び健康な生活を目指しましょう。

腫瘍マーカーCA19-9

聴診器を持つ医者

腫瘍マーカーCA19-9とは CA19-9は、人間の胃、大腸膵管、胆管、胆嚢、唾液腺、気管支腺、前立腺、子宮内膜などの器官の細胞組織が癌化すると体内で大量に産生されます。 そのような特性を生かして、卵巣がん・消火器がん・・・・

腫瘍マーカーAFP

モニターを見つめる医師

腫瘍マーカーAFP(α-フェトプロテイン)とは AFPは健康な成人では産生されず、胎児期の胎児で産生され血清中にみられるたん白の一種で、α-フェトプロテインとも呼ばれます。 このAFPは胎児の肝細胞や卵黄嚢で産生される胎・・・

腫瘍マーカーCEA

CEAを患者に説明する医者

腫瘍マーカーCEA(癌胎児性抗原)とは CEAは、腫瘍マーカーの中でも代表的なもので、胎児が成長する時期に産生されるたんぱく質の一種で、医学的には癌胎児性抗原と呼ばれています。 また、このタンパク質は人の大腸癌の中に認め・・・

ペプシンーゲン検査・胃がんの早期発見に有効

注射器

ペプシノーゲンとは ペプシノーゲンとは、胃粘膜から分泌されるペプシンの蛋白分解酵素の前駆物質のことで、血清中に含まれ、胃のどの辺りで分泌されるかにより、ペプシノーゲンⅠとⅡに分類されます。 ペプシノーゲンⅠは胃酸の分泌す・・・

腫瘍マーカーp53抗体(早期発見に有効な腫瘍マーカー)

試験管とスポイドの研究開発

p53抗体とは がん細胞はひとたび発生すると猛烈は早さで増殖しますが、免疫ががん細胞の増殖を抑えています。 p53蛋白質は遺伝子の異常から生体を守る機能を担っており、遺伝子の修復や細胞周期の制御、などの機能を有する癌の抑・・・

腫瘍マーカーCA125

相談する男女医師

腫瘍マーカーCA125とは CA125は糖蛋白くの一種で、正常な子宮内膜、卵巣のう胞、卵管など産生され、卵巣がんがあると大量に産生されるようなり血液中の数値も上昇するので、CA125は卵巣がん、子宮がんに特異な反応を示す・・・

腫瘍マーカーPSA

PSAの研究をする若い女性

腫瘍マーカーPSA(前立腺特異抗原)とは PSAは、前立腺から分泌され精液中に含まれる生体物質で、前立腺特異抗原(ぜんりつせんとくいこうげん)とも呼ばれます。 タンパク質分解酵素の一種で、精液の粘度を調整して精子の運動を・・・

血液検査でわかる病気(検査項目と基準値一覧)

血液検査を受ける男性

血液検査とは 血液は、体内を流れる重要な体液で、全身の細胞に栄養分や酸素を運搬し、二酸化炭素や老廃物を運び出す役割を担っています。 血液には様々な情報が含まれているので、血液を検査することで健康状態を知る手掛かりとなりま・・・

急性膵炎と慢性膵炎

膵炎を診察する医師

体の中の血液をろ過する器官である膵臓の炎症には急性膵炎と慢性膵炎があります。 急性膵炎 胆嚢炎(たんのうえん)によって、病原菌を含んだ胆汁が膵臓の膵管内に逆流し炎症を起こす病気です。 また、膵管の一部が狭くなって膵液がう・・・

食道炎と食道がん原因と症状

CT検査結果

口から入った食物を胃に送る器官である食道の炎症についてと、食道に出来た癌について解説しています。 食道炎 食道炎には急性や慢性のものがありますが症例として多くみられるのは胃液や十二指腸液の逆流によって起こる逆流性のもので・・・

胆石・胆嚢炎・胆嚢(たんのう)癌

ガンのお見舞い 老人

胆汁を産生して消化にかかわる器官である胆嚢にできる炎症や、胆嚢にできる結石について解説しています。 胆石 肝臓で作られた胆汁は胆道を通って十二指腸へと排出されますがこの胆道には胆管と胆嚢があります。 胆石はこれらの中でコ・・・

胃潰瘍の原因と症状

手術室

胃は、食べた物を溶かし消化しやすくする器官で、胃潰瘍とはその胃の組織がが融解したり、剝離したあとに臓器の表面にできた組織欠損部を指します。 胃潰瘍の主な原因 原因は諸説ありますが、一般的には、胃液中の酸とペプシンという消・・・

急性胃炎の原因と症状

聴診器とファイル

胃炎とは胃の粘膜がさまざまな原因で急激に荒れ、むくみやただれなどができる炎症性の病変です。 外因性急性胃炎と内因性急性胃炎と分けることができます。 急性胃炎の主な原因 暴飲暴食、病原菌の付着した食べ物や毒物、精神的・肉体・・・

慢性胃炎の原因と症状

胃炎の薬

急性胃炎と違い、特有の症状が表れにくいのが特徴です。 慢性胃炎は、胃の粘膜がなんらからの原因で傷つき、炎症を起こしている状態が持続的に繰り返される病気です。 症状は、吐き気、嘔吐、腹部膨満感、みぞおちの痛み、胸焼けなどの・・・

胃下垂の原因と症状

医者のかわいいイラスト

人間の顔や体つきがそれぞれ違うように、胃の形や位置にもそれぞれ差があります。 胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態を指します。 胃を支える筋肉や脂肪の少ない痩せ型で長身の人がなりやすいとされ、腹が張った感じ、食・・・

胃酸過多症、無酸症の原因と症状

処方箋

胃酸過多は、胃酸が過剰に分泌される状態で、胃内の酸度が異常に高くなり、胸やけやげっぷ、呑酸、空腹時の胃の痛み、胃もたれなどの症状が現れます。 無酸症は、胃液の酸度の極度に低下または消失する症状を指します。 胃液の酸度が高・・・

胃アトニーの原因と症状

巡回する医師

胃アトニーとは、胃の筋力の緊張が消失又は衰弱した状態を指します。 食事をすると胃がふくれて膨満感と圧重感を感じ、苦痛がほとんど無いのが特徴で、食欲不振の原因になります。 胃アトニーとは胃が伸びきった風船のように緊張が無く・・・

脂肪肝の原因と症状

ヘルスメーター

脂肪肝とは、アルコールやブドウ糖・脂肪酸が肝臓の処理能力以上に肝臓に運び込まれ、中性脂肪という形で肝臓内にストックされた状態を指します。 脂肪顆粒で満たされた肝細胞が、全体の半数以上の場合が多いとされます。 正常な肝では・・・

肝硬変の原因と症状

点滴

肝硬変とは、様々な原因によって生じた慢性肝炎の終末像でり、肝病変は一般に元にはもどらないとされます。 びまん性の肝細胞の壊死と炎症、再生が繰り返し起こり、その場所に高度の線維が増生した結果、肝臓が小さく、かつ硬くなる病気・・・

A型肝炎|急性肝炎の4割を占める

A型肝炎ウィルス

(提供元:国立感染症研究) A型肝炎ウイルスは、経口感染によって伝播し、集団発生します。 発展途上国ではA型肝炎は、まだ常在伝染病として認識されています。 症状は、発症初期の2~3日続く38℃以上の発熱が最も特徴的で、そ・・・

B型肝炎|キャリアの10%が慢性肝炎3%が肝硬変と肝癌に

HBV(B型肝炎)

(提供元:国立感染症研究) B型肝炎ウイルスの中では感染力の強いウイルスで、血液や体液を介して感染します。 日常生活の場で感染する危険性は、きわめて低いものとされます。 慢性肝炎とは、通常6ヵ月以上肝炎が続いている状態を・・・

C型肝炎|キャリアの7割が慢性肝炎に移行する

HCV(C型肝炎)

(提供元:国立感染症研究) C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすC型肝炎ウイルスの感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。 放置しておくと、長い経過のうちに肝硬変や肝がんに進・・・

D型肝炎|B型に重感染すると7割がD型キャリアに

アルファベット D

B型肝炎ウィルスからHBs抗原の殻を借りて増殖し肝炎を重症化させるウィルスとされます。 D型肝炎ウイルスも血液を介して感染しますが、他のB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスとは違いD型単体のウイルスだけでは感染、増殖できな・・・

E型肝炎|妊娠後期の女性が感染すると20%が劇症肝炎を発症

E型肝炎ウィルス

(提供元:国立感染症研究) E型肝炎は、E型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされる急性肝炎で、慢性化することは無いとされます。 主として経口感染しますが、稀に、感染初期にウイルス血症をおこしている患者の血液を介して感染・・・

非A~非E型肝炎|その他のウィルスによる肝炎

錠剤

ウィルス性肝炎には、A~E型肝炎以外にもG型肝炎、TT型肝炎などが確認されています。 G型ウィルスやTT型ウィルスは、ウィルスに感染しながらも発症しないことが多いため現在では肝炎ウィルスには分類されていません。 G型肝炎・・・

アルコール性肝障害の原因と症状

日本酒

大量のアルコールの常習的な摂取が原因で肝臓に障害が起きるものが、アルコール性肝障害です。 過度の飲酒により、肝障害が生じ、エタノール過剰摂取により肝臓における酸素消費量の増大が起こる病気とされます。 また、エタノールの代・・・

感染性肝障害・薬剤性肝障害

薬 カプセル

感染性肝障害 病原体の感染による肝障害には、マラリア、梅毒、結核、ワイル病、肝膿瘍、日本住血吸虫症、肝吸虫症、包虫症などがあります。 日本住血吸虫症は駆除対策により、国内での感染は見られなくなったとされます。 肝吸虫は、・・・

自己免疫性肝障害

聴診器のアップ画像

自己免疫性肝炎 自己抗体が原因で起こる肝炎で、慢性肝炎の2割を占めるとされます。 中年以降の女性に多いとされ、9割が女性で7割が40歳以降とされます。 女性の慢性肝炎でウィルス性肝炎の可能性が無い場合にはこの病気の可能性・・・

痔の種類

痔の女性

日本人の5人に1人は痔を持っているとされています。 痔とは、痔核、裂肛、痔ろう、脱肛、肛門周囲炎など肛門の周辺に起きる病気の総称でこららのうち痔核、裂肛、痔ろうが約9割を占めています。 予防法は、便秘や下痢をしないことで・・・

虫垂炎|盲腸の病気

医療機器 エックス線

盲腸の先端にある5~7cm程度の細長い付属器官が虫垂で、ここで炎症が起きることを虫垂炎といいます。 上腹部および右下腹部の激痛、発熱があることもあり、痛みは急激に起こります。 草食動物は、この虫垂が発達していて、肉食動物・・・

このページの先頭へ