骨腫瘍の原因と症状

人間の骨

良性腫瘍と悪性腫瘍

骨に生じる腫瘍を骨腫瘍と言い、骨腫瘍の種類には、良性腫瘍、悪性腫瘍、骨腫瘍類似疾患、続発性骨腫瘍があります。

良性腫瘍は、発生した部位で大きくなりますが、他の臓器には転移しません。

悪性腫瘍は、発生した場所で大きくなり他の臓器に転移する可能性があります。

骨腫瘍類似疾患は、腫瘍に類似した性質がありますが腫瘍かどうかの判別が難しく殆どが良性とされます。

他の部位から骨に転移する場合がありますが転移性骨腫瘍と呼ばれ続発性骨腫瘍に分類されます。

悪性骨腫瘍

悪性腫瘍には骨肉腫、軟骨肉腫、悪性線維組織球種、ユーイング肉腫などの種類がありいずれも他の臓器に転移する可能性があるとされています。

この悪性骨肉腫は、日本では10万人あたりに約1人がかかるとされます。

骨肉腫が悪性骨腫瘍の約半数を占めているとされます。

骨肉腫

骨組織が腫瘍細胞に変質する病気を指します。

悪性骨腫瘍の中で最も発生頻度が高く、約半数を占めるとされています。

10~20歳の間が最も多く発生する年代とされ青少年の悪性骨腫瘍とされ、男女比は2対1で男性に多いとされます。

最も多く発生する部位は大腿骨の下端で、脛骨の上端も多いとされどちらも膝関節付近の部位に発生します。

また、肩関節の上腕骨の上端にも多く発生するとされ膝関節の外側の腓骨上端にも多いとされます。

骨肉腫は長管骨と呼ばれる太くて長い骨の端に発生することが多く、小さい骨に発生することは稀であるとされます。

ただし、骨盤、脊椎に生じることもあるとされます。

ユーイング肉腫

骨を破壊しながら増殖していく腫瘍とされ、発生する年代は、若年層に多いとされます。

男女比は1.4対1で、男性に多いとされます。

大腿骨、上腕骨など長管骨に発生する特徴があり骨盤や脊椎にも多く発生するとされています。

軟骨肉腫

骨肉腫の次に多く発生するとされ、腫瘍細胞が変質して軟骨をつくる悪性腫瘍です。

幅広い年代で発生するとされ、ピークは40歳代とされます。

骨盤、大腿骨、上腕骨、脛骨などに発生し肩甲骨や肋骨にも生じます。

稀に良性腫瘍が悪性化することもあるとされます。

硬い腫瘤が急に大きくなり痛み出したら注意が必要です。

悪性線維性組織球腫

中年層に多く、50歳代が一番多いとされます。

生じやすい部位は、大腿骨、脛骨、骨盤、上腕骨とされます。

症状

腫瘍の種類によって症状に違いがありますが多くの場合初期症状は疼痛であるとされます。

骨肉腫

運動をすると膝に痛みを感じたり、肩が痛くなったりします。

運動を止めると痛みが無くなるので見過ごしがちですが進行すると痛みが強くなり安静にしていても痛みを感じるようになります。

進行すると腫れも生じ、更に進行すると関節の動きにも支障が出てきます。

皮膚はやや赤みを帯びて静脈が拡張したり健康な方に比べ熱を感じるようになります。

ユーイング肉腫

痛みと腫れの他に発熱があるとされます。

軟骨肉腫

痛みの他、大きな腫瘤ができることもあるとされます。

悪性線維性組織球腫

病的骨折を起こした時に発見されることが多いとされます。

骨が破壊されて弱くなっているので、普通ならば骨折しない衝撃でも骨折してしまう場合を病的骨折と言います。

病的骨折は悪性腫瘍に限らず良性腫瘍や腫瘍類似疾患、癌の骨転移でも生じるとされます。

受診する科

整形外科

検査

骨腫瘍の診断には様々な検査方法があります。

X線検査、CT検査、血管造影検査、MRI検査、骨シンチグラフィー血液生化学検査などがあります。

良性腫瘍と悪性腫瘍では、生命の危険度が違うため悪性腫瘍の診断には身長な検査が行われます。

最終的には、病理学検査で腫瘍の一部を採取し確定診断が行われます。

治療

癌骨転移では原発巣の種類による性質の差異が大きく薬剤有効性,放射線感受性,腫瘍進行速度などにより治療法が選択されます。

治療法の種類には、手術、化学療法、放射線療法、ホルモン療法があり病状により医師が選択をします。

脊椎転移患者は非常に複雑な要素を併せ持っており,また手術のみでは根治治療とならないため治療者の立場によって治療法の選択基準は非常に異なるとされます。

手術方法は患者の全身状態,予後,腫瘍の部位,数,病態を勘案して決定するとされます。

脊椎手術は後方進入法,前方進入法および前後両側進入法に大別されます。

一般に頸椎では前方進入法が,胸椎や腰椎では後方進入法が用いられることが多いとされます。

しかし胸椎は後彎しているため椎体転移で前方から脊髄圧迫を有する場合は転移椎体を切除しないと椎弓切除しても脊髄圧迫は解消されないため、後方進入の場合はCUSAにて脊髄周囲の腫瘍を吸引し脊髄圧迫を除去するとされます。

全身状態が良好であれば転移部位に応じて,転移が椎体の場合は前方進入法が,椎弓根より後方の場合は後方進入法が好ましいとされています。

四肢骨転移に対する手術方法は,骨転移部を辺縁ないし広範囲切除後,骨の辺縁では人工関節や人工骨頭置換,骨幹部ではスペーサーや骨セメント充填し内固定を追加,腫瘍を掻爬など姑息的に病巣内切除した後,

骨欠損部に骨セメントなどを充填し,プレートや髄内釘で内固定,腫瘍は切除せず髄内釘やプレー卜で内固定,皮膚を切開することなく創外固定で切迫骨折または病的骨折を固定,の4つに大別されています。

癌の四肢骨転移では,掻爬(病巣内切除)は,腎癌など易出血性腫瘍では切除に比し出血が多く,切除より手術侵襲が小さいとはいえず,局所制御の点でも著しく劣るとされます。

このページの先頭へ