「がんの基礎知識」の記事一覧

ガンとは|癌の特徴

レントゲンで癌を見る医者

人体の一部の細胞が突然変異をおこし、無秩序に増殖を始め、カタマリになるものを腫瘍と言いますがこのうち周囲の臓器を圧迫して害を及ぼしたり、正常組織や隣接する臓器を浸潤したりする悪性の腫瘍をガンと言います。 ・初期症状がはっ・・・

症状別がんの種類・部位の一覧

体の透視図

発熱 熱が続く 急性白血病 初期は、発熱などの風邪のような症状が続き、検診などでは貧血を指摘されることもあるとされています。 急性白血病の解説はコチラ 小児白血病 発熱の他、皮下出血、鼻血、血便などの症状があり、幼児では・・・

がん(癌・ガン)に多い症状

苦しむ男性

ガンの自覚症状 ガンは、発病初期は無症状に進行することが多いとされています。 何とはなしに体の異常や変調を自覚して受診しガンが発見されたというケースも多いようです。 また、特定の症状が現れても必ず癌であるというような特異・・・

ガン検査の種類

CTスキャン画像 ガン検査

形態検査と機能検査 ガンの検査には、自覚症状が無い段階で広く以上をチェックする検査と本人がなんらかの異常を感じたり健康診断で異常があった時に行う検査があります。 後者を精密検査と言い、精密検査には、形態検査と機能検査に分・・・

ガン進行の種類

癌を患者に説明する医者

ガンは大きく分けて、早期がん、進行がん、末期がんの3つの段階に分けられます。 早期がんとして発見できるのは、一つのガン細胞が30回以上の分裂を繰り返したものですが、ごく初期のものは初期ガンと呼ばれます。 また、ガンの進行・・・

ガン早期発見と死亡率の関係|検診の役割

MRIと検査室

ガンの早期発見で早期治療することが癌で死なないためには重要です。 症状がなくても検査で見つかることも多いのが特徴で、超音波検査やCT,MRIなどの画像診断の進歩により深部の癌の発見も可能となりました。 日本での癌による死・・・

ガンと遺伝子の関係から考える癌の原因とがん発生のメカニズム

遺伝子DNA

発ガン物質の危険度 ガンの発生原因の大部分は化学物質が原因によるとされています。 人のガンの原因別割合によると、タバコと食品だけで全体の約3分の2を占めるとされています。 ・食品に関係する発がん物質 食生活に関連のある発・・・

ウィルスとガンの関係から考えるがん発生の原因とメカニズム

細胞

ガンの原因になるウィルス 自己複製遺伝子を持つウィルスは、生物と無生物の中間的な存在とされ大きさは1万分の1ミリ程度とされています。 一番大きなウィルスでも千倍にしてようやく見える程度の大きさです。 通常の生物と違い、ウ・・・

ガンの予防

医師と看護師

発ガン物質の発見まで ガンの原因は長い間不明とされてきましたが、その後、科学の進歩により様々な原因が発見されるようになりました。 ・ガン化の二段解説 発ガン物質にはガン化の引き金になる発ガンイニシエーターと発ガンプロモー・・・

日本人のガンの特徴

解説する男性

日本人の死亡原因の第一位で4分の1を占めるるのはご存知でしょうか。 日本の癌による死亡者数は年々増加して、1981年には死亡原因の1位になり、それ依頼一位という順位は変わっていません。 また、1990年にはガン死亡者数は・・・

このページの先頭へ